STEPN

【STEPN】Part 3:ボトムアップでFitTechを再構築する

シリーズ「STEPN」の3回目、最終回です。ベアマーケットで未来を築く。

これまでのパートで、私たちが “一夜の成功 “を手に入れたと思われる基本的な方法を2つ紹介しました。私たちは、ただ座って何が起こるかを推測しようとするのではなく、一生懸命、長い時間働き、積極的に「未来を先取り」することによって、これを実現しました。

このシリーズの最初の部分は、パート1「私たちはいかにしてブルーオーシャン・マーケットを創り上げたか」です。このシリーズでは、私たちがどのように「移動と収入」市場を開拓し、まったく新しい領域にまったく新しい産業を創り出したかを紹介します。しかし、私たちは常に自分たちのチームと使命を信じていました。私たちは、Play-to-Earn市場(P2E)の繁栄を見て、P2Eの世界とフィットネスの世界の長所を融合させ、Move-and-Earn市場を作り上げることによって、その先を革新してきました。

第2回目は、「Web3: Rewriting the Playbook of Growth in Web3」と題し、プロダクトとコミュニティに注目することで、プロジェクトが有機的に開花し、驚くべき放物線上の成長を遂げたことをご紹介します。そして現在も、この2つの柱をさらに強化し続けています。この数週間、私たちはユーザーベースから多くのフィードバックを受け、そのフィードバックに応えるべく積極的な改革を実施しています。

さて、今回は第3部「ボトムアップでFitTechを再構築する」に深く潜入していきます。本日は、現代のデジタル時代におけるフィットネスの現状と、STEPNがどのように業界の常識を覆しているかを探っていきたいと思います。私たちは、インセンティブとゲーミフィケーションを導入し、私たちの心理をハックし、世界中の何百万人もの人々が健康的な習慣を維持するのを容易にするのを助けることによって、実質的に新しい道を切り開き、健康やウェルネスの世界を破壊しているのです。

フィットネスのあり方

今日のフィットネス事情はどうなっているのでしょうか。

数字を見れば、すべてがうまくいっていると言えるかもしれません。

例えば、フィットネス・フランチャイズは、素晴らしい業績を上げています。例えば、プラネットフィットネスは、会員数が大流行前の水準を更新し、新規店舗も37店舗以上に拡大しました。総売上は前年比約70%増、システム全体の売上は約2億ドル急増しています。一方、Xponential Fitnessは、前年比で約75%増収となり、全米に〜100のスタジオをオープンしました。

その他、アスレジャーなどのウェルネス・ブランドも好調で、ルルレモンは、前年同期の$1.23Bから$1.61Bへと約30%の増収となり、市場全体の下落や暴落にもかかわらず、同社の株価は着実に上昇していると報告しています。その結果、通期の業績予想を修正し、$7.49Bから$7.61Bに増額した。

確かに、この財務内容を見ると、フィットネス業界はかなり順調なように見えるかもしれない。しかし、もう一度見てみると、厄介なパラドックスが浮かび上がってきます。このような巨大ブランドが勝ち誇っているにもかかわらず、彼らがサービスを提供している消費者は繁栄していないように思われるのです。

フィットネス機器の発達にもかかわらず、世界の肥満は1975年以来3倍近くに増加しています。World Obesity Atlasは、2030年までに10億人の人々が肥満と共存することになると予測しています。

  • ジムの会員権やスタジオのレッスンパスをもってしても、私たちは慢性的に室内で運動不足になっています。CDCによると、米国各州の成人の17〜48%が十分に体を動かしていないそうです。その結果、米国では10人に1人が早死にし、年間1170億ドルの医療費がかかると言われています。
  • さらに、健康な人とそうでない人の格差が広がっています。これを「健康と富の格差」と呼ぶ人もいます。簡単に言えば、富裕層はより健康になり、貧困層はより病気になりつつあるということです。不公平は、収入から人種、性別まで、あらゆる要素で悪化しています。社会経済的地位は、長寿の主要な指標のひとつになりつつある。

新しいアプローチ

これらの問題は、COVID-19が世間を席巻する以前から存在していましたが、現在ではさらに悪化しているのです。フィットネスの未来は、1,000ドルのエクササイズバイクや、1%の人しか買えないウェルネス・リトリートだけではありえないのです。

より良いシステムが必要なのです。

問題は、運動が体に良いことは誰もが知っていますが…実際に一貫した運動習慣を維持するのは少し難しいということです。

定期的に体を動かすことが心臓の健康や免疫力の向上につながり、全体的な健康につながることは分かっていますが、残念ながら、屋外に出ることの精神的な障壁を克服するのは難しいかもしれません。しかし、残念ながら、屋外に出るという精神的な障壁を克服することは困難です。即効性の時代には、スクリーンに釘付けになり、ドーパミンを素早く得ることは非常に簡単です。

Enter STEPN

私たちは、生まれつきの運動愛好家ではないのですが、そのことは理解しています。私たちは、たまたまWeb3の熱心な開発者でもあり、これらのトレンドを観察しながら、この2つの巨大なマーケットを組み合わせたらどうなるのだろうかと考えました。フィットネス市場は、世界で最も急速に成長している市場のひとつで、4兆7000億ドルの価値があり、毎年2桁のペースで拡大しています。

私たちのアイデアを構築するために、私たちはフィットネスに2つの強力な力を加え、上で述べた問題を解決し、何百万人もの人々が体を動かし、健康を増進する動機付けを行うことにしました。

1⃣ ユーザーのインセンティブを高める

今となっては当たり前のことですが、私たちがこれを始める前は、これを成功させている企業はほとんどありませんでした。私たちは、ユーザーが健康的な選択をするための強いインセンティブを加えました。

外に出てウォーキングやジョギングをすることが体に良いことは分かっていても、それだけでは惰性に打ち勝つには十分ではないかもしれません。STEPNは、トークンを獲得できるという付加的な約束によって、体重計を傾けるような余分な後押しをし、人々がドアを開けるために必要な最後の一押しとなるのです。

2⃣ フィットネスのゲーミング化

運動がまた楽しくなるように、さまざまなレバーを追加しました。トレッドミルでのランニングが退屈だった経験は誰にでもあるはずです。あるいは、ジムで乾燥した一日を過ごしたこともあるでしょう。

ゲーム内の報酬、レベルアップ、カスタマイズされたスニーカー、毎日のエネルギー補給など、ゲーミフィケーションのレベルを上げることで、エクササイズを楽しく、やりがいのあるものにしています。フィットネスは、今や本質的にTikTok、Instagram、Facebookなどと競い合っているのです。フィットネスのゲーミフィケーションは、フィットネスに中毒性を持たせ、健康的な習慣が実際に定着するよう人々を「だます」ための強力で実証済みの方法なのです。

3⃣ 習慣の創造 – 心と身体の健康増進

人々が野外で、家族、配偶者、ペットと、あるいは一人で会うとき、彼らはメタバースの中だけでなく、現実でも一緒に走っているのです。このようなデジタル・キャンプファイヤーは、ポジティブな強化につながり、さらにポジティブなフィードバック・ループを設定することで、ユーザーをリピーターとして定着させ、習慣化させることができるのです。これについては、こちらで詳しく説明しています。私たちが世界中で行っている懇親会の数は、STEPNコミュニティの力と、有意義なつながりとエンパワーメントにおける彼らの幸福の証しです。私たちがユーザーから受け取る、私たちのアプリが彼らの身体的・精神的健康に及ぼすポジティブな影響を強調する声の数は、本当に愛すべきものです。私たちは、私たちのアプリが本当に現実の人々に影響を与え、バーチャルな領域を超越したという事実に誇りを持っています。

今後の展開

これを読んでいる方は、ベアマーケットが到来していることをよくご存じでしょう。物価は下がり、あらゆるところで人員整理が行われ、皮肉屋が幅を利かせています。

しかし、寒さが厳しくなっても、私たちはこれまで以上に身を引き締めて頑張っています。私たちにとって、タオルを投げるという選択肢はまったくない。実際、私たちはひたすら開発に没頭し、コミュニティと密接に協力し、すべてのユーザーにできる限りの価値を提供するために、2倍の努力を払っているのです。

未来がどうなるかは誰にもわかりませんが、最高のアイデアを持っているのは、作っている人たちなのです。STEPNでは、まさにそれを実践しています。

Part 3: Reimagining FitTech From the Bottom Up

関連記事

  1. GigaSpace GIGI — MOOAR Launchpad…
  2. 【STEPN】Unlocking new DOOAR(s)
  3. STEPN ウィークリーAMA 【2022年3月5日】
  4. MOOARのローンチとNFTマーケットプレイスの歩み
  5. STEPN イベント情報
  6. STEPN ウォークリーAMA [2022/03/12]
  7. 【STEPN】Part 3: NFTs —A Non-Fungi…
  8. Floyx roadmap 2022

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2022年 7月 03日
    トラックバック:STEPN:Are you ready? | STEPN life
コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

【MatometaX LINE公式アカウント】を開設しました✅

友だち追加

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。