SundaeSwap

いくつかのフレーバーを試してみよう SundaeSwapテストネット発表

Let’s Sample Some Flavors: SundaeSwap Testnet Announcement!

12月5日(日)夜(米国東部時間)にテストネットを開始することが決定しましたのでお知らせします。

この記事の残りの部分では、何を期待し、どのように参加するかを探ります。

テストネットにはいくつかの目的があります。
まず第一に、何ヶ月もかけて開発された開発者や監査役ではなく、新鮮な目を持った何千人ものユーザーに使われることで発生するバグを特定することです。
そのため、私たちはバグを期待していますし、バグの報告をお待ちしています。フィードバックやバグレポートは、こちらのフォームからお寄せください。

2つ目は、コミュニティが最近ネットワークを運営するために選んだスクーパーたちに、リスクの少ない環境で穏やかなオンランプとトレーニングを提供する機会を提供することです。
最初は当社のノードでネットワークを稼働させ、徐々にスクーパーをオンラインにして、当社が構築したソフトウェアのトレーニングを行い、プロトコルを完全にスクーパーが運営するように移行していきます。
(スクーパーとは、DEXで取引のバッチ処理を行うステークプールのオペレーターのことです。詳しくはこちらをご覧ください)

第三に、テストネットは予期せぬボトルネックや非効率性の発見に役立ちます。
ローンチが間近に迫った今、私たちは自分たちだけでなく、私たちが存在するエコシステムを考慮するよう注意しなければなりません。ここであなたの力が必要になります。

カルダノは、DeFiのライフサイクルの初期段階にあるため、ブロックサイズ、CPU制限、メモリ制限などのネットワークパラメータを保守的に設定しています。
IOGのチームが最近発表したように、彼らは時間をかけてゆっくりと慎重にこれらの制限を引き上げるつもりです。そのためには、まずテストネット環境で長時間の高トラフィックを観測し、ネットワークの基本的なパフォーマンス指標を監視する必要があります。

そのために、私たちは彼らと広範な議論を行い、この負荷を生成して分析するための共同作業に合意しました。私たちのテストネットは、新しいパラメータに負荷をかける絶好の機会であり、彼らはパフォーマンスを評価し、これらの制限をさらに引き上げることができます。

ここでは、SundaeSwapコミュニティの皆さんがどのように支援し、参加できるかをご紹介します。

  • テストネットが稼動したら、私たちの蛇口を使ってプレー・トークンのセットを手に入れてください。
  • テストネットにはバグがつきものですからね。
  • 「Yoroi」や「Nami」を使って、これらのプレイトークンを入れ替えます。
    好きなフレーバーを決めて、できるだけ多く手に入れるようにしたり、分散してポートフォリオのバランスをとるようにします。
  • このフォームでは、お客様のご意見やご要望をお聞かせください。

最後に、もしあなたが他のプロジェクトの開発者であれば、あなたのプロジェクトのテストトークン用のプールを作成して、その経験を使って遊んでみませんか?

私たちは、この体験を皆さんやスクーパの皆さんと共有することを長い間待っていました。
このマイルストーンを通過して、コミュニティがこの機会に何をするかを見るのが楽しみです。
テストネットが終了したら、学んだことをまとめて、ローンチに向けた詳細なロードマップを提供します。


関連記事

  1. SundaeSwap Presents: The Taste T…
  2. AADAトークン、SundaeSwapで正式リリースへ
  3. CardanoPad IDO ホワイトリスト登録とエアドロップキ…
  4. SundaeSwap ISO 参加方法
  5. SundaeSwap: 期待、混雑、そしてメインネットの立ち上げ…
  6. SundaeSwap ISO報酬の請求方法
  7. WEN SUNDAE? Thursday!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

当BLOGの更新情報・IDO/IGO/IEO/エアドロップなどの最新情報をTelegramでお届けしています。
チャンスを逃さない為にも、是非【MatometaX テレグラム】にご参加ください。

【MatometaX LINE公式アカウント】を開設しました✅

友だち追加

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。