Cardano [ADA]

SundaeSwap: 期待、混雑、そしてメインネットの立ち上げ。

メインネットの立ち上げの準備に追われ、かなり静かな日々を過ごしています。その間に、まずお話ししておきたいことがあります。

SundaeSwapのメインネット立ち上げが近づくにつれ、SundaeSwap Labsのチームは、ブロックチェーンとDEXが初日と立ち上げ後の数週間に示すであろう予想される運用上の制約と限界について、我々のコミュニティを教育することが重要であると考えています。

カルダノ・ブロックチェーンは、グローバルなリーチと浸透を目指し、世界中の取引に関するコンセンサスを数秒で達成し、あらゆる経済的背景を持つ人々を巻き込むように設計されています。その責任の重さから、カルダノは常に “2度測って1度切る “という方法で運営してきました。このマントラにより、ブロックチェーンの初期パラメータは現在、保守的に設定されています。実際のトラフィックの例を見ながら、IOGは時間をかけて慎重にこれらのパラメータを増加させていきますが、最新のものは先月見た12.5%のパラメータ増加です。

テストネットイベントの間、チームはユーザーアクションの処理に大きなバックログがあることに気づきました。これは、Scooper注文バッチプログラムの継続的な改善によるものですが、それ以上にカルダノ・ブロックチェーンの現在の最大スループット・パラメータによるものでした。これはユーザーエクスペリエンスにマイナスの影響を与えそうですが、混雑は、徐々に背圧をかけることでカルダノネットワークが意図したとおりに動作していることの表れです。これにより自然なキューが形成され、カルダノネットワークはクラッシュしたり台帳のセキュリティを低下させたりすることなく、この負荷を吸収できるようになったのです。

プロトコルのパラメータに関するIOGとの継続的な議論の一環として、我々は12月18日にメインネットの負荷テストを実施しました。この負荷テストによる最初のスクープ取引は、こちらでご覧いただけます:
https://cardanoscan.io/transaction/810290ec6caac8ce5812e690c035d6fbe7c04e5688c89d22878071e2b42badeb

私たちが知る限り、これらはCardanoメインネット上で最初のスマートコントラクトに裏付けられた自動マーケットメーカー(AMM)トランザクションです。この40分間の負荷テストの間に、1人のSundaeSwap Scooperが139のスクープ(多くのユーザーの操作を集約したトランザクション)を実行しました。これは、テストネットで確認された1分間に約7回のスクープ数よりも低い数値である。さらに、メインネットではテストネットに比べてプロトコルパラメータが低いため、これらのスクープは平均してそれぞれ3つのユーザー操作を集約していました。これは、テストネットでSundaeSwapが動作している間に観測された5~8回の操作よりも低いものです。

SundaeSwap DEXはメインネットローンチを間近に控えており、最初の1週間の負荷を予測することは困難です。いくつか注意しなければならないことがある。

  • testnetと比較して参入障壁が非常に低く、蛇口とのやり取りやウォレットをtestnetに切り替えるなどの必要がない。
  • DEXに参加し、実際の資金でその有用性を活用するインセンティブが大きい。
  • ユーザーは取引活動によって現実の資金の損失にさらされるため、参加するリスクは大きい
  • SundaeSwap DEXは、他の起動プロトコルとネットワークの帯域を共有する必要があり、それ自体がネットワーク需要を増加させます。

これらの要因を考慮しても、コミュニティからの圧倒的な需要と興奮により、私たちの最も楽観的な予測の下でも、メインネットでも大量のバックログが発生することが予想されます。スワップ、流動性の提供、流動性の引き出しを含む)注文の処理には数日かかるかもしれませんが、皆さんの注文は公平に、受け取った順番に処理され、実行されることをお伝えしたいと思います。また、Scoopersによって処理される前であれば、いつでも注文をキャンセルすることが可能です。
プロトコルの最初の数日間はこのようなバックログが発生することが予想されますが、いったん落ち着いてしまえば、通常の日々の負荷に対応できるものと確信しています。私たちのコミュニティの大きさと、立ち上げ時の興奮を考えると、この最初の盛り上がりは必然的なものです。テストネットで見たように、いったんScoopersが大きなサージとバックログを処理すれば、共通プールの注文は数ブロック以内に実行されるはずです。
プロトコルの最初の数日間は大きなバックログが予想されるため、現在のバックログ、現在のスループット、そしてあなたの注文がキューの中でどの位置にあるかをユーザーに知らせる機能を構築していく予定です。
このように、需要の急増によってネットワークが混雑し、注文処理に時間がかかることは予想されますが、この状況がいつまでも続くわけではなく、いずれはネットワークが追いついてくるはずです。これは、IOGが2022年を通してカルダノのネットワーク容量を拡大するために計画された一連の改善と強化を実施することで、さらに改善されるでしょう。これには、ブロックサイズとPlutusスクリプトのメモリユニットの増加が含まれます。その他の最適化および改善は、スループットを向上させ、長期的にさらなるパラメータ増加を可能にするもので、現在進行中です。これらには以下のものが含まれます。

  • IOGが1月上旬にメインネットでリリース予定のカルダノ・ノードの新バージョンでは、ステーキング報酬の計算がエポック全体に広がり、ヘッドルームとネットワーク全体のパフォーマンスが大幅に改善されます。
  • パイプライン化」と呼ばれる新たなネットワーク改良により、ブロックの伝搬時間が大幅に改善されます。
  • ノードの改良により、プロトコルの状態の一部をディスクに保存できるようになったため、ノードはメモリに保持する量を減らすことができ、メモリ制限を増やすことが可能になります
  • CIP-0031、CIP-0032、CIP-0033を含むいくつかのカルダノ改良案は、トランザクションのサイズを大幅に縮小する。
  • SundaeSwap DEXの追加改良は、分散型ガバナンスへのコミットメントの一環として、コミュニティに提示され、投票される予定です。
  • Hydraなどのレイヤー2ソリューションにより、プロトコルの取引量の大部分をより速く、より安く実行することが可能になる

私たちのコミュニティの皆様、興奮と忍耐、そしてサポートに感謝します。近々、とてもエキサイティングなニュースをお届けする予定です。
~SundaeSwap Labsチーム

https://sundaeswap-finance.medium.com/expectations-congestion-mainnet-launch-e9da5abfd819

関連記事

  1. Zephyr:暗号の価格予測で次世代空間へ
  2. BlueZilla IDO ホワイトリスト登録 一覧
  3. BYBIT 登録・本人確認(KYC)の方法
  4. CardanoPad IDO ホワイトリスト登録とエアドロップキ…
  5. メタバースにおける4つのブロックチェーンとCryptoプロジェク…
  6. メタマスクにVelasネットワークを追加する方法
  7. YOROI ウォレット作成方法
  8. 最近、話題の仮想通貨マイニングアプリ一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

⚡️STEPN LINE公式アカウント

友だち追加

Shortcodes Ultimate

PAGE TOP