BINANCE

メタバースにおける4つのブロックチェーンとCryptoプロジェクト

4 Blockchain and Crypto Projects in the Metaverse – BINANCE ACADEMY

免責事項:
この記事は教育目的のみです。バイナンスはこれらのプロジェクトといかなる関係もなく、これらのプロジェクトに対する保証もありません。Binanceを通じて提供される情報は、投資や取引に関する助言や推奨を行うものではありません。バイナンスはお客様のいかなる投資判断にも責任を負いません。金融リスクを取る前に専門家のアドバイスを受けてください。

TL;DR “Too Long, Didn’t Read” 

メタバースは急速に成長しています。私たちのデジタルライフのより多くの側面をひとつにするために、プロジェクトが次々と開発され、つながっています。ブロックチェーンは、この発展においてすでに重要な役割を果たしています。

Binance Smart Chainには、数多くのメタバースプロジェクトが存在します。
「Cyber Dragon」や「Alien worlds」などのRPGゲーム、メタバース世界の「SecondLive」、さらには「decentral.games」というプレイヤーが運営するカジノも含まれています。
また、TopGoalのようなコレクターズカードゲームもメタバースに存在しています。

イーサリアムのブロックチェーン上では、DecentralandとSandboxが同様のメタバース体験を提供しており、ユーザーはデジタルアイデンティティを作成し、土地を購入し、NFTマーケットプレイスでNFTを取引することができます。
仕事、生活、遊びを組み合わせたこのゲームでは、プレイヤーはPlay toearnなDeFi経済に参加することもできます。ゲームに参加し、プレイすることで、ユーザーは収入を得ることができます。Bloktopiaは、21階建てのデジタル高層ビルで同様の体験を提供しています。
ユーザーは、各フロアの不動産スペースを取引したり貸したりして、収入を得ることができます。

Enjinプロジェクトでは、3Dバーチャルリアリティの世界を体験することはできませんが、ゲーム内でNFTアセットを作成するためのツールを提供しています。
NFTは、デジタルな収集性を生み出すことができるため、メタバースのもう一つの重要な要素となっています。Enjinでは、ユーザーがリキッドNFTを作成し、それをいつでもENJトークンに分解することができます。

Introduction

2021年は、ブロックチェーンと暗号にとって大規模な年となりました。ミームコインからブルラン、NFTまで、この業界は常に見出しを飾ってきました。この年の後半には、メタバースという新たなトレンドが生まれました。
現実世界の社会生活、仕事、そして没入型テクノロジーを融合させることを目的としたメタバースは、人々の想像力をかきたてました。メタバースはまだ始まったばかりですが、暗号はすでに中心的な役割を果たしています。
ここでは、この新しいデジタルの未来を実現するためのブロックチェーンプロジェクトのいくつかを紹介します。

メタヴァースにとって、なぜ暗号やブロックチェーンが重要なのか?

暗号とブロックチェーンがメタバースにとってどれほど重要かを理解するために、メタバースとは何かを簡単に振り返ってみましょう。メタバースとは、3Dアバターを使って探索可能な、つながったオンラインの世界のことです。
ユーザーは、仕事をしたり、交流したり、創造したり、学習したりすることができ、1つの場所ですべてを行うことができます。これは、インターネット体験の次の進化と考えてください。

ウェブにはPayPalやカード決済がありますが、メタバースにはデジタル経済を実現するための暗号があります。
ブロックチェーンは、デジタル所有権証明、デジタル収集性、価値の移転、ガバナンス、アクセシビリティ、相互運用性というメタバースの6つの主要分野で有用な技術であることが証明されています。
ブロックチェーン技術は、透明性とコスト効率に優れたソリューションを提供し、メタバースに理想的な形で適合します。
これらの6つの分野については、「メタバースとは何か」のページで詳しく説明しています。
では、異なるブロックチェーンのメタバースプロジェクトにどのように適用されているかを見てみましょう。


Binance Smart Chainでのメタバースプロジェクト

メタバースに関しては、Binance Smart Chainで膨大な量の開発が行われています。
プロジェクトには、Top Goalのような現実のプレイヤーが参加するコレクターズカードゲームから、Cyber DragonやAlien WorldsのようなRPGスタイルのユニバースまであります。
プレイヤーが運営するカジノ「decentral.games」や、イベントを開催する古典的なメタバースのVRプロジェクト「SecondLive」もあります。BSCが提供しているものについては、「5 BSC Metaverse Projects You Should Know」をお読みください。

サンドボックス(SAND)とは?

The Sandboxは、ユーザーがNFT(non-fungible token)やユーザーが作成した環境、その他のコンテンツを含む仮想世界を探索するブロックチェーンゲームです。
2011年にモバイルゲームとして誕生したThe Sandboxは、イーサ(ETH)を使用したイーサリアム上の複雑なゲームに発展し、ゲーム内経済を動かすためにSANDというトークンを使用しています。

プレイヤーは、メタバースの重要なコンセプトである、自分のアバターとデジタルアイデンティティを作成します。アバターは、プレイヤーのNFT、SANDトークン、およびその他のブロックチェーン資産を管理するための暗号ウォレットと関連付けることができます。
プレイヤーは、VoxEditやGame Makerツールを使って、ゲームやバーチャルアイテムを作成することもできます。これらの強力なプログラムは、複雑でプロフェッショナルなビデオゲームのアセットを作成することができ、それをNFTに変えることができます。
ユーザーはこれらのアイテムを取引することができるため、「The Sandbox」をプレイすることで副収入を得ることができるPlay-to-Earnモデルが開発されました。

Decentralandとは?

Decentralandは、プレイヤーが自分の土地を開発し、イベントを開催し、コンテンツを作成し、その他の社会的活動を行う3Dユニバースです。
Decentralandの中核となる経済は、ブロックチェーンを用いてデジタルアイデンティティ、所有権、ユニークアイテムの希少性を確立しています。
2021年後半のメタバースの大流行を先取りした、最も有名で知名度の高いプロジェクトの一つです。

2016年に設立されたEstaban Ordano氏とAri Meilich氏は、基本的な2Dゲームを、数十万ドルの価値があるNFTを持つ大規模な世界に成長させました。
このプロジェクトには、独自のERC-20ユーティリティートークンMANAもあります。

では、Decentralandはメタバースにどのように組み込まれるのでしょうか?
Decentralandは、3Dインターフェース、デジタル経済、ソーシャル要素、ゲーム内イベントなど、メタバースの多くの要素を満たしています。
より多くのプロジェクトがDecentralandに接続しており、メタバースのハブとしての側面も持っています。Decentralandは、LANDと呼ばれる仮想不動産のNFTでも特に有名です。LANDは、DecentralandのDAO(Decentralized Autonomous Organization)における議決権を提供するとともに、価格が大幅に上昇し、トレーダーや投資家の間で人気を博しています。

Enjinとは?

Enjinは、ゲーム内アイテムとして使用されるNFTの作成に焦点を当てたブロックチェーンプラットフォームです。
このプロジェクトでは、イーサリアムベースのNFTを一般ユーザーが簡単に作成できるよう、ソフトウェア開発キット(SDK)を公開しています。
NFTはすでにメタバースの重要な一部となっているため、EnjinはNFTをより安全に作成する方法を模索しています。

NFTについての一般的な不満は、流動性が低いことです。
NFTの買い手を見つける必要があり、それには時間がかかります。
しかし、EnjinのNFTは、ENJコインと引き換えに、いつでも溶かすことができます。
つまり、ENJの価格がゼロにならない限り、NFTには常に何らかの価値があるということです。
買い手を待つ必要がないので、NFTをENJに交換することで、すぐに流動性を提供することができます。
デジタルの収集性と希少性を支援することで、Enjinはメタバースの有用な一部となるだろう。

Bloktopiaとは?

Bloktopiaは、21階建ての超高層ビルを舞台にした、もうひとつのVRメタバースゲームです。
DecentralandやThe Sandboxと同様に、Bloktopiaはイベント、社交、仕事などのハブとなることを目指しています。
21階というのは、ビットコインの最大供給量である2100万BTCを表しています。このプロジェクトでは、Polygonブロックチェーンを使用して、「学ぶ」「稼ぐ」「遊ぶ」「創る」という4つの主要な側面をサポートしています。

  1. 学ぶ – Bloktopiaは、ユーザーがブロックチェーンについて学び、ブロックチェーンがどのようにメタバースの原動力となっているかを知るためのゲートウェイとして機能します。Bloktopiaは、暗号について学ぶための、よりアクセスしやすいインタラクティブな方法を提供します。
  2. 稼ぐ – ブロックトピアは、ネイティブ・トークンのBLOK、Reblokと呼ばれる仮想不動産、Adblokによる広告機会など、「遊ぶから稼ぐ」というモデルを採用しています。
  3. 遊ぶ – ユーザーは、オンラインで友人と交流したり、ユーザーが作成した様々なゲームやコンテンツを楽しむことができます。
  4. 創造する – Blocktopiaは、ゲーマーが環境やデジタル広告スペースを創造するためのツールを提供しています。

ゲームメタバースでは、「Play toearn」が話題になっています。ゲームをプレイしたり、ゲームとインタラクトすることで収入を得るというアイデアは、非常に魅力的です。
「Decentraland」や「The Sandbox」では、不動産を販売するためのシンプルな方法が紹介されていますが、「Bloktopia」ではそれをさらに進めています。
Reblokの各フロアは、テナントに貸すことも、1つのイベントのために雇うこともできます。
また、他のプレイヤーが自分のレベルで時間を過ごすことで、ユーザーは広告収入を得ることができます。

おわりに

メタバースの開発にはまだ長い道のりがあります。
自分でプロジェクトをプレイしてみると、メカニックや見た目、操作感がかなり基本的なものであることがわかります。
多くはまだ企画段階で、テストすらできません。

しかし、ひとつ確かなことは、新しいプロジェクトの数が増え続けているということです。
大規模なゲーム会社であろうと、小さなメタバースの暗号プロジェクトであろうと、開発は急速に進んでいます。
上述のプロジェクトはスタート地点に過ぎませんので、定期的にアップデートやニュースをチェックして、進化するメタバースの最新情報を入手してください。

免責事項:この記事は教育目的のみです。
Binanceはこれらのプロジェクトとは何の関係もなく、またこれらのプロジェクトに対する保証もありません。Binanceを通じて提供された情報は、投資や取引に関する助言や推奨を行うものではありません。バイナンスはお客様のいかなる投資判断にも責任を負いません。金融リスクを取る前に専門家のアドバイスを受けてください。

関連記事

  1. PlanetQuestを紹介。ついにステルスから脱却! +NFT…
  2. Fantom Maker IDO [DAO Maker]
  3. SYN CITY とは【IGO一覧】
  4. polkadot{.js} ウォレットの作成方法
  5. EVERDOME-$DOME ステーキング方法
  6. REDKITE IDO の参加方法とKYC
  7. XANA ASTROBOY x JAPAN Metaverse …
  8. Solletウォレット(SOLANAブロックチェーン用ウォレット…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

当BLOGの更新情報・IDO/IGO/IEO/エアドロップなどの最新情報をTelegramでお届けしています。
チャンスを逃さない為にも、是非【MatometaX テレグラム】にご参加ください。

【MatometaX LINE公式アカウント】を開設しました✅

友だち追加

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。