Mining

無料で参加できるPlay-to-Earnゲーム/The Marsプロジェクト

スマートフォンアプリ【MRST】は、The MARSが提供するマイニングプロジェクトです。
The MARSプロジェクトは、メタバースプロジェクトを推進していて、そこではゲームプレイや土地の売買、NFT取引が可能です。
The MARSは、メターバースをローンチする準備として、早期参加者にマイニングプログラムを提供し、参加者に無料で$MRSTトークンを配布しています。

The MARSメタバースローンチ前にトークンが獲得可能なので、IDO・ローンチされれば爆益も期待できるプロジェクトです。

$MRSTのマイニングに参加する

現在アクセスが集中しており、アプリのローディングに時間がかかります、気長に待ってみてください。

下記のリンクから「MRSTページ」にアクセス、アプリをダウンロードして、招待コード「 metax 」を入力して、$MRSTマイニングプログラムに参加できます。

※参加には招待コードが必要です

招待コード: metax

https://www.marscompany.co/mrst

✅ このマイニングアプリは【6.2 Mining Rules】にあるように、参加人数(同時採掘者)が増えれば増えるほど報酬が減少していく仕組みになっています。 早めに参加して、沢山のマイニング報酬を獲得しましょう。

✅ マイニングはチームで行う事が可能で、最大6名のユーザーを招待する事が可能です。 チームメンバーの内3名がオンラインであれば15%のボーナスを獲得する事が可能です。

LINE オープンチャット「MARSマイニングJAPAN」にアクセスすれば、チームメンバーの募集、チームメンバーとして参加が可能です。

火星の新しい未来への準備:メタバース!

ザ・マーズは、火星をテーマにしたメタバースゲームプラットフォームの開発に取り組んでいます。
マーズメタバースでは、以下のようなことが楽しめます。コロニーと呼ばれる都市空間で、不動産の所有、商品の売買、さらには広告やパフォーマンス、ゲームなどを行うことができます。

アーティスト、アスリート、ビルオーナー、インフルエンサーなど、現実の世界で夢見ていた人たちが、Marsで夢を叶えることができるのです。自宅や建物を様々な色で飾り、展示会やコンサートを開催して、多くの人と喜びを分かち合うことができます。

The Mars : Metaverse Project

The Mars Companyは、誰もが自分の夢を実現できるメタバースプラットフォームを展開しています。

火星をテーマにしたメタバースプラットフォームでは、「コロニー」と呼ばれる直径1km程度の小さな領土が存在します。ユーザーは、NFT(Non-fungible Token)を使ってコロニー上の土地を所有し、その上に家や商業ビルを建てることができます。また、ブロックチェーンのスマートコントラクトを通じて、賃貸することも可能です。
ユーザーは、ゲームプレイを通じてThe Marsのプラットフォームに貢献することで、Mars Token(MRST)で報酬を得ることができます。The Marsの経済システムは、プラットフォームでプレイする全てのユーザーがPlay-to-Earnによって経済的利益を得られるように設計されています。

現実とは逆に、ユーザーはプライベート空間として家を所有するチャンスがあるはずで、その後、初期空間や装飾を費やすことが可能です。その家に友人を招き、一緒におしゃべりしたり、音楽を流したり、パーティーを開いたりすることができる。
コロニー内のほとんどの建物はMRSTで購入することができ、ユーザー間で売買することが可能です。ユーザーが建物を購入すると、商業利用可能なスペースを利用することができる。
また、ショッピングセンター、ギャラリー、パーティー会場、教室など、ユーザーは自分の好みや目的に合わせて空間をカスタマイズすることができる。さらに収益を上げるためには、そのスペースでイベントを開催することも必要だ。

また、「The Mars Studio」と呼ばれるソフトウェアを使って、自分の服や建物をデザインし、NFTとして公開したり、マーケットプレイスで販売したりすることもできます。(UGCアイテム)
根本的にザ・マーズはゲーム性を重視したメタバースプラットフォームを目指しており、コロニーでの様々なアクティビティと連動する可能性があります。スポーツや競技をすることで、ユーザーは副収入を得ることができます。

メタバースプラットフォームの拡大とともに、「The Mars Game Creator」というソフトウェアを使えば、サードパーティやインディーゲームの開発者がゲームを作ってリリースすることも可能です。ユーザーは、スポーツリーグを直接主催することができます。アクティブユーザー数に応じて、ユーザーがプレイするゲームアクティビティからマーズトークンがプレイリワードとして支払われます。

The Marsのメタバースプラットフォームは、2023年のリリースを目指し、現在開発中です。
ブロックチェーンエコシステムと連動したAAAプロジェクトを目指しています。
Eコマース、オンラインビジネス、ソーシャルネットワーキングサービス、ソーシャルネットワーキングゲーム、など。

VISION

新世界の鍵を作るのは、私たちです。

MISSION

自由に想像し、誇れるゲームを作り、世界に発信すること。

開発の目的

Metaverse?

メタバースとは、接頭語の「meta」(向こう側の意味)と語幹の「verse」(宇宙からの逆変形)を組み合わせたもので、この言葉は通常、知覚された仮想宇宙にリンクした持続的、共有、3D仮想空間からなるインターネットの将来のイテレーションの概念を表すために使用されます。
メタバースでは、ユーザーはUGC(ユーザー生成コンテンツ)を作成し、それは暗号通貨を通じて配布される商品となります。

米国のITベンチャーであるリンデンラボが発表した「セカンドライフ」が人気を博して以来、メタバースへの関心が高まり、現在に至っている。一方、メタバースの世界は、主に仮想現実を指す言葉として定義されてきましたが、現在では、より高度な仮想世界を表す言葉としてメタバースという言葉が使われています。

この言葉は、1992年にNeal Stephensonが書いた小説「Snow Crash」に由来しており、仮想空間内の異なるキャラクターがソフトウェアのエージェント(アバターとして)と社会的、経済的に交流し、現実世界でも交流するというものである。比喩的な言葉だが、物理的な制約を受けず、時空を超えた世界を指す。

リアルとバーチャルの境界を曖昧にする

1980年以降に生まれたMZ世代は、ネット上のアバターに共感することがごく自然な現象になっています。
ネット上の友人と現実の友人の間にボーダーはなく、自分の個性をアバターで表現するために、お金をかけて服やアクセサリーを購入するのも不思議ではありません。

また、COVID-19により、物理的な通勤の代わりに、メタバースプラットフォーム上に仕事用のオフィスを作ることがごく自然になってきている。
スマートフォンの普及により、オンラインとオフラインの境界が急速に崩れてきています。また、AR、VR、CG技術の発達により、仮想と現実の区別が徐々につきにくくなってきています。

市場の展望とメタバースの規模

世界的なコンサルティング会社であるPwCのレポートによると、ARやVRを含むメタバースの市場展望は継続的に成長し、2030年には約1兆5000億USドルに達すると予想されています。
ここで、メタバース市場の成長予測をバックアップできる事例をいくつか紹介します。
世界的なパンデミックにより全ての公演やコンサートが中止となる中、米国の歌手Travis Scottは、オンラインバトルロイヤルゲーム「Fortnite」でのコンサート開催を決定しました。
このコンサートは成功し、有料公演にもかかわらず、1200万人の観客(ゲーム内のユーザー)が集まったと記録されています。
また、別のメタバースプラットフォーム「ZEPETO」では、K-POPガールズグループ「Blackpink」のサイン会を開催し、4,000万人のファンを動員しました。また、Blackpinkは、その空間内でアバターを使って最新アルバムを披露しました。
上記のような観客数、参加者数は現実世界では物理的に不可能であるため、グローバル企業はこぞってメタバースの将来性に注目している。
代表的なメタバースゲームである「Roblox」は2021年3月11日にニューヨーク証券取引所に上場し、「Roblox Studio」を使ってプラットフォーム上でミニゲームを制作する開発者は200万人と言われています。
2021年7月現在、「Fortnite」は3億5000万人、「Zepeto」は2億人、「Roblox」は1億5000万人と数えきれないほどの国から利用されています。
メタバースは、インターネットが誕生した時のように、これからのビジネスで最も注目されるプラットフォームです。

Blockchain, Cryptocurrency & Metaverse

ブロックチェーン技術を用いた暗号通貨が登場する以前からゲームにはゲームマネーが存在し、外部のアイテム交換所を通じて実際のお金に交換されていたケースもあります。
『Roblox』や『Zepeto』では、RobuxやGemという取引可能なゲーム通貨が存在し、クリエイターはそれらのゲームマネーを実際のお金に交換することができる。
しかし、RobuxやGemは分散型暗号通貨ではない。そのため、通貨や流通のポリシーがなく、通貨の価値も開発者の開発方針によって調整される可能性がある。
このような問題を解決するために、「The Mars」のメタバースプラットフォームでは、メタバースの基本ゲーム内通貨に暗号通貨を適用し、開発者が恣意的に調整するのではなく、設定された流通政策に従って透明性のある運用を行うための分散化と数量制限を実現する。
暗号通貨の機能が徐々に発展していく中で、メタバース内の限られた資産にNFT(Non-fungible Token)を使用することで、継続的に暗号通貨の機能を維持することができます。

世界観:コロニー

メタバースプラットフォームである『The Mars』では、メタバースを志向する多くのプラットフォームやゲームとの差別化要素として、「コロニー」という都市モデルが存在します。

The Marsの世界観

昔から、地球以外の太陽系内の火星に人類が移住するというSF小説はたくさんあります。そして、テスラCEOのイーロン・マスクは、すでに火星への人類の大規模な移住プロジェクトを実行している。

火星というと、未知の世界、開拓、挑戦といったイメージが一般的です。

その意味で、「The Mars」プラットフォームは、火星の背景に舞台を設定し、火星がはるか宇宙の彼方にあるにもかかわらず、プラットフォームを通じて火星を事前に体験する意味もあるのです。

また、火星の世界にしか存在し得ないコロニーと呼ばれる小都市は、このプロジェクトの最も重要な部分です。
火星は、乾燥や殺伐といったステレオタイプなイメージではなく、ユートピアやファンタジアのように、誰もが夢を実現できる、どこか明るい場所として描かれています。

コロニーの独自性

概要

大きさと形。直径約1kmの同心円状。
数量 初期は1領地につき1コロニー程度、人口密度により追加生成。
人口密度:1コロニーあたり10万〜100万人程度

Description

メタバースプラットフォーム「The Mars」では、メタバースを志向する多くのプラットフォームやゲームとの差別化要素として、「コロニー」という都市モデルが存在します。

一般的に、既存のメタバースプラットフォームでは、不動産がプラットフォームの主要な収入として設計されており、ユーザーはできるだけ多くの土地を売却してお金を得る必要があります。その結果、土地の大きさが二次元的に拡大し続けたり、ユーザーの数に対して土地が過剰に売られたりする。結局、土地は使い物にならなくなる。

上記のケースは、ほとんどのメタバースプラットフォームが経験する不動産システムの問題である。そこで、『The Mars』では、この問題の解決策として「コロニー」を提案しています。
The Mars』のコロニーは、同心円の形状をしており、現実には直径1km程度の小さな都市である。初期コロニーは各領地ごとに存在する。また、コロニー間の移動や他のコロニーへの転送も可能である。

1コロニーあたり10万〜100万人のユーザーが存在し、コロニー内のほとんどの土地はユーザーが購入し所有することが可能である。

コロニーの土地を所有した後、ユーザーは家や商業ビルを建てることができ、ユーザーは自分のプライベートスペース(#ID)や商業スペース(#ID)を直接ビルに接続することができるようになります。
コロニー内のユーザー数が一定数に達しない限り、ゲームプレイやユーザー間の交流を最適化するために、コロニーの空間の拡張や土地の開放(Distributed)は行われません。
各コロニーには、ユーザーが利用できるホビー、スポーツ、マーケットプレイス、パフォーマンス会場が存在します。その中でもスポーツスタジアムとコンサートホールは、コロニーに関係なく一斉に参加することができます。
最初のコロニーの密度の許容限度を超えると、その領域に2つ目のコロニーが生成されます。2つ目のコロニーには、急速な発展のための追加的な利益を与えることができます。
ユーザーは、最も密度の高い環境に置かれるが、息苦しさを感じることはない。このような環境は、実生活のような自然なユーザー同士の交流やコミュニケーションをもたらし、社会現象を生み出す。しかし、このコロニーの特徴に起因する技術的な問題を解決するために、”The Mars “ではチャネリングという機能を追加で使用しています。

チャネリングとは、コロニーを複数のチャンネルに分け、ユーザー数の増加に応じてスペースを区切っていく方法です(1スペースあたり約500~1000人)。この手法を用いることで、特定の場所で浮遊するユーザー数を最大化し、ビルの価値を高めるとともに、すべてのビルを活性化させることが可能になるのです。
「The Marsは、メタバースプラットフォームにおいて、このようなインタラクションが最も重要であると考えています。社会現象がうまく起こるように、継続的にモニタリングしながらColonyの空間を発展させていくことは、非常に重要な活動です。

土地・建物

ユーザーは、マーズのコロニーに土地を所有することができます。
コロニーは小さく有限であるため、コロニー内の土地の総数は十分ではなく、土地を所有することは困難である。コロニー内のユーザー数に応じて、限られた土地は1,2,3といったステップごとに拡張されていきます。ユーザーは、オークションや抽選方式で土地を所有することができます。
購入した土地は、NFTを発行することでThe Marsのプラットフォーム上で永久に所有することができるほか、Openseaなどのオークションを通じて他者と取引することも可能です。
土地は用途や広さによって以下のグレードがあり、各グレードの配分は以下の通りです。

スタンダード40%。
デラックス25%。
特別な15%。
レア10%。
エピック10%。
レジェンダリー – 未定

*コロニーの開発状況により、EpicがLegendaryに格付けされる場合があります。
土地を購入すると、ユーザーはその土地に建物を建てることができるようになります。自動的にもう一つの仮想空間ができ、ユーザーが望むなら、建物に入るときに既存の家に接続することができます。新しい仮想空間には、IDのような特定のアドレスでしかアクセスできない。

上記コロニーのランドタイプは一例です。各タイプの位置や大きさは、実際のコロニー設計により変更される可能性があります。

Land Lottery (Pre-sale)

土地は初期グレードごとに設定された価格で販売され、プレセールに参加するには、ザ・マーズのプラットフォームにおけるガバナンストークンである「フォボス・トークン」が必要です。さらに、販売価格の1/10を入金する必要があります。

Phobos Tokenで土地抽選に参加するためには、ユーザーが参加した分のPhobos Tokenはロックされ、抽選が終了するまで他で使用することができない。フォボス・トークンを燃やして取り除いた場合、使用したフォボス・トークンの10倍に相当する賭け金を確保することで、ユーザーの当選確率を上げることができます。燃やされたトークンは復元されません。

土地抽選に当選された方は、当選後1日以内に売買代金の残額をお支払いください。そうでない場合、当選のチャンスは他の応募者に移ります。(使用済みのフォボス・トークンは、燃やさない限りアンロックされます。)
抽選に当たったものの、支払いに十分な資金がない場合は、The Marsの銀行であるDeFiからの融資により残額を支払うことができる。

時空を超える

コロニーの空間は有限で高密度ですが、メタバースプラットフォームの特性を生かすため、ザ・マーズには時空を超えた空間が存在するのです。
建物は内部空間とつながっており、この空間の広さは建物の外見とは関係ない。
ユーザーは小さな小屋に入ったのに、内部は宮殿のような広い空間があったり、大きな建物に入ったのに内部は狭い空間だったりします。
また、ユーザーは自国のコロニーだけでなく、他領域のコロニーにも、私たちが海外旅行するように行くことができます。
『The Mars』には「マイホーム」というプライベート空間があり、これは最も重要なコアコンテンツの一つです。このスペースは誰にでも与えられており、ユーザーは自分の好みに合わせて空間をデコレーションすることができます。
また、ユーザーは他のユーザーを招待して、話したり、音楽を流したりしてパーティーを楽しむことができます。
マイハウス」はコロニー内には存在しませんが、#IDと同じ形式でユーザーのIDが登録されており、IDを入力するか、「友達の家に行く」ボタンをクリックすると、友達の家に行くことができるUX/UIになっています。
また、他のユーザーが勝手に訪問することを防ぐため、ユーザーは「友達のみ」「承認後に訪問」「訪問拒否」のオプションを選択でき、プライバシーに配慮しています。

Gameplay

ゲームにおける趣味

メタバースである「The Mars」では、時間や空間の制約から現実には困難な様々な趣味を、ユーザーが自由に持つことができます。
サッカーやバスケットボールなどのスポーツを他人と一緒にしたり、絵を描いて家に飾ったり、展示したり、人に売ったりすることができます。また、楽器を演奏してバスキングをしたり、ステージで他の人と一緒に演奏することもできます。いろいろな場所にキャンプに出かけてリラックスしたり、好きな人とおしゃべりしたり。

キャラクター開発

それぞれの趣味には、成長要素が含まれています。
各種スポーツでは、「お金を払って勝つ」という方法ではなく、遊びの中で徐々に身体能力を高め、様々なスキルを身につけることで、自分に合った組み合わせを見つける楽しさを味わうことができます。
絵を描く場合、ユーザーはペンから始まり、クレヨン、パステル、絵の具、油絵などを学ぶことができます。
その後、ユーザーはストリートでグラフィティ・アートを描くことができます。
音楽家として、ユーザーは楽器を演奏し、習熟度を高め、様々なテクニックを習得して、完成度の高い演奏をすることができる。
その他にも、趣味を楽しむ、少しずつ成長する、新しいことを学ぶ楽しさを味わうなど、趣味を楽しむきっかけを提供します。

Farming & Making

ユーザーが自分の趣味に必要なアイテムを自分で作る。
作成したアイテムは、スポーツや音楽、キャンプだけでなく、洋服や小物などにも使用できる。ユーザーは、クラフトすることで一部の素材を入手することができます。すべての素材は、ユーザー間の取引を通じて販売・購入することができます。
マーズは、ユーザーが楽しみもなく、クラフトのスキルアップのために「農業」や「ゲーム」を繰り返し行うようなことはしたくありません。

UGC ITEM

デザインされた洋服やアクセサリーなど、ファッションに関連するアイテムを自分で作ることができます。
また、NFSのマーケットプレイスでユーザー間のトレードも可能です。

Mars Mining APP (MMA)

The Marsのメタバースプラットフォームが完成する前に、ユーザーはまずMars Mining Appに出会うことになるのです

目的

The Marsのメタバースプラットフォームの特徴から、初期段階でできるだけ多くのユーザーを獲得することがコアな活動となっています。このとき、MRSTを持っている人がいないと、初期の開発速度がかなり遅くなり、プラットフォームの持続的な発展の妨げになります。
その解決策の一環として、オープン初期にエコシステムを構築し、流動性を確保するために用意されたのが「Mars Mining App(MMA)」です。
ユーザーは、「Mars Mining App」を通じて、事前に初期決済額を用意することで、「土地」をはじめとする多様なアセットを購入することができます。

Mining Rules

マイニングハッシュレート設定

基本採掘量(100%)

  • チームボーナス(15%) + ペットボーナス(30%) + ゲーム内獲得(25%) = 合計170%。

同時採掘者数に応じた1時間あたりの採掘量。

招待報酬(リファラル)

ユーザーは、紹介制度により、報酬としてMRSTを得ることができます。
この報酬は、以下の基準により、ユーザー数の増加に伴い減少していきます。
招待する側とされる側で同額の報酬が支払われ、ユーザー数が少ない場合は招待の貢献度が高いため、報酬が高くなります。
すべてのユーザーは、紹介コードがないと「MRSTを採掘するための火星採掘アプリ」にサインアップすることができません。

ゲーム内設定

すべてのユーザーは、ゲーム内を通じて採掘報酬を最大70%アップさせることができます。
チームボーナス(15%)+ペットボーナス(25%)+ゲーム内獲得(70%)=合計70%となります。

概要

ユーザーがマイニングアプリのメイン画面にアクセスし、「Play」ボタンをクリックすると、基本的なマイニング(100%)を開始することができます。この時、バギーカーは自動的に火星の地表を探索し、採掘を開始します。
ユーザーは採掘前にバギーカーに同行するチームメンバーを設定することができ、チームメンバーとして最大6名のユーザーを招待することが可能です。そのうち3人以上がオンラインであれば、ホストユーザーは15%のチームボーナスを得ることができます。
バッテリーのサイズは、バギーカーのグレードに応じて4種類(8時間、12時間、18時間、24時間)用意されています。ユーザーがスマートフォンのマイニングアプリを閉じても、バッテリー残量と同じだけマイニングが継続されます。また、バギーカー本体のバッテリーが切れると、モバイル通知でユーザーにお知らせし、ユーザーはすぐに充電することで、滞りなく採掘を再開することができます。
Mars Mining Applicationは、モバイル端末のコンピューティングパワーを必要とせず、AWSを利用したクラウドサーバー上で動作します。ユーザーは、アプリをアンロードしても、マイニングが継続していることを確認することができます。

また、ユーザーは最大3匹のペットを追加することができ、それぞれのペットは採掘速度を最大10%向上させることができます。ユーザーは、The MarsのNFTマーケットプレイスを通じて、MRSTまたはイーサリアムでペットを購入することができます。
ゲームモードに入るには、ユーザーは「ゲームスタート」ボタンをクリックします。ゲームモードが始まると、MRSTの形をしたコインが100枚ランダムに配られ、これを全て獲得すると、1日のMRST採掘量の25%分のボーナスを得ることができます。
バギーカーにはブーストゲージがあり、クールダウンは16分、持続時間は30秒です。ブーストモードにすると、障害物をすべて破壊し、デフォルトの2倍の速度で走行することができます。(MRSTを早く取得することが可能です)。
また、ブースト状態では、マグネット機能が作動します。マグネット機能により、一定距離内のコインを引っ張ることで、バギーカーに採掘ボーナスが発生しやすくなります。
ペットの能力に応じてブースト時間を短縮できるほか、ブーストのクールダウンがペット1匹につき5分、合計15分に短縮されるため、より頻繁にブーストを使用できるようになります。
火星のいたるところに3種類の宝石(サファイア、ルビー、エメラルド)が存在します。3種類の宝石をそれぞれ10個ずつ、合計30個集めると、ランダムボックスからキャラクターを入手することができます。
*キャラクターは特殊な能力を持ちません。
火星に落ちているコインと宝石を全て集めるとゲームモードは終了します。
ユーザーは、KST時間の毎朝6時に新たにスタートすることができます。
*MRSTは1日に25%までしか獲得できません。
ゲーム中にバギーカーのバッテリーがなくなった場合、ユーザーは「チャージ」ボタンを押すことで充電してゲームを続行することができます。

NFTマーケットプレイス

ユーザーは、The MarsのNFTマーケットプレイスを通じてペットを入手することができます。
入手したペットはマーケットプレイスで転売することができます。
ペットの能力により、様々な価格が存在します。

ペットの能力

  1. 採掘ブースト ペット1匹につき1~10%アップ
  2. ブースト時間を1分~5分に短縮(ペット1匹あたり)。

ペットは最大30匹まで飼育可能です。
マイニングアプリのゲーム内では、3匹のペットしか選べません。

関連記事

  1. ISLANDER’S TESTNET EVENT: 参加方法
  2. STAR ATLAS
  3. メタマスクにVelasネットワークを追加する方法
  4. xHashtag (XTAG) IDO ホワイトリスト登録方法
  5. Raydium DropZone
  6. GALA Games [Town Star]タウンスターのはじめ…
  7. holoride Litepaper
  8. BitDAO [$BIT]の購入方法 [Bybit]

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

当BLOGの更新情報・IDO/IGO/IEO/エアドロップなどの最新情報をTelegramでお届けしています。
チャンスを逃さない為にも、是非【MatometaX テレグラム】にご参加ください。

【MatometaX LINE公式アカウント】を開設しました✅

友だち追加

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。