Crypto Currency

$BOBA トークンのエアドロップ情報

$BOBA Token Airdrop Information

$BOBA OMGスナップショット Countdown

BOBAトークンは、スナップショット日である 2021/11/12 00:00(UTC)以降の最初のEthereum(L1)ブロックで行われます。 その時点のOMGトークン保有者に、1対1でエアドロップされます(1つの$OMGに対して、トークン保有者は1つの$BOBAを受け取ります)。

日本時間:2021年11月12日午前9時以降 の最初のEthereum(L1)ブロック

ETH リアルタイム・ブロック生成状況

https://forkmon.ethdevops.io/

$BOBA FTXにリスティング決定

BOBA/USD
BOBA/PREP
の取引が可能に

ボバ・ネットワークは、OMG財団がネットワークをサポートするための新しいトークンを発表することになりました。ボバ・トークン($BOBA)は、ボバDAOのガバナンス・トークンであり、ボバ・ネットワークで報酬を得るためにステークすることもできます。

エアドロップのスナップショットは、タイムスタンプが2021/11/12 00:00(UTC)以降の最初のEthereum(L1)ブロックで行われます。
エアドロップ自体は、スナップショットの日から1週間後の2021年11月19日に行われます。

参加する取引所については、今後数週間のうちに確認する予定ですので、最新情報は下記のエアドロップのセクションをご覧ください。BOBAトークンの用途や入手方法、供給・流通の詳細など、BOBAトークンについてもっと知りたい方は、ぜひご一読ください。

BOBAとは

BOBAについて
Bobaは、OMG Foundationのコア・コントリビューターであるEnyaチームによって構築されたL2 Ethereumスケーリング&オーグメンティング・ソリューションです。Bobaは、ガス料金を削減し、取引のスループットを向上させ、スマートコントラクトの機能を拡張する次世代のEthereumレイヤー2オプティミスティック・ロールアップ・スケーリング・ソリューションです。Bobaは、コミュニティ主導の流動性プールに支えられた迅速なエグジットを提供し、オプティミスティック・ロールアップのエグジット期間を7日からわずか数分に短縮するとともに、LPにインセンティブ付きのイールド・ファーミングの機会を提供します。

Bobaの拡張可能なスマートコントラクトにより、イーサリアムのエコシステム全体の開発者は、AWS Lambdaなどのウェブスケールのインフラ上で実行されるコードを呼び出すdAppsを構築することができ、オンチェーンで実行するにはコストがかかりすぎる、あるいは不可能なアルゴリズムを使用することが可能になります。

私たちは、ユーザーと開発者を第一に考えた方法でBobaを構築しています。私たちの目標は、Ethereumを次のBillionユーザーに開放するための第一歩となる、実用的なL2を構築することです。私たちのミッションに参加して、コミュニティの発展に貢献しましょう。

BOBA Token Utility

1. Governance

BOBAは、Boba DAOのガバナンスに使用され、コミュニティのイニシアチブやネットワークの将来の方向性に使用されます。BOBAの保有者は、ボバ・ネットワークに出資しているトークン1つにつき1票の投票権を得ます。トークン保有者は、ガバナンスガイドラインに従って、DAOに提案を提出したり、投票したり、投票を委任したりすることができます。

BOBA DAOに参加するには、Boba Gatewayにアクセスし、左ツールバーのDAOセクションに移動してください。

2. Staking

ボバ・ネットワークにステークされている$BOBAトークンは、コミュニティが管理するオンチェーン・ディストリビューションを通じて、ネットワークが得たトランザクション・フィーの一部も受け取ることができます。手数料分配のタイミングと詳細については、Boba DAOのガバナンス提案で共有され、その詳細を決定するのに十分な時間をかけてネットワークが定常状態で運用された後、DAO投票の対象となります。

Airdrop Details/ ドロップ詳細

今回のエアドロップを計画するにあたり、すべての$OMGホルダーに公平であること、Boba Networkの利用を促すこと、そしてアクティブなコミュニティメンバーに報いることを確実にしたいと考えました。今回のエアドロップは、この3つの原則を念頭に置いて設計されており、時間をかけてさらにコミュニティ主導の分散型プロジェクトになるという我々の目標に沿ったものとなっています。

2021年11月12日に、L1とBaba Network L2で$OMGを保有するすべてのウォレットのスナップショットが取られます。このスナップショットは、レイヤー1とボバネットワーク・レイヤー2上の非親告罪ウォレットと参加取引所のすべてのウォレットアドレスとOMG保有量を記録したものです。このスナップショットにより、エアドロップの適格性が判断されます。実際にエアドロップを受けるためには、トークン保有者は以下のいずれかの方法で資格を得る必要があります。

1. non-custodialウォレットに入っている$OMGを、スナップショットの日までにBoba Networkにブリッジする。

スナップショットの日にBoba Networkで$OMGを保有している人は、エアドロップの日以降いつでも、保有している$OMGと同等の$BOBAトークンを請求することができます。
トークンがL2にステークされている場合、エアドロップの対象となります。
もし、$OMGがBobaのL1流動性プールにステークされている場合、エアドロップは自動的に行われますが、L1にステークされている対応するウォレットアドレスのL2へのエアドロップとなります。
このようにして受け取った$BOBAトークンはロックが解除され、すぐに使用できるようになります。
さらに、スナップショットの日までに、L1の流動性プールを含むBoba Networkに$OMGを移動させたユーザーは、保有する$OMGトークンの5%に相当するボーナスをエアドロップに受け取ることができます。

2. スナップショットの日付以降に$OMGをボバ・ネットワークにブリッジする。

スナップショット日以降にL1からBoba Networkにブリッジされた$OMGトークンは、参加している取引所でまだエアドロップを受けていない場合、スナップショット日から1年以内にL2に移されても$BOBAエアドロップの対象となります。
このようにして請求されたトークンは、自動的にBoba Networkにステークされ、30日間ロックされます。
ロックアップ期間終了後、$BOBAトークンはアンステイクされ、自由に使用することができます。
この方法を利用するためには、$OMGトークンが、スナップショット日に$OMGを保有していたL1のウォレットアドレスからブリッジされている必要があります。要求されていない$BOBAトークンは、$BOBAトレジャリーの一部となります。

3. 参加している取引所で$OMGを保有する。

参加している取引所で$OMGを保有している方は、関連するカストディアン・ウォレットに自動的にエアドロップを受け取ることができます。
参加していない取引所で保有している$OMGトークンは、エアドロップを受け取ることができません。我々は現在、エアドロップのサポートを得るためにすべての主要取引所と協議しており、以下の確認済み取引所のリストを参照してください。

以下の取引所がBOBAのエアドロップに賛同しています。

このリストは11月12日のスナップショットの日まで定期的に更新されます。

注:エアドロップの残高は、スナップショットの日付の時点での保有数に基づいて決定されます。スナップショット日以降に購入された$OMGは、エアドロップの対象とはなりません。例えば、スナップショット日に参加している取引所で$OMGトークンを保有し、後にL2にブリッジした場合、エアドロップを2回受け取ることはできません。

エアドロップを予定している日本国内の取引所

GMOコイン 【BOBAトークンのオプトイン実施方針について

ビットバンク 【Boba Network(BOBA)の取扱方針について / Handling Policy of Boba Network(BOBA)

Coincheck 【BOBAトークンへの対応方針および一部サービスの停止について 】11月4日追加

Supply and Circulation/供給・流通

初期のBOBAの流通量はOMGと同等で、流動性の確保とエアドロップ・ボーナスのためにBOBAの国庫から2,000万ドルを加えます(合計約1億6,000万ドル)。流通量は今後4年間で徐々に増加し、最大供給量の500Mに達する予定です。ボバ・ネットワークが得た手数料の一部は、ボバ・トレジャリーに代わって$BOBAトークンの購入に充てられます。このトレジャリーは、流動性マイニングのインセンティブやBobaエコシステムの構築に充当されます。

トークン配分の内訳

BOBAトークンの最大供給量:500,000,000

FAQ

Q: When $BOBA?

A: L1およびL2における$OMGの保有資産のスナップショットは、2021年11月12日となります。エアドロップはL2と参加取引所で1週間後の2021年11月19日に行われます。スナップショット日までにウォレットからブリッジングされていない$OMG保有者は、2022年11月12日以前であれば、いつでもBoba Network L2にトークンを移動してエアドロップを受けることができます。具体的なスナップショットとエアドロップのブロック番号については、日程が近づきましたらお知らせいたします。

Q: $BOBAはBoba Networkのフィー・トークンですか?

A: いいえ、それはありません。その理由は、Boba Networkで素晴らしいユーザーエクスペリエンスを実現したいからです。ほとんどのユーザーはETHを持っているでしょうから、ETHを手数料トークンとして維持することで、Bobaでの取引の摩擦を少なくすることができます。

Q: ボバで$OMGのファーミングをしていて、スナップショットの日に未請求のリワードがある場合はどうなりますか?

A: L2のスナップショットは、お客様のウォレットアドレスに関連付けられた$OMGトークンのみを対象としていますので、ステーキングによってファームされた報酬をスナップショットの一部としたい場合は、スナップショットの日付より前に収穫する必要があります。

Q: $OMGトークンをL1プール(例えば、Sushi/Uniswap LPやCREAMレンディング)にロックしている場合、L1スナップショットはどのように機能しますか?

A: スナップショットは、実際に$OMGを保有しているアドレス(つまりプールの契約アドレス)に対して行われます。したがって、スナップショットの日までに、DeFiロックされたプールから$OMGを引き出して、保有資産が記録されていることを確認するのが最善の方法です。

Q:$BOBAのトークのミクスは$OMGとどう違うのですか?

A:2017年に$OMGが誕生して以来、暗号業界は多くの革新的な技術によって大規模に進化してきました。私たちはこれらの教訓を生かして、$BOBAのトケノミクスを改善し、進化させました。増加した供給量は、さまざまな取り組みに使用します。

  • ネットワークを起動させるためのステーキングリワード
  • TVLの成長とDeFiの利用を拡大するための流動性インセンティブプログラム
  • 助成金や資金提供によるエコシステムの構築

また、チーム、トレジャリー、および将来の戦略的投資家のためにトークンが確保されます。

トークンの放出はコントロールされます。最初に流通する$BOBAトークンの供給量は約1億6,000万で、空輸されたトークンの数によって変動します。残りのトークンは、4年間かけて放出されます。チームおよび投資家のトークンは、1年後にロック解除が開始され、その後3年間にわたって四半期ごとにリニアに解除されます。

つまり、ローンチ時の$BOBAの初期供給量は、最大供給量よりも、現在の$OMGの供給量にはるかに近いものになるということです。

Q:エアドロップの後、$OMGはどうなるのでしょうか?また、$OMGの用途はどうなるのでしょうか?

A: $OMGトークンは、OMGプラズマネットワークの手数料トークンとしての役割を継続します。

関連記事

  1. Soliceが4.36Mドルを調達し、Solana上に初のクロス…
  2. Pintu トークン【PTU】とは
  3. アイランダー×アバランチ IDE 参加方法
  4. Islander Mainnet:アイランダーでのアカウント作成…
  5. Phantomウォレット[Solana対応]
  6. Stellar [XLM](ステラ・ルーメン)とは
  7. Facebookが支援するDiemの全歴史。Diemの発売日はい…
  8. SOLCUBATOR [IDOプラットフォーム]とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

当BLOGの更新情報・IDO/IGO/IEO/エアドロップなどの最新情報をTelegramでお届けしています。
チャンスを逃さない為にも、是非【MatometaX テレグラム】にご参加ください。

【MatometaX LINE公式アカウント】を開設しました✅

友だち追加

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。