ByBit Launchpad

izumi Finance /Bybit ローンチパッドIEO

izumiファイナンスは、Uniswap V3とマルチチェーンデクスを内蔵した流動性をサービスとして提供するプラットフォームです。izumiファイナンスは、革新的なリクイディティマイニングプロトコルを提案し、一定の価格帯でインセンティブを分配することで、プロトコルが効率的にリクイディティを集められるようにします。

イズミファイナンスは、インセンティブの非効率性とプール2のディレンマという2つの問題を解決するために設計された、Uniswap V3をベースにした「Liquidity as a Service」(LaaS)を提供します。

izumiは、「非均質」なUniswap V3のリクイディティマイニングをサポートすることでインセンティブ効率を高め、特定の価格帯でインセンティブ報酬を分配するプロトコルを実現しています。
例えば、Stablecoinのプールでは、狭い価格帯(0.99,1.01)でしかインセンティブ報酬が支払われません。

izumiは、構造化インセンティブモジュールとオートリベースモジュールを提供することで、「プール2のジレンマ」の問題を解決します。これにより、プロトコルにとっては低排出率でより多くの流動性を引き寄せることができ、流動性提供者にとっては非永続的な流動性採掘を可能にします。
(プール2のジレンマとは、プール2のAPRリクイディティマイニングのインセンティブが高いと、通常は高いインフレ率と売り圧力をもたらすことです)

Bybit ローンチパッド【IZI】

Izumi Financeは、Uniswap V3上でプログラム可能な流動性マイニングを可能にする初のマルチチェーン対応ファーミングプロトコルです。
このプロトコルは、「Uniswap V3」の自動マーケットメーカー機能を他のレイヤー2チェーンでも利用できるようにします。
チェーンをまたぐトークン移動にかかる時間とコストを目指しており、Izumiを使ったチェーン間のトークン移動にかかる時間は1分以内、ガス代は1ドル以下になる見込みです。

配布総額2,000,000,000 IZI
初期配布額配布総額の0.5625%
価格0.04ドル
(BITとIZIの間の為替レートは、コミット期間前に確認されます)
ローンチパッドに割り当てられた数量11,250,000 IZI
1人あたりの上限10,000 IZI
トークンロック期間ロックなし
トークン種別ERC20

Bybit ローンチパッド【 IZI 】参加方法

  1. Bybitにアカウント登録
  2. 本人確認(KYCレベル1)を完了
  3. 計測期間中にデリバティブアカウント、現物アカウント及びByFiアカウントに日次平均50BIT以上の残高

計測期間:
2021-12-15 00:00 – 2021-12-19 23:59(UTC)
12月15日 9:00~12月16日 8:59(日本時間)

コミット期間:
2021-12-20 03:30 – 2021-12-20 10:59(UTC)
12月20日 12:30~19:59

配布期間:
2021-12-20 11:00 – 2021-12-20 11:59(UTC)
12月21日 20:00~20:59

上場日時:
「IZI/USDT」2021-12-20 12:00(UTC)
12月21日 21:00

Liquidity as a Service (LasaS) ロードマップ

a.LaaS on Uniswap V3: v3NFT Farming

izumi Finance v3NFT Farmingでは、Uniswap v3 LP NFTを用いた非同質のリクイディティマイニング(LM)ツールを提供しており、プロトコルが特定の価格帯で正確かつ効率的にインセンティブを提供することで、流動性の分配を最適化し、ユーザーがUniswap V3 LPトークンを賭けて余分な報酬を得ることを促すことができます。

b. Concentrated liquidity service on bridge: C-AMM Bridge

izumi は、C-AMMブリッジを構築することで、クロスチェーンの取引コストを1分以下にし、低いガス料金で利用できるようにすることを計画しています。クロスチェーンの安全性は、分散化された透明性の高いマルチバリデーターリレーネットワークによって保証されます。

c. Concentrated liquidity service on multi-chains: Discretized Liquidity DEX

Uniswap V3のような集中流動性サービスを他のレイヤー2チェーンにも拡大。メーカーによるレンジオーダーやリミットオーダーが可能になり、マルチチェーンの資本効率が向上する。

Products

v3NFT Farming

Uniswap V2ではLPが0から無限大までの全価格帯でしか流動性を提供できなかったのに対し、Uniswap V3ではLPが一定の価格帯の範囲内に収まるようになっています。
LPは流動性を提供した後にNFT(Non-Fungible Token)を受け取りますが、ポジションが固定されていないため、手数料収益は別途保管され、手数料が支払われたトークンとして保有されます。

izumiチームはまず、Uniswap V3 NFT LPトークンをベースにした流動性マイニングスキームを提案し、実現しました。マイニングのために直接ステークされる従来のV2 fungible LPトークンとは異なり、V3流動性マイニングのインセンティブプランを設計する際に、プロトコルはインセンティブを与えるLPトークンの価値範囲を明確に設定することができます。

そして、ユーザーがV3 LPトークンをizumiプロトコルにステークした後、izumiのスマートコントラクトは、LPトークンの価値範囲が、プロジェクトオーナーが設定した流動性インセンティブの価値範囲内にあるかどうかを自動的に判断します。範囲内であれば、スマートコントラクトは、インセンティブプログラムに基づいて、流動性提供者に流動性マイニングトークンの報酬を発行します。

5種の izumiのv3NFTのマイニングモデル

プロジェクト関係者は、Uniswap V3をベースにしたペアやリクイディティプールを設定し、限られた範囲の報酬と異なる価格帯の報酬を提供することで、より効率的に流動性を集めることができます。
izumi Financeは、様々なプロジェクトのニーズに応えるために、幅広い流動性オプションを提供しています。

オプション1:安定コインとペッグアセットの報酬価格帯を固定した「流動性集中型マイニングモデル

(0.95p,1.05p)の価格帯の各ブロックは、安定コインとペッグアセットの発行者から10トークンを獲得します。
イズミは、(0.95p,1.05p)の価格帯における有効な流動性の合計を評価し、各LPの保有比率に応じて線形にインセンティブを割り当てます。インセンティブは、最小のスリッページを達成するこの価格帯に流動性を引き寄せます。

注:LPが提供する価格帯が(0.95p,1.05p)をオーバーしている場合、(0.95p,1.05p)内の流動性のみがインセンティブ配分の重みとして計算されます。LPが提供するNFTの価格帯が(0.98p,1.02p)のように(0.95p,1.05p)内にある場合、重みのペナルティ係数が適用されます。

分析する。xy=kモデルと比較すると、0.95-1.05区間は50倍以上の資本効率があり、同じスリッページでもTVLとインセンティブは5分の1しか必要ありません。

オプション2:エマージング・アセットの「片面非永続的損失マイニング・モデル」は、価格が上昇し続けているときに流動性マイニングをより魅力的にするためのものです。

従来のxy=kモデルと同様に、LPもUSDCの半額とプロジェクトトークンの半額をizumiのプラットフォームに投入し、ワンクリックで流動性マイニングを開始します。

しかし、従来のxy=kモデルによる「プール2のジレンマ」(LPがすべてのUSDCを潜在的な買い注文として、プロジェクトトークンを潜在的な売り注文として取引ペアの流動性プールに投入することで、LPがプロジェクトトークンを受動的に売り、価格が上昇した際に無常にも損失を被ること)を回避するために、このモデルを採用しました。

イズミはUniswap V3をベースに、LPのUSDCを現在の価格Pcのすぐ下の(Pa,Pc)に入れ、LPのプロジェクト・トークンを取引プールではなくステーク・マイニングに入れる(すなわち、Pc以上の価格では潜在的な売り手となる)という「片側非永久損失」モデルを革新しました。 これにより、LPのプロジェクト・トークンを取引プールではなくステーク・マイニングに投入し(つまり、潜在的な売り手としてPc以上に投入し)、「売るよりも買う方が強い」というモデルを構築し、価格上昇を助長しています。

例えば、XYZトークンの現在の価格が3USDCの場合、LPは1kのXYZと3kのUSDCをワンクリックでizumiのプラットフォームに入金してマイニングを行い、総元金に対して90%のAPRを受け取ることになります(Sushiswap xy=kモデルと同様)。 izumiは、3000USDCをUniswap V3(0,3)の価格帯に配置し、価格が下落したときに潜在的な買い注文を提供することでこれを管理します。1k XYZは流動性を確保するためにステーキングモジュールに配置されていますが、Uniswap V3には配置されていないため、価格が上昇しても受動的に売られることはなく、結果的にプロジェクト側に無期限の損失や受動的な売り圧力は発生しません。

分析します。価格が上がった時には無常損失がなく、価格が下がった時にはLP(Pa=0)の無常損失の割合がxy=kと同じになります。プロジェクト全体の分配されたインセンティブはxy=kモデルと同じである。上昇サイクルではパッシブ・セルの流動性は低く、下降サイクルでは買い支えが一貫している(Paが0より大きければ買い支えも強化される)。

オプション3:「アクティブ・インターバル・マイニング」モデルは、非安定なトークンにインセンティブを与え、現在の価格を中心としたダイナミックな流動性を提供します。

基本的には、このプロジェクトは、現在の価格周辺で有効な流動性を提供するLPにインセンティブを与えるもので、プロジェクトオーナーの報酬の割合は、有効な流動性を提供するために活動している時間をカウントして計算されます。

オプション4:プロのマーケットメーカーにインセンティブを与えるプロトコルの「取引手数料に比例した追加報酬モデル

Uniswap V3 NFTを流動性供給者やLPのためにizumiプラットフォームにステークした後、izumiはステーク期間中にこのLP NFTが獲得した取引手数料を分析し、プロジェクトが提供する追加のインセンティブを提供します。

例えば、ユーザーがXYZ-USDCの流動性を供給し、LP NFTを生成してizumiプラットフォームにステークすると、プロジェクトオーナーはその間の手数料に対して1倍の報酬を追加で提供します。ユーザーは、NFTを出金して手数料を請求すると、30XYZと90USDCを受け取り、さらに60XYZの報酬をizumiプラットフォームから受け取ることができます。

分析します。このプログラムは、プロジェクト側がプロのマーケットメーカーに追加の補助金を提供しているのと同じで、プロのマーケットメーカーは、時価総額の低いトークンの初期段階では取引手数料が足りなくても、現在の価格周辺にポジションをダイナミックに調整することができ、マーケットメーカーは取引手数料の倍率を得て利益を達成することができます。というのも、Uniswap V3ではTaker手数料を特定のMaker(LP)に割り当てることができないため、マーケットメーカーが有効流動性の50%以上を提供せず、陰謀に到達できない限り、マーケットメーカーのフェイク取引(TakerとMakerの両方を務める)の手数料コストはプラットフォームの報酬よりも高くなってしまうのです。したがって、このような偽装取引を行うインセンティブはありません。

オプション5:ショート・プット・オプションの「ロックアップ期間付きワンサイド・マイニング・モデル」について

流動性供給者は、Pcよりも低い価格帯の流動性をUniswap V3に載せてLP NFTを一定期間ロックすることができ、実質的には価格下落時にパッシブな買い支えを行うのと同等の効果があります。金融商品の観点からは、ショートプットオプションに近く、プロジェクト関係者がお金を払ってコミュニティのために購入する公共商品や、レンディングプラットフォームが流動性購入をヘッジするために使う保険商品として利用できます。

例えば、XYZ=3USDCで、LPが10k USDCの流動性を(1.5,2.4)の価格帯に置き、30日間ポジションをロックした場合、LPはロック終了時に10k24%(APR)(1/12)=200USDC相当のXYZの報酬を受け取ることができる(66.7pcs)。

分析します。価格が上昇した場合や2.4を下回らなかった場合、LPには恒久的な損失はなく、シングルトークンの獲得APR=24%に相当します。価格が2.4を下回った場合、LPはマイニング報酬を得ることができますが、恒久的な損失を負うことになります。

注:プロジェクト側の報酬のAPRは、BSMオプションの計算式を用いて計算することができ、ボラティリティ、ロックイン期間、無リスク金利などに応じて動的に調整されます。各サイクルは限定されており、先着順に提供されます。

C-AMMブリッジ(実験用)

Cross-chain liquidity-swap: 両サイドにトークンのリザーブプールを設置。ユーザーは、ChainAのリザーブプールにUSDCを送り、しばらくしてChainBのリザーブプールからUSDCを受け取るような体験ができます。なお、送金されたUSDCは、ブリッジラップトークンではなく、正式に発行されたトークンであることに留意する必要がある。

Multi-validator Relay Network:リレーネットワーク上のマルチバリデーターは、各ブロックのデータを読み取る。ブリッジのいずれかの側でリザーブプールに関連するトランザクションを見つけると、彼らは投票してコンセンサスを得た後、マルチシグトランザクションを相手側に送信する。

流動性集中型AMM:時折空のプールに遭遇する固定為替レートのブリッジとは異なり、AMMブリッジは為替レートを自動調整し、裁定人と市場の力を利用して2つのリザーブプール間の自動リバランスを完成させる。また、集中流動性AMMは、流動性が異なるチェーンに分割されている場合に重要な要素である資本効率に精通している。

Tokenomics

Token info

a. Type: ERC-20 Token on Ethereum 

b. Ticker: iZi 

c. Total supply: 2 billion iZi tokens 

d. Contract:0x9ad37205d608B8b219e6a2573f922094CEc5c200

Token allocation

Vesting schedule

Token DistributionAmount of Token% of Total SupplyRelease Schedule
Team 560,000,00018%10%は最初の上場後から6ヶ月後にリリースされ、残りは18ヶ月後にリニアにリリースされます。
Ecosystem 1,100,000,00055%最初は3%をUniswap V3に搭載し、残りは今後4年間でリリース予定
Private Round300,000,00015%10%は上場日に発売、その後3ヶ月で崖、残りは12ヶ月でリニアに発売
Partnership200,000,00010%10%は最初の掲載日から6ヶ月後にリリースされ、残りは18ヶ月後にリニアにリリースされます。
IDO20,000,0001%上場後
Airdrop20,000,0001%上場後

iZi and ve-iZi

iZi token

iZiトークンはizumi platformのユーティリティトークンで、クロスチェーン取引の手数料、インセンティブプールの設定、v3Toolboxの使用料の支払いに使用できます。
また、iZiトークンをステークすることで、ve-iZiトークンを獲得することができます。ve-iZiトークンは、iZiプラットフォームのガバナンストークンであり、保有者は様々な特典を受けることができ、ガバナンスに参加することができます。

ve-iZi token

ve-iZiは取引や譲渡ができず、iZiトークンをステークすることでのみ入手できます。
ve-iZi残高の量は、ロックされたiZiトークンの量と、ロック解除までの残り時間に基づいています。
ve-iZi残高は、ロックされた時点から直線的に減少していきます。ロックされたiZiトークンは、タイムロックが解除される前に引き出すことはできません。
ただし、タイムロックを延長したり、賭けたiZiトークンの量を増やすことは可能です。

iZi トークン(let amount is N)は、選択可能なロックタイムt_lの間、ロックすることができます。
ここで、t_l < t_max、t_max = 4年とします。ロック後,ロック解除までの残り時間はt≦t_lとなります。
ve-iZiトークン(N)の量は.

このアルゴリズムでは、ve-iZiの量を量的にも時間的にも加重して設定しており、コミュニティメンバーのizumi financeへの支持や信頼を表すのに適しています。

実用性

ve-iZiトークンは、保有者のアカウントにあるve-iZiトークンの量に応じて、収益の増加、配当の分配、DAOの議決権を得る資格があります。

Boosting

VE-iZiをお持ちの方は、UniV3のリクイディティマイニングのインセンティブでブーストを獲得できます。
ブーストの仕組みでは、2つの値のスマレジ乗数を取ることで、獲得重量を計算します。1つ目の値は単純で、ユーザーがizumiプラットフォームで賭けたUniV3 LP NFTから計算されたv_liquidityの量です。 2つ目の値は、保有しているve-iZiの数に基づいています。

配当金

ve-iZiホルダーはエコロジー収入の一部を得ることができますが、その割合はDAOのガバナンスによって決定されます。当初は、クロスチェーン手数料やプール設定手数料を含むプラットフォーム収入の50%がve-iZiホルダーに分配されます。残りの50%はPlatform Vaultが徴収し、運営に使用します。

提案と議決権行使

VE-iZi保有者は、DAO提案を開始して投票することができ、投票の重みは投票時に取得したVE-iZiトークンの量に基づいています。izumiチームは、デュアルトークンのガバナンスシステムと組み合わせることで、ユーザーは共同でizumiのより良い未来に貢献し、開発とガバナンスに沿って有利な利益を受け取ることができると考えています。

新しい公式提案を作成したい場合は、提案書を作成し、ガバナンスフォーラムに投稿する必要があります。可能かどうかを調査し、izumi Discord、Telegram、Governanceフォーラムを通じてコミュニティの関心を測る必要があります。

提案には、izumi treasury fundsの使用と割り当て、重要なプラットフォームパラメータの調整、主要な開発提案など、izumiの分散型ガバナンスのより多くの側面を含めることができます。

Roadmap

あわせて読みたい、最新記事

  1.  PUBG/COD等の有名ゲームタイトルがついにPlay-to-Earnゲームとしてプレイ可能に!!
    【Arenum】は、スマホゲームのeSportsイベントを開催するプラットフォームを提供している企業で、2018年から開始されたこのサービスでは、既に 登録者190万人以上、内15万人以上の課金ユーザーが参加しています。
    ARENUMは、このプラットフォームに仮想通貨を融合し、Play-to-EarnとeSportsの新たなサービスを展開します。

    まだ解禁されたばかりのIDO情報、ホワイトリスト+NFTドロップイベントも、早めに登録をしてNFTをゲットしましょう!

  2.  FACEBOOKがメタバースに参入し、仮想通貨【DIEM】の発行を計画していることは、皆さんご存知だと思います。
    その【DIEM】のテストネットとして最初にネットワークを構築したプロジェクトとして、注目を集める【PONTEM】のトークン・ジェネレーションネレーション・イベントが間もなく開催されます。
    2022年の注目トークンとして【DIEM】は必ず手に入れたいトークンのボーナスセール【事前登録をお忘れなく!
  3.  12月は大型IDOやエアドロップイベントが盛りだくさんです。 まだ参加してない方は必見です!
    🌈 お見逃しなく

関連記事

  1. Vtuber キズナアイ、Metaaniとのコラボ・クリプトアー…
  2. Islander Mainnet:アイランダーでのアカウント作成…
  3. XVERSE IDO ホワイトリスト登録方法 [DEXLAB]
  4. Flux Crypto、Nvidiaとの提携でWeb 3.0開発…
  5. Stellar [XLM](ステラ・ルーメン)とは
  6. CELOLAUNCH IDO ホワイトリスト登録方法
  7. Fantom Maker IDO [DAO Maker]
  8. BYBIT 登録・本人確認(KYC)の方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

【MatometaX LINE公式アカウント】を開設しました✅

友だち追加

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。