KASTA

Kasta IDO:新しい暗号ベースの経済の導入

暗号資産の送金を無料かつ簡素化する創造的破壊者

Kastaは、個人間の暗号資産送金をボーダレスに、そして迅速に行える新たな暗号資産決済プラットフォームです。ガス代の高騰が大きな問題となる中で、Kastaでは、同一の暗号資産で行われる決済、またはユーザー間の送金の手数料ゼロを実現しています。

注目ポイント

Kastaを利用すれば、暗号資産について全く知識がない方でも、手間もコストを掛けずに簡単に暗号資産を保管・送金・受け取ることができます。Kastaでは、ユーザーが電話番号/メールアドレスを入力、あるいはQRコードをスキャンするだけで暗号資産での決済を実行することができます。
Kastaのスワップエンジンを利用すると、送金で使用する通貨に関わらず、ユーザーは受取りを希望する暗号資産/法定通貨を自由に選ぶことができます。その他にも、Kastaと銀行間の送金、Kastaのネットワーク外のデビットカードに直接支払うことを可能にするなど、今まででは考えられない程手軽に利用できる法定通貨の出入金サービスを現在開発中です。
さらにKastaでは、ユーザーがその場で支払わずともオンラインストアで商品を購入できる、独自の決済ソリューションの開発にも取り組んでいます。Kastaを利用すると、購入後いつどのように支払うかをユーザーが選択できるようになります。
KastaのエコシステムのネイティブトークンであるKASTAは、低額の交換手数料、キャッシュバックなど、さまざまなメリットを保有者に提供しています。

KASTA Bybitローンチパッド IEO 概要

参加条件

  • Bybitのアカウント登録が完了している事
  • KYCレベル1の完了
  • デリバティブアカウント、現物アカウント及びByFiアカウントの日次平均BIT残高が50以上
  • コミットを完了する事

KASTA ローンチスケジュール

  • 計測期間: 2021年12月31日午前9時~2022年1月5日午前8時59分(日本時間)
  • コミット期間: 2022年1月5日12:30~19:59(日本時間)
  • 配布期間: 2022年1月5日20:00~20:59(日本時間)
  • 上場予定日時: 2022年1月5日21:00(日本時間)【KASTA/USDT】

Bybit 3周年プレゼントキャンペーン

✅10名に #iPhone13
✅500人に100USDT

応募にはBybitのUIDが必要です

⚡応募はコチラ https://wn.nr/ETctcH

Bybit
ボーナス付きアカウント登録リンク

下記のリンクからの登録で

  • 初回入金時に【10 USDT】クーポンプレゼント
  • 登録後7日以内の入金で、入金額に応じて
    【15 USDT~3,000USDT】の追加ボーナス
  • さらに最大500ドルの特典付き

https://www.bybit.com/ja-JP/

世界は今、過渡期を迎えています。不換紙幣ベースの経済から暗号ベースの経済へと移行しているのです。伝統的なレガシー機関の構造の中で重要な進化が展開されており、Kastaの目標は、この変化の最前線に立つことです。P2Pを中心としたグローバルなソリューションへの移行は、不換紙幣ベースの経済に存在する障壁を排除し、真に進行中です。

決済は日々複雑化している

国境を越えた決済には、「高い取引手数料」と「長い取引時間」という2つの問題があります。ブロックチェーン技術により、暗号通貨は既存の問題に代わる適切な手段として導入され、大きな進歩を遂げていますが、注意点はまだ残っています。暗号通貨を利用した決済を行う場合、ユーザーは以下のような問題に直面することになります。

  • 長くて分かりにくいアドレスの暗号ウォレットを操作する。
  • 煩雑な両替手続き。ユーザーが好きなように取引できるようになるまでに、いくつもの長い交換手続きが必要である。
  • ブロックチェーンの正当性をめぐる法的問題。今のところ、エルサルバドルだけが暗号通貨(ビットコインのみ)を法定通貨として受け入れている。暗号通貨を取り巻く規制の激変は、多くの機関にとって負担となっている。
  • 決済に特化したソリューションの不在。暗号通貨プラットフォームには、購入後支払のモデルがない。

幸いなことに、これらの問題を解決するシンプルな方法があります – Kastaを導入することです。
私たちは、P2P決済を簡単に、無料で、便利にしたいのです。私たちは、暗号通貨の普及を促進することで、私たちのプロトコルの利点を通じて、暗号ベースの経済の新しいパラダイムを目指します。

手間のかからないボーダーレスな決済を常態化しよう

技術の革新的な進歩にもかかわらず、P2P決済がいかに不便であるかは、残念なことです。さらに残念なのは、P2P決済をシームレスにするためのサポート機能が不十分であることです。そこで私たちは、デジタルエコノミーに適したソリューションを開発しました。

それは、「P2P決済を簡単に、自由にすること」と「暗号決済を便利にすること」です。私たちのP2Pアプローチは、国境を越えた決済に存在する障害に対処するためにブロックチェーン技術を必要とします。Kasta上のトランザクションは、初歩的な国境障害によって制限されることはありません。ボーダーレスソリューションに加え、私たちのハイブリッド分散型アプローチは、支払いが即座に行われ、フィーリングが良くなることを保証します。

これらのソリューションを提供するために、Kastaは4つの機能を採用しています。

  1. イージースワップエンジン – ユーザーは支払いに適した通貨の種類を選択する必要があります。例えば、送金者AはBTCで支払い、送金者BはGBPを受け取ることができます。
  2. Buy now Pay later -主流のアウトレットで人気のあるオプションで、Kastaはこのモデルを採用し、支払いに焦点を当てたソリューションを提供します。ユーザーがオンラインストアから購入し、商品の支払いプランを選択できるようにしています。
  3. 暗号ウォレットを簡単に – 暗号ウォレットの運用は面倒なことが多いです。Kastaは、私たちのプラットフォームを通じて支払いを行う際に、暗号ウォレットを必要としません。ユーザーは、電話番号、電子メールアドレス、またはQRコードを使用して支払いを行うことができます。
  4. 簡単なフィアットオン/オフランプサービス – これにより、実世界で暗号通貨を簡単に使うことができます。銀行振込は、Kastaへの&からのサポートされています。Kasta外のデビットカードへの直接支払いを可能にし、ユーザーがどこでも暗号を使用できるようにKastaデビットカードを提供します。

私たちは2つのアプローチで決済を簡素化し、すべてのP2P取引が手間をかけずに行えるようにします。

市場はイノベーションを受け入れる準備ができている

変化は不快なものであり、新しい環境に慣れるには時間がかかるものですが、市場の準備は整っており、今がその時なのです。eMarketerの統計によると、2023年までにP2P市場の取引額は11億ドルを超えると予想されています。このような大きな成長にもかかわらず、P2P業界は、消費者に最適なソリューションがないことを示唆する固有の課題を依然として抱えています。

Kastaは、プラットフォームと参加者の双方に利益をもたらすモデルを提案します。P2P決済サービスの改善に加えて、私たちのプラットフォームは、Kastaトークンの形で報酬を提供します。

暗号ベースの経済への移行は、暗号通貨が産業として成熟していることを示すものです。ユーザーは、問題の多いフィアットシステムから脱却し、新しい決済ソリューションを受け入れる準備が整っています。利便性と操作性を重視することで、暗号ベースの経済への移行が現実のものとなっているのです。

About Kasta

Kastaは、主流のモバイル決済サービスに代わるブロックチェーンによる決済サービスです。私たちのプラットフォームは、P2P決済を簡単、シンプル、そしてアクセスしやすいものにします。暗号ベースの経済への移行に伴い、Kastaは世界規模でのクロスボーダー決済に必要な市場の利便性を提供します。
私たちのプラットフォームを通じて、グローバルに暗号通貨を導入し、金融サービスの機能性を向上させることを目指します。

TwitterMedium,  Telegram https://www.kasta.io/

関連記事

  1. Encode Club’sとBitDAO 提携と取り組みを発表
  2. Seedify、1000万ドルの助成金プログラムで、メタバースの…
  3. 【STEPN】ゲームエコシステムの考察
  4. Fantom Maker ホワイトリストキャンペーン
  5. SUSHI TOKEN 購入方法
  6. RIDEトークン:Maiar Launchpadでのパブリックセ…
  7. Solanium Staking Pool のティアについて
  8. PlanetQuestを紹介。ついにステルスから脱却! +NFT…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

【MatometaX LINE公式アカウント】を開設しました✅

友だち追加

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。