Synesis One

スイス金融市場監督局(FINMA)、Synesis Tokenを承認

これまでお伝えしてきた数々の素晴らしい発表に続き、シネシスワンはまたもや重要なマイルストーンを達成することができました。スイスの法的規制当局との継続的な議論、申請、修正、コミュニケーションを数ヶ月間行った結果、Synesis OneトークンはFINMAによって正式にユーティリティトークンとして指定されました。

スイス金融市場監督局(FINMA)は、米国の証券取引委員会(SEC)やシンガポールのシンガポール金融管理局(MAS)と同様に、金融規制を担当するスイスの政府機関です。したがって、FINMAは、ブロックチェーン・プロジェクトが発行するトークンが証券かユーティリティ・トークンかを判断する有力な政府当局の一つです。当然ながら、これはスイスに適用されるものであり、例えば米国や中国には適用されません。しかし、この指定がもたらす最大の意味をいくつか紹介します。

  1. 取引所への上場。一流の取引所にトークンを上場するには、多くの場合、政府の指定か、そのトークンがユーティリティ・トークンであるという法的見解のいずれかを必要とします。このFINMAの指定により、$SNSは将来の取引所上場のための絶好のポジションにあります。
  2. 規制コンプライアンス。Synesis Oneチームは、正しい方法で物事を行うことを約束します。当初からFINMAと協力してユーティリティ・トークンの指定を受けたことで、規制機関との良好な関係を育み、既存および将来のあらゆる規制に対応することができます。また、規制当局とのコンプライアンス実績を確立することで、DeFi領域で今後発生する可能性のある規制に対するヘッジにもなっています。
  3. 正当性の確保 前述したように、私たちは物事を正しく行うことに重点を置いています。このFINMAの指定は、規制当局、投資家、そしてコミュニティのメンバーに対するコミットメントと信頼性を示すものです。これは、私たちのチームが合法的であり、実行するためにここにいることを示す基礎となるものです。

ですから、全体として、これは大きな成果であり、シネシス・ワンと私たち集団のコミュニティにとって素晴らしいスタートだと思います。私たちは、規制当局への完全なコンプライアンスと協力の立場にあります。
たとえそれが、道なき道を選ぶことであっても、正しい方法で物事を行うよう努力します。このマイルストーンは、シネシスワンの機会を広げ、信頼性とコンプライアンスで成功への道をスムーズに切り開くことでしょう。

Synesis One 1,000,000 $SNS GIVEAWY

Synesis Oneは、間もなくStarLaunchでIDOが予定されているAIを育成する為の、Play-to-Earnゲームです。

https://wn.nr/ZzRCRv

タスクの中に6問の質問がありますが、回答が判らない場合は、【Synesis One オフィシャルテクニカルライトペーパ】をお読みいただくか【Matometaxテレグラムチャンネル】にご参加ください。

https://medium.com/@synesisone/the-swiss-financial-market-supervisory-authority-finma-approves-the-synesis-token-b1fec7f96b64

関連記事

  1. Synesis One オフィシャルテクニカルライトペーパー
  2. Synesis One・エコシステムで$SNSを獲得する全ての方…
  3. Synesis One / 第3回:デュアルトークンシステム、ト…
  4. Synesis One エアドロップ StarLaunch ID…
  5. Synesis One / The Game
  6. Synesis Oneの紹介【トークンエアドロップ】
  7. Synesis One/ Yes!あなたは言葉を所有できる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

当BLOGの更新情報・IDO/IGO/IEO/エアドロップなどの最新情報をTelegramでお届けしています。
チャンスを逃さない為にも、是非【MatometaX テレグラム】にご参加ください。

【MatometaX LINE公式アカウント】を開設しました✅

友だち追加

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。