Synesis One

Synesis One オフィシャルテクニカルライトペーパー

Synesis One(SNSOne)は、AIえおく生する為の世界初のプレイ・トゥ・アーンのデータファーミングを取り入れた分散型自律組織(DAO)です。
シネシス・ワンは、ノンファンジブルトークン(NFT)を活用し、群衆の知恵を活用し、データの流れをマネタイズすることで人工知能(AI)を育成しています。

私たちが、これまで無償でSNSなどのインターネットサービスに提供してきたユーザーデータをSynesis OneはPlay-to-Earnゲームとしてマネタイズ可能な仕組みを実現します。

“your data, your money “という原則に従って知識をクラウドソーシングする分散型システムとして、Synesis Oneは構築されます。

このプロジェクトは他のPlay-to-Earnゲーム等とは異なり、AI育成用のデータを必要とする企業等から収益を稼ぎだし、その利益をSynesis Oneのゲームユーザーに還元するところです。

WHO WE ARE

暗号のためのMechanical Turk

誰でも私たちのNFTを賭け、私たちのゲームをプレイし、AIを訓練するためのデータセットを作成することで報酬を得ることができます。
AIソリューションは、利回りを生み出すNFTに固定された、用意されたデータセットから生成されます。プロジェクトはこれらのAIソリューションを使用するためにお金を払い、NFTの保有者は報酬を得ます。

Synesis One 1,000,000 $SNS GIVEAWY

https://wn.nr/ZzRCRv

概要

Official Synesis One Technical Litepaper with Mind AI, last updated December 2021.

Web3データエコノミーでAIに火をつける

Synesis Oneは、Web3のデータユーティリティとAI向けNFTマーケットプレイスです。
SynesisDAOとKanon Exchangeの共生であり、当社のガバナンストークンであるSynesisとセミファンガブルデータトークンであるKanonを搭載しています。

SynesisDAOは、オントロジー貢献者、データ取引者、オントロジー消費者による分散型自律組織(DAO)です。自然言語形式のオントロジーをクラウドソーシングし、あらゆるAIシステムからアクセス可能なパーミッションレスの公共データユーティリティとして不変に集約します。世界初の自然言語推論AIであるMind AIは、その新しいデータ構造であるカノニカルを持ち、その最初の受益者でありオントロジー消費者となる予定です。

Kanon Exchangeは、KanonのためのネイティブなNFTデータマーケットプレイスです。
Kanonは、Mind AIのメンタルマップのユニークなオントロジー・プリミティブを表します。オントロジー・マイニングは各期間の報酬を請求するための前提条件であるため、カノンの所有はSynesisDAOにオントロジー・マイナーを供給するインセンティブになります。
カノンは、データ科学者やコンピューティングの専門家だけでなく、すべての人にとって、より身近なデータのマネタイゼーションを可能にします。Kanonは担保として差し入れることができ、オープンな金融システムにおける貸し借り、保険、スワップ、先物、デリバティブを含むより高度な取引のためのコンポーザブルDeFi資産に変換することができる。アトミック・スプリット機能は、株式市場における株式分割のように、元の非可溶性(親)カノンを一定数の可溶性(子)カノンに分割するオプションを提供します。

Synesis Oneは、クロスチェーン環境で運用されます。Synesis One V1のスマートコントラクトは、ガス代の節約のためにSolana Blockchain(SOL)上に展開され、将来的には他のチェーンにも展開される予定です。

Synesis Oneの予想される収益源は、
a) AI企業から支払われる採掘料、
b) Kanon Exchangeからの取引手数料(1取引あたり2.5%)、
c) 鋳造されたすべてのKanonからのクリエイター・ロイヤルティ(1取引あたり2.5%)、
d) DeFi関連サービス手数料、
e) genesisでのその自己資金、の5種類である。
国庫は、ソフトウェア開発、ビジネス開発、マーケティングなどに充てられます。 シネシス財団は、倫理委員会および助成金に資金を提供します。

デュアルトークンシステムの実用性と経済性は、熟練したオントロジーマイナーの募集、維持、および報酬のためにゲーミフィケーション化されています。

オントロジー|定義

“AIにおいてオントロジーとは、情報システムにおける記号の意味を規定するものである。つまり、概念化の仕様である……(中略)多くの場合、記号の意味について合意するためのコミュニティが関与する……。

… オントロジーは、知識ベースが表現したいと思うような物事のカテゴリ(クラスとプロパティの両方)の語彙、…カテゴリの構成…、いくつかのシンボルの意味をよりよく反映するために制限する公理のセットからなる… 最終的には、関係は原始に接地され…”

人工知能:計算エージェントの基礎、ケンブリッジ大学出版局、2017年、第13.3項。第2版

概要

AIのためのデータセットをトレーニングすることは大きな問題です[i] すべてのAIシステムはデータの上で動いていますが、生のデータにはほとんど価値がありません。 機械学習、深層学習、Speech to Text、Text to Speech、Conversational AI、Computer Visionのどれであっても同じことです。
AIは、学習させたデータがあってこそのものです。量は重要ですが、高品質のデータセットがないと、どんなAIシステムもその使命を全うすることができなくなります。

YV Intelligenceによると、世界のAIトレーニングデータセット市場は、CAGR23.14%で100億ドル以上に達すると予想されています[ii] AI分野における驚異的な成長と技術進歩が、AIトレーニングデータセットに対する需要をさらに高めています。しかし、技術的な専門知識の不足や、複雑なAIモデルの実装が、市場成長の妨げになっています。
データを誰が管理し、どのように公正にマネタイズするかについて多くの公的議論がなされてきましたが、データが有用になる前にまず準備されなければならないこと、そして特にAIやデータサイエンスの高度な学位を持たない一般人にとって、データのマネタイズプロセスを把握することがいかに近寄りがたく困難であるかを明確にした人はわずか数人しかいません。

その問題を解決するのが「Synesis One」です。これは、Web3 Data Utilityを構築し、そのオントロジー・プリミティブを、誰もが共感し収集できるNFT(Non Fungible Token)であるKanonsの形で収益化するために協力または競争できる熱心な貢献者、取引者、消費者の分散型コミュニティです。
私たちは、最先端のゲーミフィケーション技術を適用し、カノン取引所で取引するカノンコレクターのコミュニティを構築していきます。
これにより、データの所有が技術的・経済的な効用だけでなく、社会的・文化的な価値を持つことを保証します。
私たちは、データの所有と収益化に人間味と楽しさを吹き込みます。
このユニークなアプローチは、分散型データ収益化の大量採用を促し、コミュニティ構築のプロセスに流動性と興奮を与え、より多くのオントロジーマイナーがSynesisDAOに参加するきっかけとなるはずです。
革新的で受賞歴のある自然言語ベースの推論AGIであるMind AIとともに、Synesis Oneは、AIのためのデータを収集し収益化する、より公平でオープン、かつ費用対効果の高いエコシステムを、すべての人のために作り上げることでしょう。

この論文は、Synesis Oneが(Mind AIのコアチームと共に)世界初のWeb3向け自然言語推論AIを構築するための青写真として、データから始めるものである。

[i] Hao, Karen “Error-Riddled Data Sets Are Warping Our Sense of How Good Ai Really Is,” MIT Technology Review April 1, 2021, https://www.technologyreview.com/2021/04/01/1021619/ai-data-errors-warp-machine-learning-progress/.
[ii] Global AI training Dataset market forecast to 2030. YV Intelligence. (n.d.). https://www.yvintelligence.com/press-release/AI-training-dataset-market.html.

Ecosystem: Synesis One

意図

Synesis One の意図は、DAOによって統治された、AI向けの最大のWeb3データユーティリティとマーケットプレイスになることです。私たちはMind AIからプロセスを開始し、最終的には、データをクラウドソーシングしようとするあらゆるAIシステムがアクセスできる、完全モジュール式のデータ集約・収益化プラットフォームで終了します。完全に展開されると、Synesis Oneの全オペレーティングシステムがそうなります。

  • 検閲に強い(誰も止められない)
  • 分散型(誰にもコントロールされない)
  • パーミッションレス(誰でも使用できる)
  • 安全であること(誰でも取引を確認できる)

私たちのチームは、この旅を通して、以下の指針を遵守します。

  • 全人類に有益なものを作る
  • AIのためのデータを誰でもアクセスでき、取引できるようにする。
  • 包括的、安全、社会的、芸術的、文化的、競争的、知的、洗練された、そして楽しいユーザー体験を創造する。
  • 投機より参加を優先させる
  • 本当の意味で稼ぐ機会を作ることで、それを大切にする

データマネタイゼーションの生態系

まず、シネシスワンのステークホルダーである3人の参加者について説明します。コントリビューターは、報酬を得ることに熱心なオントロジー・マイナーである。トレーダーは、ウォレットにSynesisやKanonを入れていて、利益を得るための取引を希望する人たちです。消費者は、AIのトレーニングデータにお金を払う意思のある人たちです。公共データユーティリティであるSynesis Oneは、これら3つのステークホルダーグループの相互作用の結果である。図1は、この3つが不可分でありながら調和的に絡み合って結果を生み出している様子を示しています。

Figure 1: Stakeholders of Synesis One

図2は、オントロジー生成から収益化までのフローを示したものである。最初の2つのフェーズでは、オントロジーのマイニング(クラウドソーシング)、保存、各AIシステム向けの特定のメタデータへの変換を、プラグアンドプレイ、モジュール方式で行うことに焦点を当てている。最後の2つのフェーズでは、それらをマネタイズすることに焦点を当てます。

Figure 2: The Flow of Synesis One in four phases

図3は、シネシスワンの生態系をパノラマで描いたものである。上部に示されているのは、4つのフェーズでエコシステムを価値創造とマネタイズの方向に動かすように設計されたフローです。そして、4つのフェーズをカバーする5つの要素が、イネーブラーとして循環的に動作しています。5つの要素の詳細な説明は、セクション7から11にあります。デザインは、全員がシネシス(シンボル:SNS)とカノン(NFT)を獲得することに集中することです。この唯一の目的、そしてエコシステム参加者によるその集団的な追求が、私たちをWeb3最大のデータユーティリティへと導くのです。

シェアードエコノミー – 価値の分配

図4は、Synesis Oneのマネーシステムである。これは、Synesis OneがTradersとConsumersから収益を集め、Contributorsに再分配する方法を示しています。オントロジー・マイナーに、価値を創造し、報酬を獲得し、取引し、その利益をエコシステムに還元する真の機会を提供することに焦点をあてています。

Figure 4: Monetary System of Synesis One

その核となるのがSynesisDAOのTreasuryです。SNSの総供給量の25%に相当するSNS報酬積立プールからスタートします。支出面では、3つのカテゴリーが存在します。まず、Ontology Minerは、このプールからSNSで報酬を収益として獲得します。
マイニングサービス料は、SynesisDAOにとって唯一最大の支出カテゴリーである。第二に、KanonホルダーはClaimable Rewards(SNSで支払われる)を獲得することになります。そして最後に、運営費として、開発費とマーケティング費が同じプールから支払われます。

収益面では、カノンがセカンダリーNFT市場で取引された場合、取引額の最大2.5%のクリエイター・ロイヤリティ、カノン取引所の総取引量の最大2.5%、NFTが担保として差し入れられたり取り消されたりした際に発生するサービス料および清算料、10%のアトミック分割サービス料、AI企業からのオントロジー使用料の5つが強力な収益源になるでしょう。余剰利益はすべて焼却するか、セカンダリーマーケットでSNSを買い戻すために使われます。

一部のOntology Minerは、Kanon ExchangeからKanonを購入することで収益を補い(収益で)、Kanonの価格上昇を取り込みます。また、すべてのカノン保有者は、定期的な報酬を得るためにオントロジー・マイナーとして貢献する必要があります。

カノンの鋳造から得られる収入は、エコシステムを成長させ、開発者、ゲームデザイナー、コミュニティビルダー、KOLやインフルエンサーを支援して、オントロジー・マイニングとカノン交換のUI/UXをゲーム化することを中核使命とするシネシス財団の財源を増やすことになります。

富の創出による持続可能性

稼ぎのポテンシャルは、シネシスワンのフライホイール(図5参照)を回す風となる。この風は、優秀なオントロジー・マイナーの参加を促し、高品質なデータを求めるAI企業をさらに惹きつけるだろう。

これによって、誰もが長期にわたってモチベーションを維持することができるのです。シネシスワンは、オントロジー・マイナーが生計を立てるための富の創造プラットフォームとなるように設計されています。

これが、SynesisDAOに積極的に参加する非常に優れたオントロジー・マイナーを納得させる唯一の方法であると信じています。私たちの魅力的な初期報酬の放出率(例:流動性マイニングを考える)、多様で強力な収益源、NFTを使用する一般人のためのデータ収益化の常識的なアプローチは、フライホイールをキックスタートし、永久に回転させ続けるでしょう。

エコロジーフロー その1: Ontology Mining

概要

オントロジー・マイニングは、Synesis Oneの中で最も労力を要するフェーズです。オントロジーコントリビューターまたはマイナーによって行われるクラウドソーシング活動のことを指す。オントロジーマイニングには3つのタイプがあり、その役割については3.3節で詳しく説明する。
クラウドソーシングで質の高いオントロジーを蓄積するために、SynesisDAOはステークメカニズムを使用して、マイナーに報酬を与えたり、パフォーマンスが悪い場合はペナルティを課したりしています。
このプロセスは、実際のノードがないことを除けば、Ethereum 2.0のBeacon Chainのバリデータノードの実行に類似している。特別なハードウェアのセットアップは必要ない。例えば、Builderがオントロジーマイニングを通じてドメイン固有の知識をSynesis Oneに提供する場合、Builderが提案した新しいオントロジー群は、Validatorに送られ、真正性、関連トピックとのセマンティックフィット、新規性が認証されてから正式にOntology Databaseに追加されることになる。その間、アーキテクトはインデックスを作成し、整理し、優先順位をつけ、コンペンディアの機能をキュレーションします。これにより、AI企業は、シネシスワンを継続的に改善し拡張するために、特定のタイプの知識を求めるオントロジー消費者の急速に変化する需要に対応することができるようになるのです。
SynesisDAOは、検証された貢献に対してSNSでオントロジー・マイナーに報酬を与えます。

Architecture

図6は、オントロジーマイニングのアーキテクチャとフローを示したものである。

Figure 6: Architecture and Flow of Ontology Mining

Ontology Miners: Architect, Builder, and Validator

図7は、オントロジーマイナーの種類ごとの詳細な説明である。

Figure 7: Types of Ontology Miner

ユーザーインターフェース

図8、図9、図10は、各オントロジーマイナーのユーザーインターフェイスを示したものである。BuilderとValidatorでは、モバイル端末でマイニング作業を行うため、ユニバーサルデザインの原則を取り入れる。アーキテクトの場合は、作業が複雑で、より多くの調査と設計が必要なため、デスクトップUIが使用される予定です。

Figure 8: Mobile App User Interface example for the Builder (For Illustration purposes only)
Figure 9: Mobile App User Interface example for the Validator (for illustration purposes only)
Figure 10: Computer User Interface example for the Architect (MVP Illustration for illustration purposes only)

Gamification

ゲーミフィケーションは、オントロジー・マイニングにおいて3つの目的を達成するために使われています。
オントロジー・マイナーのスキルアップ=エンゲージメントの向上+リテンションの向上+コンバージョンの向上=歩留まりの向上

SynesisDAOは、特にBuildersとValidatorsのために、経験豊富なモバイルMMORPGゲームスタジオと協力し、アーキテクチャとして、生産価値の高いゲームインターフェイスをリリースします。

エコロジーフロー その2 : プロヴァンスの登録

概要

オントロジーがブロックチェーン上に実績として記録されながら、シネシスワンのAIサービスによってメタデータに加工される仕組みについて、詳細を追記します。
Provenance Registeringは、新しいオントロジーが検証され、Synesis OneのOntology Databaseに追加された後に発生します。このプロセスでは、オントロジー登録のトラックが2つに分かれています。

  • Solana Blockchainに出所を保存する
  • メタデータ(canonicalなど)をAI企業(Mind AIなど)が管理する別のデータベースに保存する

Architecture

図11は、出自登録処理のアーキテクチャとフローを示したものである。

Process

オントロジー形成者は、自然言語による元の表現をパブリックブロックチェーン(オンチェーン)に不変に記録します。元データは自然言語の文字列(JSONファイルなど)で、インターネット上の正確な保存場所が暗号化され、IPFSアドレスで識別された別の集中型サーバーにクラウドで保存されます。IPFSプロトコルは、元のデータが分散ネットワークに保存されているため、不変であることを保証[i]します。ブロックチェーンには、データの作成者、時間/日付、IPFSアドレスといったデータの出所に関する基本情報(つまり、これを総称して出所と呼びます)しか残りません。

そして、対応するメタデータ(正規表現など)を個別に収集し、グループ化してオフチェーンサーバー上で稼働するAI専用のオントロジーデータベースに格納します。例えば、Mind AIエンジンは、自然言語の表現を構成するキーワードに解析し、それをカノニカルに定式化する。

この冗長かつ共生的なデータ保存の仕組みは、2つの機能を担っている。

  • 自然言語形式のオリジナルデータの不変性を確保し、メタデータが漏洩、紛失、損傷、ハッキングされた場合でも、正規表現を再構築することができる。
  • 中央のサーバーでデータ処理を行うオフチェーン処理により、AIシステム(Mind AIなど)がブロックチェーンでは実現できない高速な処理速度を持つことが確認できます。
[i] On IPFS, see IPFS documentation. IPFS Docs. July 5, 2021. https://docs.ipfs.io/.

AIシステムによるプラグイン・プレイ・モジュラーリティ

Synesis Oneは、AIシステム向けに自然言語ベースのオントロジーを提供するために設計されています。他のトレーニングデータセット(画像、音声、動画など)を求めるAIシステムは、まもなくSynesis OneをMind AIとシームレスに使用し、同じプラットフォーム上でオントロジーマイニング操作を同時に実行できるようになる予定です。

Solana

Synesis Oneは、まずSolana Netowrk(SOL)上に展開され、すべてのアプリケーションでクロスチェーン化を図るという長期的なビジョンを持っています。これには、データイールドファーミング用のSynesis DAOとNFT実装用のKanon Exchangeの両方が含まれる予定です。
SOLネットワーク上にあることで、低料金とブロックチェーン業界で最速クラスの取引速度が可能になります。

Meta-Data Database

Synesis Oneに接続されたAIシステムは、そのメタデータを独自のデータベースに保存します。このデータベースは、オントロジーデータベースやSolanaに登録されたすべてのプロヴァンスとは別に動作します。例えば、Mind AIのメタデータ・データベースは、そのネイティブなデータ構造であるカノニカルを保存する。技術的な詳細については、セクション 10 を参照してください。

最初の受益者、消費者としてのMind AI

Mind AIによるNLRエンジンは、Synesis One上で動作する最初のAIシステムとなります。Mind AIは、そのユニークなデータ要件に基づき、他の多くのNLP AIよりもはるかに少ないデータと計算能力を必要とします。Mind AIチームは、オントロジーの集約と保存を完全に分散化し、Synesis Oneを使用してWeb3互換にすることを計画しています。技術的な詳細についてはセクション 10 を参照してください。

Figure 12: This is the overall flow chart describing how a canonical is generated and used for Mind AI

エコロジーフロー その3:プリミティブインデックス化

概要

ここでは、Kanonとその技術的裏付けとなるPrimitive Indexingについて説明する。
Primitive Indexingは、クラウドソーシングされたオントロジーをKanonというオントロジー・プリミティブに変換する(詳細は5.7.項を参照)。このプロセスには、以下の可動部が必要である。

  • Synesis Metaverse – デジタルな人間の知識のメンタルマップ
  • Synesis Relevance Index – 最も頻繁にアクセスされるオントロジー・プリミティブの一覧です。
  • Synesis Relevance Index Score – オントロジー・プリミティブ(Kanon)の使用状況を示す指標です。
  • Kanon Exchange – KanonのためのNFTデータマーケットプレイス

Architecture

図13は、プリミティブインデックス作成のアーキテクチャとフローを説明したものである。

Figure 13: Architecture and Flow of Primitive Indexing

Process

図14は、カノンNFTの構築(ミンティングを含む)とインデックス作成のプロセスを具体的に示したものである。5.4 節と 5.5 節でその工程を説明する。

Figure 14: Process of Kanon Construction and Indexing

The Metaplex NFT Standard

カノンNFTとその基盤インフラは、すべてメタプレックス・スタジオ(通称「メタプレックス」)が提供するオープンソースツール群を用いて内部構築されます。Metaplexツールキットは、NFTクリエイターがSolana上でNFTを取引するためのマーケットプレイスを簡単に作成、立ち上げ、提供できるように設計されています。

メタプレックスは、2021年初頭の開始以来、短期間で圧倒的な支持を獲得しています。現在、大半のNFTプロジェクトがMetaplexを使って構築されており、MetaplexのドキュメントやGitHubページにあるメタデータや関連仕様は、Solanaブロックチェーン上のNFTの事実上の標準とみなすことができます。
これは、Metaplexを使用して構築されたNFTの鋳造時間が劇的に短縮されることに加え、Metaplex仕様に準拠するNFT作成者は、同じくSolana上で構築されている成長中のDapp開発者コミュニティとの互換性が保証されることを意味します。例えば、Metaplex仕様に準拠することで、NFTクリエイターの画像アセットやメタデータはSolanaの人気ウォレットで表示されるようになります。

Ethereumに詳しい方向けに説明すると、MetaplexはEthereum ERC-721およびERC-1155仕様に見られるのと同様の機能セットとメタデータ標準を実装しています。

Synesis Metaverse

Figure 15: Illustrative Depiction of the Synesis Metaverse

シネシス・レリバンス・インデックス(SRI)およびシネシス・レリバンス・インデックス・スコア(SRIS)について

シネシス・ワンは、キーワードを含むオントロジー(またはカノニカル)がMind AIエンジンによってどの程度の頻度でアクセスされ、各期間でどのように相互に関連しているかを測定するSRIS(Synesis Relevancy Index Score)によって、少なくとも1万語のキーワードをランキングしたリスト、SRI(Synesis Relevancy Index)を維持しています。
SRIは、リアルタイムでデジタル更新されることを除けば、ちょうど本の後ろの索引のような仕組みです。カノンの所有者は全員、SRIをさまざまなグラフで表示するオンラインダッシュボードにメンバー限定でアクセスできます。

各カノンには、SNSでネットワーク報酬を請求する権利が付与されます。各期間における請求可能な総額は、Synesis Relevancy Index Score (SRIS)によって決定されます。カノン保有者が報酬を請求するための資格の1つは、オントロジー・マイニングに参加して一定量の出力でSNSを獲得するか、オントロジー・マイニングに参加する人を紹介する(宣伝投稿をツイートする等)ことです。
シネシスワンは、ブロックチェーン上のKanonの総取引量の一定割合を徴収することにより、Kanon Exchangeで取引された場合、クリエイター・ロイヤリティおよび/または取引所プラットフォーム手数料という形で定期的な収益を得ることができます。

Kanon

Kanonは、オントロジーのプリミティブやキーワードを表す収集可能なNFTである。
すべてのオントロジープリミティブの総和は、Synesis Metaverseの総価値と等しくなります。
カノンを鋳造する目的は3つあります。

  • 最初の鋳造イベントとカノンの継続的な取引から収益を得る。
  • より多くのオントロジーを収集できるよう、カノン保持者に3種類のオントロジーマイナーのうち1つ以上としてオントロジーマイニングに参加するようインセンティブを与える。
  • シネシスワンのステークホルダー間のコミュニティ交流をゲーミフィケーション化し、その稼ぎ頭とリテンションを高める。

各Kanonには、一意のキーワードと、そのキーワードの意味を表すアルゴリズムで生成されたアートが埋め込まれます。

1 Inspiration

カノンコレクションは、夜空に輝く88の星座にちなんで名付けられ、最終的にコミュニティーの投票によって決定された数のカノンが造られる予定です。すべての言語をカバーするために、1つのコレクションにつき平均して少なくとも10,000個のカノンが造られる予定です。

各コレクションは、世界中のアーティストやアーティストグループによってキュレーションされ、ジェネレーティブ・アート・アルゴリズムを用いて各コレクションをデザインする特徴的な手法は、シネシス・ワンとカノンの歴史を通じて、コミュニティで記念され、賞賛されることでしょう。

2 The Design

図18は、Kanonのデザインの初期コンセプトの説明図である。カノンは、データと人間性が出会う場所です。カノンは、表現力豊かで芸術的なデザインです。私たちは、ハースストーン、遊戯王、ポケモンなどの人気トレーディングカードゲームをプレイするときに、ゲーマーが自分のトレーディングカードと感情的なつながりを持つように、カノンを持つすべての人が自分のカノンと感情的なつながりを形成することを望んでいます。

Figure 17: Online trading card game, Hearthstone
Figure 18: Concept design of a Kanon

3 Collectable

Kanonはコレクターズアイテムです。切手コレクションのように、歴史の中のある瞬間、英雄、あるいは記念する価値のあるもの、多くの人に大切にされるものを封じ込めます。カノンコレクションは、デジタルな人類の知恵とその進化を祝うためにデザインされています。

4 コミュニティへの参加と粘着性という社会的通貨

私たち個人の人間的な経験は、それぞれが話す母国語によって不可解なほど形作られています。ある言語を表すカノンは、同じ言語を話す所持者に、より多くの意味をもたらすでしょう。カノン保持者のコミュニティは、まずそれぞれの言語と文化の周りに形成され、コミュニティの娯楽や認識の対象となります。また、カノンは保有者間の社会通貨となり、シネシスワンは取引を止めることがありません。

5 Multi-Language Support

カノンは多言語で発行され、オンライン言語の多様性をサポートする予定です。そのため、どの言語を優先的にサポートするかは、SynesisDAOのガバナンス投票に委ねられることになります。この点の重要性を説明するために、この地球上では約6,500の言語が人類によって話されていることが知られていますが、オンラインで広く話され使用されているのはそのうちのごく一部に過ぎません。

ネットで使われている言語と実世界で使われている言語には、かなりのギャップがあるのです。例えば、北京語は13億人のネイティブスピーカーを持つ最も広く話されている言語ですが、Webサイトのわずか1.7%を占めるにすぎません。同様に、スペイン語を話す人は4億4,200万人いますが、スペイン語のウェブサイトはわずか5%にすぎません。Statisticaによると、上位1,000万件のウェブサイトの54%は英語で書かれています。オンライン上で一握りの言語が優勢であることから、科学者たちは、この多様性の欠如が世界中の言語の消滅につながると警告しています[i]。

Figure 19: Concept design of a Kanon in various languages
[i] McCarthy, Niall, and Felix Richter. “Infographic: Two Worlds: Languages IRL and Online.” Statista Infographics, February 21, 2019. https://www.statista.com/chart/14900/two-worlds_-languages-irl-and-online/. On efforts to save the world’s disappearing languages, see Strochlic, N. The Race to Save the World’s Disappearing Languages May 3, 2021. https://www.nationalgeographic.com/culture/article/saving-dying-disappearing-languages-wikitongues-culture

6 Release Schedule

カノンは、まず英語からスタートします。最初の1万個のKanon、Synesis Metaverse Aquarius Collectionは、BuilderとValidatorオントロジーマイニングプラットフォームの正式リリース日前に一般に鋳造される予定である。これは、水瓶座の時代を記念してのことでもあります。
第一弾は、推論エンジン「Mind AI」に接続されたメタデータ・データベースにおける使用頻度を推定し、英語の名詞と動詞を中心に収録する予定です。
Synesis Metaverse Aquarius Collectionのリリース後、変更を前提に、次のコレクションの内容とリリーススケジュールをアルゴリズム的に決定し、5.7.6.1項のメトリクスに基づいてSynesisDAOのコミュニティ投票で最終承認に推薦することが可能です。

  • A = メタデータ(正規)データベースに蓄積されたユニークなオントロジープリミティブ(またはキーワード)の総数
  • B = オントロジー・プリミティブごとの参照(または使用)回数(頻度)の総和
  • C = Kanonを保有するユニークなウォレットアドレスの総数
  • D = SNSを保有するユニークウォレットアドレスの総数
  • E = SNSとKanonを含むウォレットの合計市場価値(C + Dのすべて)
  • 接続されたウォレットあたりの平均シネシス価値(ASV)=E/(C+D)

Figure 20: Long-tail of ontology primitives and their usage (descriptive example)

すべてのキーワードはSRISによってランク付けされ、X軸上に左から右へのロングテール曲線が形成されます。この曲線は、左から右へSRISでランク付けされたX軸上の約1万個のキーワードのグループ分けになります。
5.7.6.1節で述べた条件が満たされるたびに、Synesis Oneは自動的に新しいKanonのコレクションを提案し、鋳造を行う。この提案は、SynesisDAOが雇用する言語学者によって一定の原始的なクレンジングが行われた後、コミュニティの投票によって承認され、完全なリリースが行われます。

7 Partnership with Digital Artists

シネシスは、カノンコレクションの制作やキュレーションに協力してくれる世界中の新進気鋭のジェネレーティブデジタルアーティストやアートコレクターと密接な関係を築いていく予定です。各デジタルアーティストやアート集団は、1つ(またはそれ以上)のコレクションの制作を手伝うことができ、そのユニークな芸術的サインは、コレクション全体に普遍的に組み込まれます。その貢献に対して、ネットクリエイター・ロイヤリティや他の支払い方法を要求することができます。ASV(Average Synesis Value per connected wallet)以上のSNSとKanonの合計金額をウォレットに保有していれば、流通市場で自分のシグネチャーコレクションのKanonから集めたネットクリエイターロイヤリティをSNSで永続的に受け取れる。

8 所有権主張可能な報酬の経済性

すべてのカノンは、その使用状況に応じて残余報酬を発生させます。
ただし、これらの報酬は航空会社のポイントのようなもので、一定の条件を満たした場合にのみ獲得または請求することができます。このユニークな特徴により、カノンは証券取引委員会対W. J. Howey Co., 328 U.S. 293 (1946) に基づくHoweyテストによる投資契約の定義では、証券ではなくユーティリティNFTになります[i]。
請求するには、Kanonの各保有者は、Web3ウォレットを使用してSynesis OneのメインオントロジーマイニングUIに接続する必要があります。変更される可能性がありますが、報酬を請求する前に必要なオントロジーマイニングの量は、セクション 9.3.3 の数式で決定されます。
ここで

  • C1はT >= 180日、TSV > ASVの場合に適用、それ以外はC2を適用 – 例えば、C1=10%、C2=15%。
  • R = SNSで獲得した請求可能な報酬の合計額
  • MV = SNSでの報酬請求に必要なオントロジー・マイニング出力の市場価値
  • t = 有効期限内に報酬の請求が可能な日数
  • Cx = 報酬請求に必要な徴兵係数またはBのパーセンテージ
  • T = 各Kanon保有者が自分のウォレットにKanonまたはSNSを保有する日数
  • ASV = 接続されているウォレットごとの平均シネシス値
  • TSV = 保有者のウォレット内の総シナジー値

運用開始から24ヶ月間は、変更を前提に、SynesisDAOの金庫の貸方・借方残高のどちらか一方のバランスを取るために、運用チームによって徴兵係数と関連パラメータが変更されます。
その後、SynesisDAOの正式サービス開始日から24ヶ月が経過し、SynesisDAOの国庫の総残高が過去の平均より50%下回った場合、変更を前提として、徴兵係数はSynesisDAOによるコミュニティ投票が行われることになります。

[i] SECURITIES and EXCHANGE Commission v. W. J. Howey Co. et al. 328 U.S. 293, full text available at the Legal Information Institute. Accessed July 30, 2021 https://www.law.cornell.edu/supremecourt/text/328/293.

9 採用の仕組み

カノンの所有者はすべて潜在的なオントロジー・マイナーである。
その報酬メカニズムは、すべてのKanon所有者がオントロジー・マイニングを行う動機となります。
しかし、SynesisDAO UIを通じてクランを形成し登録すれば、この要件を同じグループ内の他のメンバーに割り当てることができます。
このメカニズムにより、登録された各クランは、すべてのクランメンバーの集団徴兵義務のすべてまたは一部をプールすることができます。
この義務もCU(Conscription Units)で計測される。
クラン内の誰もが、他のメンバーに代わって必要なオントロジーマイニング作業をボランティアで行い、クランのCUを削減することができます。同じ意味で、クランに集約されたすべての主張報酬は、クラン全体が関与すればSNSでの報酬を最大50%多くブーストすることができる。
ブーストの機能は、採掘者間の協力と競争を動機付け、刺激することです。この適者生存の仕組みにより、より熟練した採掘師が報酬プールでより大きなシェアを獲得することもできます。
ブーストのレベルと量は、クロスロール・コラボレーション(同じクラン内のアーキテクト、ビルダー、バリデーターが協力すること)とオントロジー・マイニングのアウトプットとクオリティの量に依存することになる。

エコロジー・フロー その4:原始的なマネタイズ

概要

KanonをDeFiコンポーザブルアセットに変換する方法について説明します。
Primitive Monetizingは、AIデータを金融資産に変えます。その機能は、Synesis Oneに流動性を提供します。DeFi composabilityを通じて、私たちの思考や言語に蓄えられている隠れた価値を解き放つことでそれを実現します[i] Synesis Oneと他のデータマネタイゼーションプロトコルの主な違いは、実用性です。それには大きく分けて2つの道がある。

  • アトミック・スプリット
  • 担保に基づく資産変換(CAT)
[i] 0xjim. “The True Power of Defi: Composability.” Medium. Coinmonks, April 29, 2021. https://medium.com/coinmonks/the-true-power-of-defi-composability-14fe8355e0d0#:~:

Architecture

Atomic Split

アトミックスプリットは、カノンを、より小さいが価値の等しい、一定数の可換トークンに分割します。カノンは本質的に請求可能な報酬を集める資産なので、その価格はDCF(割引キャッシュフロー)分析を使って決定することができます[i]。分割は同じウォレット内で行われます。Kanon Exchangeに市場価格100 SNSのKanonがあるとします。その基礎となるオントロジー・プリミティブは英語のキーワードCosmosで、その市場価格は、DeFiの平均貸し借り金利で、永久にSNSで請求可能な予想報酬の割引合計を反映しています。カノンの保有者がアトミックスプリットを適用することを決定すると、次のようになります。

  • ステップ1:保有者は、元のカノンをSynesis One Atomic Split UIにステークし、いくつかのカノン(融通性のあるカノン)を選択する必要があります。この場合、保有者は10を選択します。
  • ステップ2:システムは、非可換カノンを、より小さく、同価値の10の可換カノンに分割します。各子カノンは、アトミック・スプリットの時点で、親カノンの元の額面価格の10分の1または10に相当する市場価格を取得します。
  • ステップ3: 分割完了後、保有者は9個の子カノンを保有し、シネシス財団は1個を保有することになります。
  • ステップ4:保有者は5つの子カノンをカノン交換所でUSDCと交換し、残りの4つの子カノンに関連する将来の請求可能な報酬の割合に応じて、ウォレットに保持します。
[i] For an overview of discounted cash flow, see https://www.investopedia.com/terms/d/dcf.asp

担保型資産変換(CAT)

CATはKanonを、通常はUSDCのような安定コインで、コンポーザブルなDeFiアセットに変えます。前節で使用したのと同じ例で考えてみましょう。

  • ステップ5:子カノン4枚を持つ同じ保有者が、子カノン4枚のうち2枚をNFT-to-DEFIボックスに賭けることを決定する。
  • ステップ6: ステーク時に、一般的な担保率は33.33%で、1つのSNSはRaydiumまたはSerum DEXの1.5 USDCにスワップされることができます。したがって、合計時価20 SNSの2つの子Kanonを金庫に担保することができ、プロトコルは10 USDCで同じユーザーをミンティングすることができます。以下はその計算です。
    10 USDC = 20 SNS * 1.5 USDC/sns * 33.33% です。
  • ステップ7:NFT-to-DEFIプロトコルは、2つの子カノンを担保に、保有者に毎月0.15%のサービス料を請求します。Kanonの市場価格が66%以上下落した場合、保有者はSNSをプロトコルに追加し、Kanonの価値と追加したSNSの残高に基づく総担保比率が33%以下になるようにしなければならず、さもなければプロトコルは担保を清算して保有することになる。
  • ステップ8:保有者は10 USDCを1,289%のAPYを獲得する0.01 Raging Bull Alphaインデックスコインにスワップします。彼女は30日間それを続けることを決定します。
  • ステップ9:保有者は、元の2つの子Kanonを取り戻すために、10 USDCと、SNSの2つの子Kanonの市場価値の0.15%の月額サービス料を支払う。保有者は、基本的に最初の出資額10米ドルを1ヶ月で2倍の20米ドルにしたため、元の2つの子Kanonから10米ドルの純益が得られました。

DeFiアプリケーションの可能性

Application #1:独自のボラティリティバランスを活用する

Kanonの最も興味深い点の1つは、AIデータの使用と合成可能性に基づく定期的かつ請求可能な報酬によるボラティリティの分散であると考えられます。オンチェーンデリバティブトレーダーが、逆のボラティリティ分散プロファイルを持つDeFi資産でポジションをヘッジしようとしているとしましょう。
Kanonは請求可能な残余報酬が期待できるキーワードなので、異なる値動きプロファイルを持つ何十万ものKanonを分析することが可能です。これにより、取引に望ましいボラティリティ分散プロファイルを集合的に作り出すことができる個別または固有のカノンのバスケットのカスタム仕立てが可能になります。
その粒度と多様性により、膨大な数のカノンが流通し、その市場価格がデジタル人文知識体系に接続されているため、多様な金融商品のセットを作成することができます。これは、高い取引コストを加えることなく、相関性の高いほとんどのDeFi資産に代わるものを提供します。
CVIファイナンスは、オンチェーン・ボラティリティ取引がDeFiで現実のものとなった初期の例です。

Figure 22: Trading screen of CVI Finance as of July 2021

Application #2:感傷のマネタイズ

もう一つの例は、意味的に類似した多くのKanonを集約し、DeFiインデックスに入れ、安定したトークンを獲得するための担保として追加し、イールドファーミングを行うことができることである。これらの類似したキーワードは、ある時間や季節における特定の感情や気分を表すことができ、これまで想像もできなかったような方法で、社会の集団的な気分や感情を収益化することができるようになりました。

エコシステム要素1:SynesisDAO

Intents

SynesisDAOは、SNSホルダーが運営するオンチェーンコレクティブです。シネシスワンが以下のミッションを達成できるように、コミュニティ投票による分散型ガバナンス構造を提供します。

  • 全人類にとって有益なものを作る。
  • AIのためのデータを誰でもアクセスでき、取引できるようにする。
  • 包括的で、安全で、社会的で、芸術的で、文化的で、競争的で、知的で、洗練されていて、楽しいことが大好きなユーザーエクスペリエンスを作りましょう。
  • 投機よりも参加を優先させる
  • 生計を立てるための真の機会を作ることで、それを大切にする。

Constituencies

オントロジーコントリビューター、データトレーダー、オントロジーコンシューマーがSynesisDAOを構成し、運営しています。SNSトークンの所有が参加条件となります。

  • オントロジーコントリビューターは採掘者です。今後2、3年で数百万人の採掘者がSynesis Oneに参加することを想定しています。当初は、収益のポテンシャルとコミュニティに惹かれるでしょう。
    その潜在的な規模を示す最良の例が、ClickworkerとScale AIです。彼らはクラウドソース主導のAIデータサービス企業で、レントシーキングの仲介役として活動している。Clickworkerは2.8M以上の登録ワーカーを抱えている[i] Scale AIは$7Bの評価額でシリーズE融資ラウンドを完了したばかりである[ii]。
  • アーキテクトは、より高い報酬を求め、企画力、コミュニケーション力、デザイン力など、より高度なスキルを持つマイナーを惹きつける、よりプロフェッショナルな役割といえます。ゲームデザイナー、ゲーマー、言語学者、教師、データサイエンティスト、文学、外国語、歴史、ジャーナリズム、執筆、人文科学の大学卒の人などがアーキテクトの役割を担います。アーキテクトの主な仕事は、AI企業と交流し、彼らのニーズを聞き、ビルダーとバリデーターのために特別なオントロジーキャンペーンをデザインすることです。デスクトップ版のアプリを使用することが多いようです。コミュニケーション能力とリーダーシップがより強く求められるでしょう。
  • Builderは、遊びながら収入を得たいと考えている人たちです。当初は、フリーター、ゲーマー、アルバイトを探している高校生や大学生、副業を探しているデジタルノマドなどが集まります。彼らの主な仕事内容は、ゲーム化されたモバイルインターフェースでオントロジーを提供することです。また、アプリが提供するテキスト、写真、ビデオのラベリング、アノテーション、カテゴライズも含まれる。入社当初は特別なスキルは必要ないが、経験値が貯まると、特定のデータ型、ドメイン、テーマ、AIエンジン、言語、文化に特化したクランに所属し、専門性を高めるビルダーもいる。
  • Validatorの場合、この役割は誰にでもできますが、より経験豊富で保守的な人には特に魅力的でしょう。より批判的な思考を持つ人が、この役割に適しているでしょう。これは基本的に、批評することを楽しみ、その対価として報酬を得る評価者の仕事です。主な仕事は、Buildersが提案したオントロジーを受け入れるか否かを決めることです。時には、Builderが提出したものを修正し、他のValidatorがレビューできるように改良したオントロジーを再提示することもあります。バリデーターは、最初は特別なスキルを持つ必要はありません。しかし、ビルダーズと同様に、それぞれの専門分野を超えて多くのクランを継続的に形成することで、専門性を発揮する機会があります。
  • データトレーダーは、カノンを収集し、一次市場と二次市場の両方でカノンを売買し、利益を得る人たちです。主なデータトレーダーの種類
    • DeFiの収量農家と投機家。
    • オントロジー・マイニング(Ontology miner):資産を担保にする必要がある。
    • Web3データ経済の未来に賭ける長期投資家。
    • 制度的に管理されているデータトークンやNFTファンド。
    • マーケットメーカー
    • オークションハウス
    • SynesisDAOトレジャリー、および
    • NFTコレクター
  • オントロジーコンシューマーは、特定のトレーニングデータを探しているAI企業やそのエコシステムのメンバーです。彼らのほとんどは、Web3以外のクラウドソーシングベースのデータサービスプロバイダーとすでに連携していることでしょう。彼らがSynesis Oneに参加するのは、より平等で費用対効果が高く、最終的にはより質の高いトレーニングデータが含まれるからです。彼らはデータ要件を満たすために、シネシス・ワン・アーキテクトのチームを社内で組み立てたり、管理したりすることになると思われます。
[i] “Our Clickworker COMMUNITY.” clickworkercom. Accessed July 30, 2021. https://www.clickworker.com/clickworker-crowd/.
[ii] Wang, Alexander. “Scale AI’s Series E: Deploying AI across Every Industry.” Scale. Accessed July 30, 2021. https://scale.com/blog/series-e.

経済全般

変更される可能性がありますが、オントロジー・マイナーとカノン・ホルダーに支払うために確保された総供給量の25%が、SynesisDAOの国庫の開始残高(SNS)となる予定です。
目標は、取引収入を得るために流通市場で利用可能な十分なカノンがない場合、オントロジー採掘作業から生じる最初の純損失を資金調達するために国庫(およびプリセールスの手続き)を使用することです。
エコシステムの形成期には、Mind AIからの収入はほとんどないものと思われます。十分なカノンの取引活動があれば、取引手数料はカノンの請求可能な報酬とオントロジー・マイニングの報酬を相殺することができます。

Figure 23: Primary Sources of Income and Expense for SynesisDAO Treasury

SynesisDAOの経済的健全性は、以下の台帳会計の純残高に依存します。

CREDIT (+)DEBIT (-)
トレーディングコミッション(TC)アーキテクト・サービス・リワード(ASR)
原子分割株式(ASS)ビルダー・サービス・リワード(BSR)
NFT-to-DeFiサービス料(NFSF)バリデータ・サービス・リワード(VSR)
DeFi Collateral Liquidation (DCL)オーバーヘッド(OpEx)
クリエイター・ロイヤルティ(CR)デジタルアーティストへのロイヤリティ分配(RS-DA)
AIオントロジー利用料(AOUF)カノンホルダーに請求可能な報酬(CR-K)
マイナーステーキングペナルティ(MSP)マイナー・ステーキング・インタレスト(MSI)

Where:

  • C = 国庫に流入する貸方または収入
  • D = デビットまたはトレジャリーから流出する費用
  • MVt = SynesisDAOの金庫に割り当てられたSNSの初期数の市場価値

Governance

プログレッシブ分散と確信犯的投票は、SynesisDAOのガバナンスの2本柱です。a16z の Jesse Walden は、開発者が集中的な開発と迅速な反復からコミュニティへの参加と所有に移行する方法について有用なプレイブックを作成し、早期トークン配布(規制当局の監視のリスク)や分散化が不十分であるという2つの落とし穴を回避しました(Jesse は「コミュニティへの出口」と呼んでいます)。[i] Synesis One チームは、段階的に分散化を進めていく予定です。

  1. 製品・市場適合性の追求
  2. コミュニティへの参画:開発者とコミュニティのつながりを作る
  3. コミュニティへの出口:製品グループのコントロールからコミュニティのオーナーシップへの移行

重要なことは、一度に一歩ずつ行うことです。さらに一歩進んで、根本的にシンプルにするために、私たちの分散型ガバナンスへのアプローチは、「お金に従う」ということに尽きます。
DAOは、物事を成し遂げるために人々にお金を支払う能力を獲得することなしに、自律することはできません。そして、財務的な持続可能性を達成するためには、お金を稼ぐことに徹底的に集中する必要があります。モチベーションの高いスタートアップの創業チームによる高度に集中化された意思決定が実行を加速させ、製品/市場適合性のための相互作用が収益性を達成する。12ヶ月間でC>Dでない限り、財務のための(図25参照。図 25: SynesisDAO Treasury の主な収入源と支出源参照)、SynesisDAO コミュニティ投票システムは正式には始動しません。設立チームは、財政的な持続可能性を達成することだけに集中します。
また、私たちのアプローチは、ステークホルダーに最良の富の創造機会を提供することで、参加型のコミュニティを育成することです。また、参加型のコミュニティとして、ステークホルダーに最高の資産形成の機会を提供します。SynesisDAOが行う最初の、そして最も重要なコミュニティの決定は、カノンの新コレクションのリリースです。投票者のみ、カノン新作コレクションの鋳造イベントにおいて、特別な購入者特典を受けることができます。
確信犯的な投票について、簡単に言うと、投票したい場合は、あなたのウォレット内のSNSとカノンの合計値が、直近180日間のASV(Average Synesis Value per Connected Wallet)と同じかそれ以上であることが条件です。

[i] Walden, Jesse. “Progressive Decentralization: A Playbook for Building Crypto Applications.” Andreessen Horowitz, August 2, 2020. https://a16z.com/2020/01/09/progressive-decentralization-crypto-product-management/.

エコシステムの要素2:Kanonの交換

Motivation

ここでは、カノンエクスチェンジについて説明します。
Kanon Exchangeの長期的なビジョンは、科学者や専門家のためだけでなく、大衆のためのNFTベースのデータマーケットプレイスになることです。

Figure 24: Conceptual User Interface of Kanon Exchange V1.

シネシス・ワンのデータ・トークンであるKanonは、純粋にデジタルで、集める楽しみがあることを除けば、REIT(不動産投資信託)の株のようなものです。本の著作権のようなロイヤリティを得る契約に似ていて、時間とともに価値が上がっていく。したがって、シネシス・ワンのチームは、データを、活発な取引のための専用の分散型市場または取引所(DEX)に値する資産クラスとみなしているのです。
Kanon Exchangeはそのアイデアを物理的に表現したもので、NFTベースの多様なデジタル資産取引プラットフォームへと発展していく予定です。

当初、Kanon ExchangeはWeb3環境におけるKanonのネイティブマーケットプレイスとして機能する予定です。また、Kanonは他の一般的なNFTマーケットプレイスでも取引できるようになり、強固なセカンダリーマーケットが形成される予定です。これに伴い、Kanon Exchangeは他のデータトークンの取引も順次行う予定です。Kanon ExchangeでのKanonの取引には、Synesis Oneの財務局が徴収する取引手数料の割引が適用されます。カノンの鋳造プロセスは、カノンを潜在的なカノン保有者の最も広いコミュニティに配布するために設計されたカノントークン生成イベント中に、スマートコントラクトを介して行われます。新しく鋳造されたカノンは、24時間タイムロックされたミステリーボックスに入れられ、二次取引のために完全にロックが解除されるまで、その保有者は内容を知ることができません。

収益モデル

変更される可能性がありますが、V1発売時点では、カノンエクスチェンジは2つの簡単な方法で収益を上げています。

  • プラットフォーム上で行われるすべての取引に対し、最大2.5%のプラットフォーム手数料を徴収しています。
  • また、Atomic SplitやNFT-to-DeFi vaultなど、DeFiに関連する様々な取引に対してサービス手数料を徴収している。

カノンエクスチェンジは、今後、他のNFTやゲームを追加することで、収益源を増やしていきます。

Gamification

Play-to-Earnは、ゲーミフィケーションの中でも、稼ぎやすさを向上させるための原動力となる考え方です。
目標は、カノンの最初の購入者を報酬によってオントロジー鉱夫に変えることであり、鉱夫の収益を使ってさらにカノンを購入し、このサイクルを繰り返すという圧力を生み出すことです。

Figure 25: Core Gamification Drivers of Play-to-Earn

このサイクルを回すために、4つの重要な取り組みがあります。

  • UI/UXです。 私たちはUI/UXを、シンプルでナビゲーションしやすく、かつ楽しくてソーシャルなものにデザインしていきます。メンバーがプラットフォーム上で自分の資産を見たり、取引したり、増やしたりすることが簡単にできるようにします。
  • コミュニティ コミュニティ運営は、常に燃料とメンテナンスが必要なエンジンです。これは、カノンエクスチェンジとSynesisDAO全体にとって、継続的かつ運営上のトップ3の優先事項のひとつとなります。
    私たちは、NFTのインフルエンサーと密接に連携し、成長とエンゲージメントを促進するための強力な金銭的インセンティブを提供することを意図しています。
  • マネタイズとセキュリティ 私たちは、韓国のItembayやItemania、米国のIGE(Internet Game Entertainment)やPlayspanなどの初期のゲーム内アイテムや通貨取引サイトからインスピレーションを受けています。
    また、これらのサイトのUI/UXは、マネタイズのしやすさとセキュリティに重点を置いています。
    年間平均取引額は数十億ドルで、流動性の低いデジタル製品の強力な二次市場として機能しています。ゲームパブリッシャーは、ゲーマーコミュニティの価値を無視し、レントシーキングと株主価値最大化のビジネスモデルを最大化することが多いため、主にゲームパブリッシャーによって管理されています。
  • 偶然ではなく、スキルのゲーム。私たちのUXの多くの要素は、リネージュ、World of Warcraft、World of Tanks、Rohan、League of LegendsなどのRPG/RTSゲームのコミュニティからインスピレーションを受けたものになります。これらの永続的なオンラインゲームをマスターするには、何百時間ものプレイ時間が必要で、コミュニティで競争力を維持するためには、社会人と同じレベルとゲーム内のスキルが求められることが多いのです。
    つまり、私たちのサイトをギャンブラーのためのオンラインカジノにすることはないのです。これは微妙な違いですが、デザイン上の重要な考慮点です。

Community Events

定期的なイベントや臨時のイベントが多数発生します。コミュニティ開発予算の最大50%は、Kanon、SNS、オントロジーマイニングに関連するインフルエンサー、クラン、およびその活動の支援に割り当てられる予定です。
また、「デジタル・ウェルス・クリエーション(Digital Wealth Creation)」という包括的なコンセプトにも重点を置いています。
私たちのコミュニティが、オントロジー・マイナーやKanonコレクター/トレーダーとして生計を立てることができるようになることを望んでいます。
これらのイベントのほとんどは、まずカノンエクスチェンジで発表され、オンラインで開催されますが、最終的にはコミュニティ主導のオフラインイベントやミートアップをサポートしたいと考えています。
NFTコミュニティの参加とイベントを成功させるための最初のインスピレーションは、BAYC(Bored Ape Yacht Club)から得ています。
BAYCは、オンラインとオフラインのコミュニティ参加(会員制のバスルームグラフィティ、オフラインミートアップ、メタバース内のオンラインクラブなど)とブランドとのコラボレーションを組み合わせています[i]。

Figure 26: Examples – BAYC community events in LA. [xiv]
[i] Chayka, Kyle. “Why Bored Ape Avatars Are Taking over Twitter.” The New Yorker, July 30, 2021. https://www.newyorker.com/culture/infinite-scroll/why-bored-ape-avatars-are-taking-over-twitter.
[xiv] Morgan. Bored Apes Convene in LA. July 21, 2021. Nftinvesting.io. Https://www.nftinvesting.io/bored-apes-convened-in-la-last-night-and-it-looked-awesome/.

エコシステムの要素3:報酬|変化するもの

Synesis Oneの報酬はすべてSNSで支払われます。報酬は、シネシスワンの経済エンジンの燃料となるものです。TGEでは、総供給量の25%が鋳造され、報酬に充てられる予定です。報酬は2種類あり、4つのカテゴリーで受け取ることができます。

Mining Rewards

マイニングの報酬は、アーキテクト、ビルダー、バリデーターに与えられます。

Mining Requirement

すべての採掘者は、SNSまたはAK(Active Kanon)のいずれかをステークしなければ、採掘の任務を開始できません。アクティブカノンの詳細については、セクション12.5を参照してください。

Release Schedule

報酬プールは20年間、追加供給なしでオントロジーマイナーのために報酬を供給する。年間の排出率は最終的にSynesisDAOの投票によって長期的に決定されます。最初の2年間は、V1のローンチから以下の排出率で報酬を提供します。

  • オントロジー・マイニング報酬に割り当てられたSNSのうち7%が、V1開始以降12ヶ月間にわたって公開されます。
  • オントロジー・マイニングの報酬に割り当てられた全SNSの3%は、最初の12ヶ月間に公開される予定です。

カノンオーナーシップ 請求可能なリワード

アクティブカノン(AK)保有者は、シネシス・メタバースにおけるオントロジー・プリミティブ(キーワード)の利用状況に応じて、報酬を請求することができます。

請求可能な報酬の条件

2つの要件が存在します。

  1. 保有者は、期間中にSynesisDAOが設定した最低限のオントロジーマイニングタスクを実行する必要があります。
  2. 保有する基礎となるKanonがアクティブであり、NPK(Non-Performing Kano)カテゴリーに該当しないこと。

請求可能な報酬の公開スケジュール

報酬プールは、20年間、追加供給なしでカノンホルダーに請求可能な報酬を供給します。年間の排出率は最終的にSynesisDAOの投票に委ねられますが、最初の2回の回収では、TGEで初めてカノンを購入した人への報酬として、以下の排出率を設定する予定です。

  1. Kanon Ownership Claimable Rewardに割り当てられた全SNSの7%がSynesis Metaverse Aquarius Collectionにリリースされます。
  2. Kanon Ownership Claimable Rewardに割り当てられたSNSのうち、3%は次回コレクションで公開される予定です。

エコシステム要素4:Mind AI

External link here: Mind AI’s Technical White Paper

エコシステムの要素5:シネシス基金

ここでは、Synesis Foundationについて説明します。

Synesis 財団のミッションは3つあります。

  • AIデータを公益のために倫理的に利用することを推進する。
  • ネットワーク価値を最大化するためのゲーミフィケーション
  • 知識・言語の多様性を支援する。

科学者、エンジニア、開発者、ゲームデザイナー、コミュニティビルダー、倫理学者、インフルエンサーに投資し、その使命を果たすために助成金を提供しています。

倫理委員会

倫理は、被害のリスクを最小限に抑えるために非常に重要です。シネシス財団の機能の中心は、学術界、非営利団体、シネシスワンコミュニティの各界から選ばれたメンバーで構成される倫理委員会です。メンバーは、財団が提案し、コミュニティの投票によって承認されます。この委員会は、AIデータの安全かつ倫理的な利用を保証することを任務とし、他のすべてに優先する上位の倫理的オントロジーの作成と成文化も行います。これらは、コミュニティに提示され、投票によって決定されます。

Key Value Proposition

当財団は当初、韓国のトップゲームスタジオを誘致し、オントロジーマイニング業務やカノンエクスチェンジのUI/UXを抜本的に改善することに重点を置いていく予定です。トップゲームデザイナーの才能を引き寄せるために、コンサルティング業務、助成金、奨学金、報奨金などが提供される予定です。
Synesis Foundationチームは、民主化は分散型または分散型データ所有と密接に関係していると考えています。そのため、当財団は、Synesis Oneのエコシステムをよりオープン、透明、かつ民主的にするシステムのカンファレンスや研究のスポンサーを務めます。当財団は、主要な大学、研究機関、非営利団体と協力することを計画しています。
バウンティプログラムを通じて、シネシス財団は、知識や言語の多様性をサポートするためにポジティブな影響を与えるオントロジーの収集やdAppsの作成を奨励する。例えば、教育に特化したオントロジーの作成を奨励し、テキストチャットの会話を解読して、教師があらゆる教科の生徒の苦悩をリアルタイムでよりよく理解できるようにするための報奨金が設けられるかもしれません。また、AIリソースへのアクセスが人類の問題解決に役立つ場合、シネシス財団は組織に直接働きかけを行う予定です。

デュアルトークンモデルの解剖学

Synesis Oneは、異なるミッションを持つ2つの相互依存的なオペレーションエリアを動かすために、デュアルトークンエコノミーシステムを採用しています。SynesisDAO + Kanon Exchange。

  • SNSは参加権、投票権です。SynesisDAOの動力源です。
  • Kanonは、報酬のある収集品です。カノンエクスチェンジに交換手段を提供します。

SNSとKanonは、オントロジーマイナーの全員が報酬を得るために作業を開始する前にステークしなければならないため、ユーティリティとワークのトークンでもあるのです。このステーキングの仕組みにより、非倫理的な行動や悪い行動を防ぐことができます。取り上げられたり、減らされたりする可能性のある担保です。反面、ステークされたすべてのSNSはステーク金利を獲得し、コントリビューターのパフォーマンスが悪いとペナルティで相殺されます。

Figure 24: Operational Areas of Synesis One

私たちのデュアルトークンシステムは、Synesis Oneのすべてのステークホルダーの参加と収益の可能性を刺激するように設計されています。そのために、オントロジーがクラウドソーシングされた時点から、それが利益のために取引され、さらにオントロジーのマイニングのために返却される時点までをつなぐ、直接的な循環ループを確立したのです。

On Synesis ($SNS)

SNSトークンは、保有者がSynesis Oneの未来を形作ることを可能にします。Synesis はギリシャ語の σύνεσις (soon’-es-is) に由来し、統一、良心、理性という、良いガバナンスのすべての資質を意味しています。
ネットワークが完全に展開され、財政的に持続可能な状態になった後、Synesis OneのガバナンスはSNSホルダーのコミュニティに引き継がれ、Decentralized Autonomous Organization (DAO)が設立される予定です。SNSホルダーは、新機能、言語、デジタルアーティスト、新しいKanonコレクションのリリースについて提案し、投票することができるようになります。
また、SNSホルダーは、オントロジーバウンティや上位の倫理的オントロジーの優先順位に投票することで、Synesis Oneの成長に影響を与えることができます。目標は、提案がエコシステムに利益をもたらすことを確実にするために、コミュニティの力を借りたガバナンスです。

インフレ指標|変更される可能性があります

報酬プールが当初の準備金の80%を使い切った後(つまり、200,000,000 SNSが使用された後)、SynesisDAOは、年間、当初の供給総量の2%まで鋳造することに投票し、オントロジー・マイナーとカノンホルダーに支払う報酬として使用することができます。

デフレの指標|変化するもの

SynesisDAO Treasuryの平均累積準備金残高がTGEでのオリジナル残高の50%以上を維持し、すべての運用経費が完全に支払われた場合、Synesis Oneが生み出す四半期利益の50%がブロックチェーン上で燃焼され、永久的に流通供給量を減らすことができるようになります。

On Kanon (KNN)

Kanonは、SynesisDAOによって構築されたWeb3 Data Utilityの小数所有権であるオントロジープリミティブです。また、ステイブルコインやラージキャップコインなどのコンポーザブルなDeFiアセットに変えることができるコレクタブルアセットでもあります。

Kanonsは2種類用意されます。

  • 不良カノン(NPK):連続12ヶ月以上、請求可能な報酬が発生しなくなったカノンです。このカノンは稼働停止とみなされ、純粋な収集品として残ります。これは、次のことを意味します。
    • オントロジーマイナーがNPKを担保にすることはできません。
    • NPKにAtomic Split関数を適用することはできません。
    • NPKにNFT-to-DEFI関数を適用することはできません。
  • アクティブカノン(AK):請求可能な報酬を積極的に生成しているカノンです(少なくとも年に1回)。 これは、次のことを意味します。
    • オントロジー・マイナーは、AKを担保にすることができるようになります。
    • NPKにAtomic Split機能を適用可能
    • NPKにNFT-to-DEFI機能を適用することができます。

最初の10,000個のカノンは、カノンエクスチェンジの最初のベータ版リリースと同時に鋳造される予定です。これは英語版のみです。その後、88の星座にちなんだ新しいカノンのコレクションをリリースしていく予定です。そして、各言語は最大88万個のカノンを持つことができます。現時点では、最初の3〜5年で、最も話されている上位20〜30言語をカバーする計画です。理想的には、現在約6,500語と推定される全人類言語をカバーすることを目指します。財政的な持続可能性を達成した後、新しいコレクションを鋳造するかどうかは、コミュニティの投票によって決定されます。

結論

以上でテクニカルライトペーパーを終了します。このペーパーは公開することなく更新することができます。本論文のいかなる部分も、完全な技術的および商業的実装の基礎となるものではありません。しかし、著者は執筆時点で最善の考えを述べようとした。従って、実際の実装はベストエフォートで行う。

Why?

Synesis One Ethos

参考文献

[i] Hao, Karen “Error-Riddled Data Sets Are Warping Our Sense of How Good Ai Really Is,” MIT Technology Review April 1, 2021, https://www.technologyreview.com/2021/04/01/1021619/ai-data-errors-warp-machine-learning-progress/.
[ii] Global AI training Dataset market forecast to 2030. YV Intelligence. (n.d.). https://www.yvintelligence.com/press-release/AI-training-dataset-market.html.
[iii] On IPFS, see IPFS documentation. IPFS Docs. July 5, 2021. https://docs.ipfs.io/.
[iv] The specifications of the ERC-1155 standard can be found at https://eips.ethereum.org/EIPS/eip-1155#abstract
[v] For an overview of the advantages of the ERC-1155 standard, see https://github.com/ethereum/eips/issues/1155
[vi] McCarthy, Niall, and Felix Richter. “Infographic: Two Worlds: Languages IRL and Online.” Statista Infographics, February 21, 2019. https://www.statista.com/chart/14900/two-worlds_-languages-irl-and-online/. On efforts to save the world’s disappearing languages, see Strochlic, N. The Race to Save the World’s Disappearing Languages May 3, 2021. https://www.nationalgeographic.com/culture/article/saving-dying-disappearing-languages-wikitongues-culture
[vii] SECURITIES and EXCHANGE Commission v. W. J. Howey Co. et al. 328 U.S. 293, full text available at the Legal Information Institute. Accessed July 30, 2021 https://www.law.cornell.edu/supremecourt/text/328/293.
[viii] 0xjim. “The True Power of Defi: Composability.” Medium. Coinmonks, April 29, 2021. https://medium.com/coinmonks/the-true-power-of-defi-composability-14fe8355e0d0#:~:
[ix] For an overview of discounted cash flow, see https://www.investopedia.com/terms/d/dcf.asp
[x] “Our Clickworker COMMUNITY.” clickworkercom. Accessed July 30, 2021. https://www.clickworker.com/clickworker-crowd/.
[xi] Wang, Alexander. “Scale AI’s Series E: Deploying AI across Every Industry.” Scale. Accessed July 30, 2021. https://scale.com/blog/series-e.
[xii] Walden, Jesse. “Progressive Decentralization: A Playbook for Building Crypto Applications.” Andreessen Horowitz, August 2, 2020. https://a16z.com/2020/01/09/progressive-decentralization-crypto-product-management/.
[xiii] Chayka, Kyle. “Why Bored Ape Avatars Are Taking over Twitter.” The New Yorker, July 30, 2021. https://www.newyorker.com/culture/infinite-scroll/why-bored-ape-avatars-are-taking-over-twitter.
[xiv] Morgan. Bored Apes Convene in LA. July 21, 2021. Nftinvesting.io. Https://www.nftinvesting.io/bored-apes-convened-in-la-last-night-and-it-looked-awesome/.

関連記事

  1. Stellar [XLM](ステラ・ルーメン)とは
  2. #STEPN ゲームが世界を喰う – そしてWeb3…
  3. ParaState、急成長中のブロックチェーンブリッジネットワー…
  4. PAID Ignition Launchpad: ティアシステム…
  5. TAP FANTASY METAVERSE
  6. SundaeSwap: 期待、混雑、そしてメインネットの立ち上げ…
  7. STEPN 世界初のmove-to-earn NFTモバイルゲー…
  8. BIT上場記念 BybitキャンペーンでBITを貰おう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

【MatometaX LINE公式アカウント】を開設しました✅

友だち追加

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。