ParaState

ParaState とは

Substrateでは、Ethereumと互換性のあるスマートコントラクトを一般的なプログラミング言語で記述し、より高速に実行することができます。
参加しているブロックチェーン上の開発者の財源で賄われる、分散型オープンソースのビジネスモデルです。

ETHEREUM ON STEROIDS

ブロックチェーンのエコシステムは進化しています。高い取引手数料と低い処理速度が開発者とユーザーの頭痛の種となっているEthereumなどの第二世代プラットフォームが被るさまざまな課題に対処しようとする新しい提案が日々業界で生まれています。

このような状況において、開発者がWeb 3.0の課題に対応できる柔軟なアーキテクチャを備えた堅牢なスマートコントラクトを使用することは、ブロックチェーン業界の長期的な成長と持続性を保証するために不可欠です。

Polkadot、特にSubstrateベースのソリューションは、来るべき課題に対応するための素晴らしい選択肢です。
その利点は多岐にわたり、最先端の言語で構築された強力なインターフェイスから高いトランザクション速度まで、Substrateフレームワークを使用して分散型アプリケーションを開発することの利点の一部です。

現在、PolkadotにはSubstrateフレームワークを使用して、Ethereumのスケーラビリティの欠如に内在する問題からdApp開発者を救済するソリューションがいくつかありますが、Substrate上に構築されたマルチチェーンプラットフォームであるParaStateは、Ethereum Virtual Machine(EVM)とEwasm(Ethereum風味のWebAssembly Virtual Machine)との完全な互換性をネイティブに提供する市場で最初で唯一のソリューションです。

ParaStateによるdAppsの相互運用可能なエコシステム

ParaState社は、サブストレートベースのSSVM仮想マシン用パレットを通じて、複数のチェーンでEthereum dAppsをシームレスに利用するための新たな可能性を開き、このビジョンを実現します。
ますます多くの開発者が、SSVMパレットがEthereumブロックチェーンに内在する以下のような現在の問題に対する解決策を提供していることに気付いています。

  1. 最速のdAppsにデプロイされたスマートコントラクトの実行時間を改善する。
  2. Ethereumとの互換性のためのサポートを統合したいと考えているあらゆるブロックチェーンプラットフォームとのSSVM仮想マシンの互換性によるマルチチェーンのサポートの提供。
  3. Substrate上に構築された技術によってサポートされ、Ethereum固有のスケーラビリティの問題を解決し、Polkadotが提供する高速性と低い取引手数料により、それらを過去のものとする。
  4. より良いUX/UI体験の提供。ParaStateは、ユーザーのニーズと行動を理解しています。DeFiに特化したdAppsのフロントエンドUIを、Ethereum互換のブロックチェーンを介して合理的な労力で展開することで、ユーザーフローを改善できる部分があります(サインアップ、アカウント管理、ウォレットの使い勝手)。
  5. その結果、DeFiはCeFiよりもParaState対応で簡単かつ安全に利用することができるが、真に経験の浅いユーザーを大幅に保護する技術に内在するリスクを回避することはできない。このようにして、UXの回復力という課題にうまく対応しています。
  6. 幅広い開発者コミュニティからのサポートにアクセスできる。DeFi分野に特化したアプリケーションのカスタマイズを可能にするドメイン固有言語(DSL)を含む、20以上のプログラミング言語で書かれたスマートコントラクトをサポートしているParaStateは、金融業界の起業家に優れたパフォーマンス、セキュリティ、サポートを提供します。

MetaversesからDeFiアプリケーションまで

ParaState社の技術に内在する技術力により、現在Ethereumで開発されているブロックチェーン技術のユースケースをPolkadotのエコシステムに拡大することができ、これらのアプリケーションのスマートコントラクトの実行が大幅に改善されています。

ParaState社のSSVM-Ewasm Substrateモジュールのおかげで、DeFi分野、ゲーム、サプライチェーンなどの特定用途のアプリケーションを作成することができるようになり、さらにはこのマルチチェーンプラットフォームを使ってメタヴァースを構築することも可能になると観測されています

さらに、インタラクティブなアプリケーションを作成するためのセマンティックウェブの開発における重要なインフラコンポーネントであるWebAssembly規格により、dApp開発者は、EVMを通じてこのエコシステムと完全な互換性を持ちながら、Ethereumの外にアプリケーションを展開することができ、業界で最も重要なdAppsエコシステムへの露出を失うことを避けることができます。

SSVMパレットを使えば、Ethereumネットワーク上のSolidityに組み込まれた既存のスマートコントラクトを変更することなく実装することができます。

また、開発者は、異なるコントラクトを扱うことなく、最先端のプログラミング言語を通じて異なるブロックチェーンプロジェクトを実行することができるため、最高のパフォーマンス・コスト比でParaStateに独自の統合を保証します。

ParaStateのSSVMパレットは、主要な非WebAssemblyランタイムソリューションよりも少なくとも10倍高速で、最高の総合性能を示しています。

したがって、例えばParaStateを使えば、中央集権的なマーケットプレイスの障壁が一切ないNFTマーケットプレイスを提供することができます。

  • PolkadotとEthereum、およびEthereumとの互換性を提供しようとしている他のチェーンの間で、アプリケーションと開発者のエコシステムの橋渡しをする。
  • Polkadotマルチチェーン上のパラスレッドへのアクセスを、安価な従量課金モデルで提供する。

Web 3.0ブロックチェーンゲーミングの開発において、Substrateブロックチェーンフレームワークを使用する開発者は、イーサリアム上のネイティブゲーミングdAppsを「スケール」し、最大のブロックチェーンエコシステムと互換性のある新しいアプリケーションを作成する能力を通じて、実質的な進歩を遂げています。

その結果は驚くべきもので、クライアント/エンドユーザー製品に特化したものとなっています。よりパワフルなダイナミックインターフェース、そしてイーサリアム・ブロックチェーン上のインタラクティブなスマートコントラクトのロード時間と実行が速くなっています。

これらの例は、業界におけるParaStateの可能性を示しており、ブロックチェーン業界の主要なdAppsエコシステムとの相互運用性が常に保証されているマルチチェーンプラットフォーム上で分散型アプリケーションを生成することへの、幅広い開発者コミュニティの関心の高まりを示しています。

About ParaState

Ethereumのステロイドと呼ばれるParaStateは、Polkadot、Substrate、Ethereumの間のアプリケーションと開発者のエコシステム、およびEthereumとの互換性を提供したい他のチェーンを橋渡しする、マルチチェーンのスマートコントラクトプラットフォームです。

ParaStateは、EVMパレットをサポートして既存のすべてのEthereumアプリケーションとのシームレスな互換性を提供する一方で、Ethereum風味のWebAssemblyという次世代のスマートコントラクト実装環境を開発者に提供しています。この2つのインフラは、ParaState上で相互に会話し、同じアカウントシステムを共有することが保証されています。

ParaStateネットワークをメタマスクに追加する

Network Name: ParaState

New RPC URL: https://rpc.parastate.io:8545

Chain ID: 123

Currency Symbol (Optional): STATE


Website | Blog | Twitter | Telegram | Discord | Facebook | Github

関連記事

  1. パラステート・ポルカドット・パラチェーン・オークション投票:あな…
  2. STAR ATLAS仮想宇宙でゲームプレイして稼ぐ方法
  3. Dtravel [TRVL] ホワイトペーパー
  4. Solice クロスプラットフォームVRメタバース とは
  5. Synchrony IDO 参加方法
  6. $BOBA トークンのエアドロップ情報
  7. ミームコインのチワワスワップを買ってみた
  8. BLOKPAD WILL CONTINUE!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

【MatometaX LINE公式アカウント】を開設しました✅

友だち追加

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。