Metaverse

Web3.0 レポート

新時代のインターネットワールド

まるで「都市伝説」の様な、新しい何かの時代がやってくる

WWW=World Wide Webが誕生してからインターネットの世界は驚異的なスピードで目覚ましい進化を遂げてきました。

2008年10月、Web2.0の世界が急速な拡大を続ける中、サトシナカモト氏の論文をきっかけに、それに賛同した複数の開発者が協力し、わずか3か月後にインターネットの世界にブロックチェーン技術を誕生させ2009年1月3日にビットコインのジェネシスブロック(最初のブロック)が生成されました。

ブロックチェーン技術によって誕生した、中央銀行や単一の管理者を持たないデジタル通貨(仮想通貨)ビットコインの仕組みやコンセプトは、これから訪れるWeb3.0・新時代のインターネットワールドの原点のひとつと言えるでしょう。

私たちは今、ウェブの進化における新たな局面を迎えています。
初期のパイオニアたちは、これをWeb 3.0と呼んでいます。

Web 3.0は、もともとWorld Wide Webの発明者Tim Berners-LeeがセマンティックWebと呼んだもので、より自律的で知的な、そしてオープンなインターネットであることを目指しています。

Web 1.0 (1989-2005)

一方向・中央主権

WWWが誕生し、電話回線を利用しダイヤルアップでインターネットに接続していた時代、インターネットにアクセスできる端末は限られ、情報も限られていました。
ユーザーは記事を投稿したりコメントをする事すらできませんでした。
WWWの誕生当時は検索エンジンやアルゴリズムも存在しなかった為、インターネット上の情報にアクセスする事は非常に困難な状況でした。

人類史上初のWEBページ:http://info.cern.ch/hypertext/WWW/TheProject.html 【World Wide Web】
(現在も当時のままの姿で閲覧する事が可能です)

1995年 【Windows95】が誕生

1999年 【ADSL】が普及開始(最大で下り50.5Mbps、上り12.5Mbps )

2002年 【BLOG】サービスが普及開始

2003年 【光回線】家庭用光回線サービスが登場(1Gbps)

Web 2.0 (2005-現在)

双方向・中央集権

ソーシャルウェブ(Web2.0)の時代に突入、ウェブ開発の言語(Javascript/html5/CSS3)等、技術の進歩によりUIが画期的な進歩を遂げ、ユーザビリティが格段に向上
【ブロードバンド】光回線の本格的な普及により、よりインタラクティブな時代へと突入
インターネット上に掲載される情報はテキスト⇒高解像度画像⇒動画へとよりリッチなコンテンツが増加

2005年 【Youtube】が誕生 ユーザーが簡単に動画を世界に向けて発信できる時代に

2006年 【Twitter】が誕生 のちに誕生するスマートフォンの普及と共にユーザーが増加、誰もが簡単にインタネットに情報を投稿できる時代に

2007年1月9日、のちに私たちの生活とインターネットライフを大きく変える事となる【iPhone】が正式発表
インターネットにアクセスできる端末は2007年6月29日に発売されたAppleの【iPhone】の誕生によって、スマートフォンが爆発的に普及し、だれもがいつ・どこにいても簡単にインターネットの世界にアクセスできる手段を手にしました。

1989年、インターネットのがこの世の中に誕生してから、わずか30年余りでネットの回線速度は驚異的なスピードに進化し、デバイスは小さく軽く早く、もはやPC等必要のないレベルまでに到達、インターネット上で配信される情報はより扱いやすく、より豊かに成長してきました。

しかし、爆発的な利用者の増加と共に私たちの生活に密着したSNSやクラウドサービス等も爆発的に普及「テックジャイアント」と呼ばれるGoogle・Amazon・Facebook・Twitter・TickTok等の企業に利用者が急増し、利便性の高いサービスを提供する巨大企業に情報が集中し、プライバシーの侵害や情報統制・言論統制の問題などが生じ、個人の権利や情報が毀損されかねないという課題が浮かび上がってきました。
さらにプラットフォームを提供する企業やそのスポンサーの都合に合わせた情報のコントロールも問題視されるようになってきました。

またそれらの企業は私達から収集した、情報をもとに莫大な利益を生み出しています。

Web 3.0( 新時代のインターネットワールド

多方向・非中央集権【分散型】

Web3.0の時代はよりインテリジェントでスマートに、そして安全な時代に

Web3.0のこれからの発展の中で最も重要なキーワードが【分散】です、これまでインターネット上で管理されてきた様々な情報は一部の中央集権的な企業の物でした。
Web3.0の時代は、情報は分散されたネットワーク上で管理され、ユーザーの情報は自信で管理する事が可能となり、高いセキュリティでより安全に情報の管理が可能となります。

その、分散ネットワークを支える技術がブロックチェーン技術です。
2008年に誕生した非中央集権なデジタルマネー、ビットコインの技術やコンセプトが、これからの時代の情報のあり方を大きく変化させ、支えていくこととなります。

これまで、大企業が莫大な利益を上げるために、利用されていた個人情報やユーザーがインターネット上にアップロードしている様々な情報は、ユーザーの手元に戻りユーザー自身の為に利用する事が可能となります。

WEB3.0の時代は、これまでの技術とブロックチェーン等の最新技術を融合し、最大限に活用した非中央集権的なインターネットサービス等の事を指し、権力や権利が分散され個人の意思や情報が守られやすくなると期待されています。

例えば、オンラインゲームの世界でも、これまではゲーム開発を行う企業がコミュニティの意思に関係なくゲームの開発・運営を行ってきました、Web3.0の時代ではDAOが取り入れられ、プレイヤーによるコミュニティがゲームの製作や運営に大きく関わる事が可能となっていきます。

STARATLASやILLUVIUM等のブロックチェーンゲームがその代表的な例です。

SNSでも、TwitterやYoutube・Facebook・Tiktok等、現在多くのユーザーを獲得していますが彼らは自社やスポンサーに有利な様に情報をコントロールする事が可能で、言論統制を行い、私達から得た個人情報やビックデータで莫大な利益を稼いでいます。

Web3.0の時代は、この様なWeb2.0の時代のSNSサービスから、ユーザーがそれぞれの立場で関わる事が可能な分散型SNSネットワークが構築され、これまで大企業が稼いできた利益は仮想通貨と言う形でで私たちユーザーに分配される時代が訪れます。

今ブロックチェーンの業界では、「〇〇〇toEARN」を語るプロジェクトが、次々と誕生しています。
ブロックチェーンゲームなら「Play-to-Earn」や「Move-to-Earn」
他にもシェアする事で、学ぶことで等、私たちの生活の一部の行動が報酬に繋がる様なプロジェクトです。

例えばMove-to-Earnなら、スマートフォンのGPS機能を利用して移動する事で仮想通貨を稼ぐことが可能な「Coin」や移動する事でアプリ上のペットを育てゲームをすることで仮想通貨を獲得できる「Genopets」等、多くのプロジェクトが誕生しています。

これまでGPSを利用したユーザーデータの収集は、大手通信キャリアや地図アプリや天気アプリを配信する企業が一応ユーザーの承諾を得て、データ収集を行い、そのデータを加工して販売する事で、企業は莫大な利益を稼いできました。
最近、ニュース等でよく見る主要駅の人出の調査データは、私たちのスマートフォンから集められ利用されているものです。

「あなたのDATAはあなたのお金!」

これからの時代は、ユーザーがデータの所有権を取り戻し、ユーザーが提供したデータによって収入を得る事が可能になるサービスがたくさん登場します。

WEB3.0時代はもう始まっている

WEB3.0の時代は、これまでの1.0や2.0の時の様に「インターネットが誕生した!」「スマートフォンが誕生した!」という様にわかりやすい変化はないかもしれません。

DeFi(分散型金融)やDapps(分散型アプリ)DAO(自律分散型組織)等、様々な形で、これまでの中央集権的サービスに変わるプロジェクトが次々と誕生し、すでに利用可能となっています。

ビットコインの誕生とともに生まれた非中央集権なイノベーションが進化し徐々に既存のシステムに浸透し取り替わりつつあります。

WEB3.0の時代は、分散ネットワーク(ブロックチェーンの様なP2P)技術・オープンソースソフトウェア・VR・IOT等の様々な技術や要素が融合して誕生する、よりユーザーに寄り添った便利で安全なインターネット環境になる事が期待されています。

WEB3.0時代に欠かせないAI技術の発展

私には夢があります。それはコンピューターがウェブ上のあらゆるデータを分析できるようになることです。データとは、コンテンツやリンクを初めとする人間とコンピューターのやりとりです。これを可能にするセマンティックWebは、まだ実現できていません。しかし今後セマンティックWebが誕生すれば、貿易や役所の手続きから普段の生活まで、日常の仕組みが機械同士の対話によって実行されるようになるでしょう」

Tim Berners-Lee

この文章は、ワールド・ワイド・ウェブのシステムを発明したコンピューターサイエンティストのTim Berners-Lee氏が1999年に書いたアイデアです。

WEB3.0は機械学習を行う人工知能【AI】を活用した次世代のインターネット技術です。

インターネットの世界をAIによって、よりインテリジェントに、ユーザーを支援するスマートなプログラムを実行する事によって、人間に近い知能で情報処理を行い、ユーザーに寄り添った対話に近いコミュニケーションが取れるシステムに進化する事を目指しています。

現在ウェブサイトは一般的に、静的な情報や、フォーラムやソーシャルメディアを初めとするユーザー主導のコンテンツで構成されています。情報を広く伝達することができる一方で、個々のユーザーのニーズを満たすことができない可能性が残されています。ウェブサイトはもっとユーザーのニーズに合わせるべきです。実際の人間のコミュニケーションと同様に、動的であるべきだということです。

その目標を達成する為には、スマート検索のアルゴリズムの進歩、ビックデータの分析をさらに進展させる必要があります。

  • 分散型ネットワーク
  • 情報の相互持続性の向上
  • ユーザーとの親和性の向上
  • デバイスの進化と多様化

様々な分野の技術革新が融合し、Web3.0の時代は訪れます、そしてその以降はもう始まっています。

近い将来、AIロボットと人間との自然な会話が出来る日は近いかもしれんせん。

新しいインターネットは、よりパーソナルでカスタマイズされたブラウジング体験、よりスマートで人間らしい検索アシスタント、その他、より公平なウェブの確立に役立つと期待される分散型の利点を提供します。
これは、個々のユーザーが自分のデータの主権者となる権限を与えることによって達成されるものであり、一度導入されれば、無数のイノベーションのおかげで、より豊かな全体的な経験を作り出すことができます。

Web 3.0が必然的に到来するとき、スマートデバイスがすでに私たちの行動パターンを変えてしまったことを考えると、それを想像するのは難しいですが、インターネットは私たちの日常生活に飛躍的に溶け込むようになるでしょう。

オーブン、掃除機、冷蔵庫などの家電製品からあらゆる種類の交通機関まで、通常はオフラインのほぼすべての機械がIoT経済の一部となり、その自律型サーバーや分散型アプリケーション(DApps)と対話し、ブロックチェーンやデジタル資産などの新しいデジタル領域を進めて、21世紀の無数の新しい技術の「奇跡」を後押しすることになるだろう。

関連記事

  1. ISLANDER’S TESTNET EVENT: 参加方法
  2. DotPadとは・IDO/ホワイトリスト登録
  3. Solice クロスプラットフォームVRメタバース とは
  4. RAYDIUMでステーキングする方法
  5. holoride-$RIDE パブリックセール概要・KYC登録方…
  6. BlueZilla IDO ホワイトリスト登録 一覧
  7. Dtravel [TRVL] ホワイトペーパー
  8. Soliceが4.36Mドルを調達し、Solana上に初のクロス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

【MatometaX LINE公式アカウント】を開設しました✅

友だち追加

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。