【WEB3.0】

【STEPN】メタバースの展開と今後の可能性

本連載の過去2回で、メタバースの実態とブロックチェーン上の位置づけについて解説してきました。(その1その2)

今日、メタバースの構築には非常に多くの作業が行われており、熟練した暗号ネイティブの方々を驚かせることさえあるかもしれません。私たちはメタバースの基盤を構築しています。これらの技術はすべて、巨大な新しいデジタル宇宙のビルディングブロックとなるでしょう。

この記事では、Eコマース、オフィス、教育、コンサート、eスポーツなど、特定の業界における現在の動きと将来の可能性に焦点を当てます。

E-Commerce

ここ数年、特にCovid-19の大流行以降、eコマースの普及率が急上昇していることは、驚くには値しないでしょう。人々は衣服やスポーツ用品、さらには食品や雑貨などの物理的な商品を購入する。

デジタル製品も例外ではありません。デジタル製品も飛ぶように売れており、ゲーム用スキン業界は2022年に500億ドルに達すると予測されています。物理的、有形的価値のない産業の価値を疑う人もいるかもしれませんが、米国の消費者の70%にとって、自分のデジタル・アイデンティティは物理的なものと同じくらい重要であることを考えれば、それは理にかなったことなのです。

Web2オンラインショッピングは、ゲームを変えた。実店舗を持たずとも、誰でも起業できるようになったのです。ユーザーにとっては便利だが、実店舗のように歩いて見て回ったり、親切な販売員と話をしたりすることはできない。

メタバースは、従来のショッピングとWeb2ショッピングの長所を組み合わせ、eコマースの全く新しい可能性の領域を切り開く。3Dバーチャルアバターを通じて、口調やボディランゲージによるセールスマンシップが再び重要な意味を持つようになる。最高のセールスマンが勝ちますように。

例えば、Enviro Galleryは、アーティストが自分の作品を展示できるバーチャルなアートギャラリーです。もちろん、アーティストはオンラインショップで自分の作品について素敵な文章を書くことができます。しかし、Enviroでは、アーティストが自分の作品やその背後にあるインスピレーションについてゲストと会話することができます。ここでは、個人的なタッチが販売につながるだけでなく、そのアーティストの忠実なファンを獲得する可能性もあるのです。

ファッションや高級ブランドは、すでにデジタルグッズの価値を見出しています。バレンシアガは、バーチャル・ゲーミングの世界であるフォートナイトの中でデジタルブランド商品のラインをリリースし、その結果、ブランドのGoogle検索が急増した。グッチは、Robloxでバーチャルなディオニソスバッグを発売し、後に4,000ドルで転売されたが、これは現物を上回るものであった

バーチャル・メガモールが開発され始めています。The Mall of the EmiratesとCiscoのコラボレーションにより、デジタルモールでの「未来型ショッピングの旅」であるThe Store of the Futureが開始されました。デジタル・スクリーンが買い物客を迎え入れ、匿名の顔分析に基づいて表示内容をパーソナライズし、モールを探索しながらオーダーメイドの商品発見の旅を可能にする、没入型体験の実現を目指している。また、この基盤技術は、訪問者数、人口統計、フットフォールヒートマップ、センチメント分析などのデータを収集します。これらのデータは、消費者の行動を把握し、顧客体験を向上させるために活用されます。

このように、メタバースにおけるEコマースは、ファッション大手、個人商店のオーナー、そして買い物客に利益をもたらすことがわかります。また、販売の役割も活性化し、販売員の雇用も創出します(中略)。実際、McKinseyのレポートでは、メタバースでのEコマースは2030年までに2~2.6兆ドルの産業になると予測しています。

Offices

2020年のロックダウンから生まれた最大の勝者の一人は、ビデオ会議ソフトウェアを提供するZoomであった。ZoomのCEOであるEric Yuan氏は、在宅勤務は今後も続くと断言している。オフィスワーカーはこの発言に心から賛同するが、チーム内の結束力の欠如、社員の「Zoom疲れ」、モチベーションの低下など、疑問の声も聞かれる。

この議論に明確な答えがあるわけではありませんが、近いうちに必要なくなるかもしれません。マイクロソフトはVR/ARプラットフォーム「Mesh」をTeamsと統合し、メタはVRミーティングスペース「Horizon Workrooms」を発表するなど、非常に多くの企業がメタバースをソリューションとして捉えています。

ここで賞金の匂いを嗅いでいるのは、技術大手だけではありません。スタートアップ企業も競ってVRオフィスやミーティングスペースを作っています。これは、バーチャルオフィスが持つ巨大な未来を反映しています。

Education

メタバースは、教育分野でも大きな可能性を秘めています。k20 EducatorsのCEOであるVriti Saraf氏は、学生がアバターを通じて3Dの人体に入り、生物学を探求できるようにする例を挙げている

また、VR技術は、外科医の訓練生が脳を手術したり、消防士や兵士のシミュレーショントレーニングなど、リスクを伴わない専門的なトレーニングを可能にする。

Concerts

小さな町や国の音楽ファンは、コンサートやフェスティバルに参加するために遠くまで行かなければならないことに慣れ親しんでいます。しかし、数年後には、VRヘッドセットを装着するだけで、興奮した観客と一緒に好きな曲を演奏することができるようになるかもしれません。

これは、アーティストにとっても非常に意味のあることです。興味深いことに、お金の大半はライブやイベントを通じて稼がれており、2018年の市場規模は22億1,000万ドル(約3,000億円)です。

COVIDパンデミックの際、アーティストはその後、オンラインやバーチャルコンサートに目を向けました。

いくつかの例を挙げます

  • Travis ScottがFortnite内で歴史的なコンサートを行い、何百万人ものファンが小惑星の衝突、水中探査、宇宙旅行などを含むアドレナリンに満ちた体験をしたのは有名な話です。
  • ジャスティン・ビーバーはWave上で最新アルバムを演奏し、輝く太陽に照らされた仮想の草原で大勢のファンに囲まれました。
  • 世界的に有名なDJであるBamBamとDimitry & Like Mikeが、2022年8月に開催される新しいVR音楽フェスティバル「Hypetype」でプレイすることが決定しました。
  • スヌープ・ドッグは、シングル「House I Built」のミュージックビデオをメタバース「The Sandbox」内で完全に撮影し、2022年にバーチャルコンサートを開催する予定です。

それでも、バーチャル・コンサートは、アーティストが商品を販売することを可能にしている。スウェーデンのポップスター、Zara Larssonは、Roblox内のバーチャルコンサートで、ゲーム内の服などのデジタル資産を数百万ドル分販売した。例えば、Travis ScottはコンサートでNikeのバーチャルスニーカーを履いている。

eSports events

eスポーツの世界大会は、しばしば盛大に開催されます。高い技術を持つゲーミングプロが壮大なスタジアムで戦い、その戦いは巨大な液晶画面に映し出され、悲鳴を上げるファンたちの前に姿を現す。2017年、Riot Gameが開催した「League of Legends World Championships」のオープニングセレモニーでは、あぜんとするファンの上を、驚くほど巨大なドラゴンが舞い上がったこともありました。もちろんこれはVRであったが、ゲーム業界内の境界突破の連鎖を物語るものである。

ESTNはすでに独自のブロックチェーンeスポーツアリーナを立ち上げており、誰でも自分のゲームトーナメントを作成・開催することができます。賞金は同社の金庫に保管され、スマートコントラクトによって分配されます。

没入型体験を次のレベルに引き上げるという点では、メタバースが次の論理的ステップとなる。スクリーン上でライブゲームを見るだけでなく、実際に戦場に足を踏み入れることができるのです。トップチーム同士の試合を観戦しながら、弾丸が飛び交う城を走り回る(もちろん、プレイヤーには見えない)なんてこともできるかもしれません。このあたり、どのような展開になるのか、大いに注目したいところです。

Conclusion

この記事を読んで、ブロックチェーンとVR技術がメタバース構築に向けてどのように応用されているのか、読者の皆様にご理解いただけたと思います。メタバースはゲーマーというニッチな層だけでなく、複数の既存産業にも適用可能な技術です。

課題はありますか?VRゴーグルを1日8時間装着して仕事をし、そのあと4時間ソーシャルやゲームをしたい人はいないでしょう。しかし、私たちはVRに限らず、「コンピュータ技術やウェアラブルによって生成される現実と仮想の複合環境と人間と機械のインタラクション」すべてを指す拡張現実(XR)にも取り組んでいます。この分野の進歩はすでに目覚ましく、例えばアップルのARキットは、自分の周りの現実世界にデジタルデータを織り込んで見ることができる。現実世界と仮想世界を融合させた複合現実(MR)と呼ばれるバランスの取れたアプローチが、メタバースの進むべき道であることが示唆されているのです。

開発といえば、メタバースの今後の成長は、まさに爆発的なものになるでしょう。相互接続性とコンポーザビリティというテーマを通じて、メタバースはすべてつながり、互いの上に構築されることになるでしょう。これによって、イノベーションが自ら促進される世界が生まれます。

STEPNでは、間違いなくブロックチェーンに関する先駆者です。メタバースが私たちにもたらす将来の可能性と、それが私たちのユーザーにもたらす機会について考えることは、信じられないほどエキサイティングなことです。

Developments & Future Possibilities in the Metaverse

関連記事

  1. BLOKTOPIA JOBE の参加方法
  2. Web3.0 レポート
  3. クリプト用語: STEPNとその先
  4. XANA最新情報[2022年2月21日]
  5. Synesis One オフィシャルテクニカルライトペーパー
  6. MetaverseGG
  7. 【STEPN】Part 2:未来をつくる、成長の脚本を書き換える…
  8. Metawear: メタバースで何を着ればいい?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

当BLOGの更新情報・IDO/IGO/IEO/エアドロップなどの最新情報をTelegramでお届けしています。
チャンスを逃さない為にも、是非【MatometaX テレグラム】にご参加ください。

【MatometaX LINE公式アカウント】を開設しました✅

友だち追加

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。