STEPN

MOOAR ローンチパッドの特徴

STEPNやMOOARに関する最新情報は常に公式アカウントから入手するように心掛けましょう!
STEPN公式アカウント一覧
MOOAR公式アカウント一覧

近年、Web3が注目されるようになり、開発者やアーティストなど多くのクリエイターがこの領域に参入しています。
しかし、彼らはエコシステムに関連した製品を持っているかもしれませんが、誰もあなたの製品を知らなければ、関連性はほとんど意味を持ちません。
これは多くの開発者に当てはまることで、技術を構築することには優れていても、製品を効果的にリリースするために必要なマーケティングの専門知識が不足しているのです。

そこで登場するのがローンチパッドです。
特に近年、ローンチパッドは、プロジェクトの立ち上げを支援するだけでなく、初期導入を促進するために十分な注目を集める手段として、これらの新進クリエイターの間で人気を集めています。
その結果、ローンチパッドは、これまでの贅沢品から、プロジェクトを成功に導くためのユビキタスな存在へと変化しています。
では、STEPNが独自のNFTマーケットプレイス兼ローンチパッドであるMOOARを創設した場合、既存のエコシステムの中でどのような役割を果たすのでしょうか。それを見てみましょう。

ローンチパッドの仕組みは?

シンプルなコンセプト

コンセプトはシンプルで、マーケティングやバックエンドのサポートを行いながら、プロジェクトの製品リリースを支援することです。
一見簡単そうに見えますが、表面下ではもっと多くのことが行われています。これは、NFTとトークンの両方のローンチに当てはめることができます。

Binance Launchpadを例にとってみましょう。2021年6月に立ち上げられ、すでに予備的な成功を求めるプロジェクトにとって頼みの綱となっています。

Binance Launchpadが提供するもの:

  1. セキュリティ – 最先端の技術を持つバイナンスは、ユーザーの資金だけでなく、プロジェクトオーナーの安心感も保護します。
  2. サポート – バイナンスは、トークノミクスでチームを支援し、起動後の資金管理に関する戦略的なアドバイスも提供します。
  3. 露出 – 最大の暗号取引所であるバイナンスは、プロジェクトに多くの目を向け、より広いオーディエンスにリーチを提供することを保証します。

ローンチパッドの仕組みは簡単です。Binanceの場合、4つのフェーズで構成されています。

準備Preparation): ユーザーはBinanceのネイティブトークンであるBNBを保有し、興味のあるプロジェクトに捧げる必要があります。BNBの保有数が多ければ多いほど、チャンスは高くなる。
サブスクリプションSubscription):準備の後、ユーザーは保有するチケットに応じて割り当てられます。各チケットは、NFTを購入するチャンスを意味します。
計算Calculation):申し込み完了後、チケットの抽選を行い、当選したチケットにNFT購入の権利が与えられます。
分配(Distribution):当選者からそれぞれの資金が差し引かれ、負けたチケットはすべてBNBが払い戻されます。

これらすべてを通じて、プロジェクトオーナーは、ローンチのためのロジスティクスが完全にケアされることを保証され、製品の出荷に完全に集中することができます。

MOOARも同様の戦略で、STEPNのガバナンストークンであるGMTを通じて、ユーザーがお気に入りのプロジェクトに投票できるようにしようと考えています。しかし、後ほど紹介するように、ひとくふうがあります。

Launchpadのエコシステム

もちろん、Binanceは巨大なローンチパッドの一例に過ぎない。
この空間は、他の多くのローンチパッドで構成されています。
例えばSolanaエコシステムでは、NFTローンチの著名なプレイヤーとしてRaydiumMagicEdenが挙げられます。

大手とローンチすることのメリットは数え切れないほどありますが、ある種の欠点があることも確かです。
例えば、バイナンスのローンチパッドの注意点は、半成熟(中規模)のプロジェクトだけがショートリストに載るチャンスがあることです。
つまり、新しいプロジェクトにはチャンスすら与えられないのです。
そこで、小規模のローンチパッドが輝きを放つのです。
小規模なローンチパッドは、構築を開始するために必要な資金を得るのに苦労する可能性がある小規模なプロジェクトを支援することができます。

All that glitters is not gold/きつね色に光るものは金ではない

ローンチパッドには複数の利点があることは明らかですが、特にユーザーにとっては相応の欠点があることも確かです。そのいくつかを見てみましょう。

徹底した審査の欠如

クリプトネイティブは、Balloonsville・ラグを思い起こさせるだろうが、このラグが空間に多大な恩恵を与えたと主張する人もいます。
知らない人のために、バルーンビルは2022年2月に戻って非常に熱いプロジェクトで、Twitterとdiscordでより大きな支持を得ていました。
そのMintの直後、それはMintの価格の4倍以上のフロア価格に爆発した。

その後、ハンマーが落とされました。プロジェクトオーナーはプラグを抜くことを決定し、これがラグであることを発表しました。
しかし、このプロジェクトのオーナーは、他の多くのラグプルのようにただ消えるのではなく、Balloonsvilleのツイッターアカウントを使って、マジックエデンの粗悪な審査プロセスを訴え、本人確認書類を提出しないことが許されたから逃げられたと、非常に薄っぺらい言い訳をしたのでした。
そのオーナーは、以前にもラグプル(doodled dragons)を発売していたことまで暴露されました。
しかし、今回は違う。資金がマジックエデンに残っていたのは、オーナーがこのスペースに良いことをしようとしていることを示唆していたのかもしれません。

このように、審査は飛躍的に改善されましたが、それでもまだ不完全であり、ラグパルは時折その隙間から抜け出してしまいます。

ローンチパッドでミントの分割が進む

Launchpad経由のローンチは手間がかからない反面、プロジェクトはミントの収益の一部をLaunchpadと折半する必要があるというデメリットがあります。
このため、プロジェクトは、launchpadを経由して立ち上げることが最適な選択であるかどうかを判断するために、デューデリジェンスを行うことが不可欠となるのです。

Get-rich quick/一攫千金

ローンチパッドのもう一つの側面は、ギャンブルのインセンティブを提供することです。
これは特にBinanceの場合にそうで、ユーザーはコミットしたBNBの量に応じてチャンスが割り当てられます。
これは、加入者のかなりの部分が、通常、すぐに利益を得るためにそれを転売させるためだけに参加していることを意味します。

転売で何倍もの利益を得られる可能性があるという前提は魅力的ですが、特にNFTの価格がミントプライス以下に下落した場合、プロジェクトのブランドイメージにとって良いとは言えないかもしれません。
特に、NFTの価格がミントプライス以下になった場合、プロジェクトのブランドイメージに悪影響を与える可能性があります。

MOOARでより良い環境を

STEPNは、マーケットプレイス/ローンチパッドを立ち上げることを決定し、そのマーケットプレイスでは、取引手数料0%のサブスクリプションモデルを採用しています。

STEPNは、特にローンチパッドに関して、ユニークなアプローチをしています。他の多くのローンチパッドとは異なり、MOOARは2-3ヶ月ごとに1つのプロジェクトのみをローンチすることに集中することを選択しました。
このように1つのプロジェクトにリソースを集中させるのは、プロジェクトが成功するための準備がすべて整っていることを確認するためです。

毎週何十ものプロジェクトが生まれ、その多くが適切なリソースの欠如や全体的な計画の甘さからほとんど軌道に乗らないという状況の中で、これは新鮮な変化であり、選ばれたプロジェクトが成功するために自由に使えるすべてを持つことがほぼ保証されるからです。

では、具体的にどのようにプロジェクトが選ばれるのでしょうか。
2〜3カ月に1度(いわゆるシーズン)、テーマが発表されます。
このテーマは、その時期にどのようなNFTのプロジェクトを立ち上げようとしているのか、その範囲を規定するものです。
「猫」のようなシンプルなものから、「星に手を伸ばそう」のような抽象的なものまであります。

テーマが決まったら、そのテーマでプロジェクトを立ち上げたいと思った人は、MOOARに申請書を提出し、その資格とアイデアを徹底的に審査されます。
承認されれば、ユーザーが投票できるプロジェクトのリストに掲載されます。

Voting/投票

投票は直感的に行えます。ユーザーはGMTでチケットを購入することができます。
チケットの価格はプロジェクトによって設定され、10GMTから100GMTの範囲で設定することができます。

最も多くの票を獲得したプロジェクトがそのシーズンの勝者となり、MOOARはローンチ成功のために必要なすべての手配をします。

このプロセス全体は、前述の通り、収益を得るために質より量に頼る他のローンチパッドとは全く異なるものです。
MOOARのローンチパッドは、クリエイターがローンチのための高額な費用を節約できるだけでなく、MOOARのチームから明確なサポートを受けられる可能性があります。

MOOARが、質の低いプロジェクトやキャッシュグラビング(ラグプル)が横行するこの業界に、新たな先例を作るチャンスだと信じています。

ローンチパッドはNFTスペースにおいて不可欠なツールであり、常に確かなローンチパッドへの需要があります。

多くの人が STEPN の NFT 市場への進出に懐疑的なのは当然ですが、1つ確かなことは、チームの技術力がそれを物語っていることです。
多くのプロジェクトが本物のムーブメントの認証に苦労している M2E 空間で、STEPN はどの競合他社よりもずっと先を進んでいます。

STEPNの参入は、クリエイターとユーザーの双方にとって、長期的に有益なものになると確信しています。
まだまだこれからが本番ですが、傍から見ていても非常に面白いショーになりそうで、どんな展開になるのか楽しみです。

関連記事

  1. Genopets FitnessFiを開封。Web3 とフィット…
  2. STEPN、GMT獲得プランの提供を開始
  3. [Move-to-Earn]アプリ STEPN β でNFTを無…
  4. STEPN アプリアップデート情報(2022年2月19日)
  5. Walkenとは Public Beta開始【Bybit上場決定…
  6. GigaSpace GIGI — MOOAR Launchpad…
  7. STEPNの使命は、Web3への架け橋となることです。
  8. MOOAR、STEPNを超える$GMTのユーティリティを創出

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

【MatometaX LINE公式アカウント】を開設しました✅

友だち追加

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。