【Move-to-Earn】

STEPNガイド 社会的健康/Social Health

COVIDのパンデミック以来、世界中の人々が自分の幸福や健康にますます関心を寄せるようになりました。しかし、健康は一面的なものではありません。以前にも書きましたが、身体的、感情的、精神的、社会的など、あらゆる側面を含んでいるのです。

最近では、ほとんどの人が身体的、精神的な健康に注目しています。そして、それは素晴らしいことです。自分の体をケアし、定期的に体を動かすことは素晴らしいことです。そして、自分の精神的、感情的な状態を把握することも、同様に非常に重要です。

しかし、多くの人が見落としているのが、社会的な健康状態です。私たちSTEPNは、この状態にもっと注意を払わなければならないと考えています。

今日は、社会的健康についての私たちの哲学を説明し、それがあなたの全体的な幸福にいかに不可欠であるかを深く掘り下げます。ソーシャルヘルスは決して見過ごせないものなのです。また、私たちの最新のSTEPNEMBERチャレンジについても同時に説明します。

Rewind

まず、背景を説明します。COVIDの期間中、世界中の人々はロックダウン中にスクリーンの後ろに座り、社会的に孤立し、孤独になっていることに気づきました。物理的な距離のルールによって、私たちは恋人や友人から遠ざかっていました。また、リモートワークへの移行に伴い、他者との交流はますます少なくなっていきました。

実際、このパンデミックによって、もうひとつの双子の疫病、つまり世界中で孤独感が高まっていることが、いくつかの報告で明らかにされています。

  • アメリカの成人を対象とした全国調査では、36%が調査前の4週間に「頻繁に」「ほとんどいつも」「いつも」孤独を感じるという孤独感を経験したと回答しています。若者の61%、幼い子供を持つ母親の51%がこのように回答しています。
  • 若年層は最も大きな打撃を受けています。孤独感が増したと答えた人の約50%が、数週間前に「ほんの数分以上」、その人が「本当に心配してくれている」と感じられるような方法で自分の様子を尋ねてくれた人がいなかったと回答しています。
  • 高齢者も孤独と闘っている。高齢者の場合、健康状態の悪化により、社会との接触が少ないことが大きな問題となっています。高齢者の約4分の1は社会的に孤立していると考えられ、43%が孤独を感じていると報告しています。

Beyond COVID

パンデミックだけが原因ではありません。他にもさまざまな要因が、私たちの孤独感を高めているのです。

例えば、近年でも、教会などの精神的なコミュニティは、私たちのコミュニティのかなりの部分を構成していました。しかし、現在、宗教の普及率は激減しています。教会に所属しているというアメリカ人の数は急速に減少し、1999年には70%だったのが、今では半分以下になっています。多くの人々は孤立した核家族で暮らしており、COVIDはこうした孤立を悪化させるだけでした。

さらに、ソーシャルメディアと24時間365日のオンラインサイクルは、これまで以上に多くのつながりを生み出しているように見えますが、浅い交流と「いいね、コメント、購読」時代の台頭は、深い関係やより親密な接触に取って代わられてしまっているのです。研究者によると、人は孤独を感じたときにソーシャルメディアに頼るものの、実際には他人と自分を比較し、幸福感を感じないために、より孤立し、孤独を感じることが分かっています。

こうしたことから、私たちは歴史上最も孤立した世代であると言われており、若い世代ほど孤独を感じる割合が高いことが報告されています。Z世代の79%以上が孤独を感じていると回答し、ミレニアル世代の71%以上が同じように感じていると報告しています。ミレニアル世代の5人に1人が「友達が全くいない」と答えているという驚くべき統計もあります。

Social animals

これは深刻な問題です。

なぜか?人間はもともと社会的な動物です。私たちは、部族や村落、つまり友人や家族とのつながりやサポートが豊富な活気あるコミュニティーの中で進化してきました。

その結果、私たちは文字通り、社会的な関係を築くように仕組まれているのです。私たちにはミラーニューロンがあり、互いの感情を無意識に、そして即座に一致させることができるのです。私たちは本能的に共感的で思いやりがあり、他人の痛み、特に愛する人の痛みに同情を覚えます。

他者とのつながりが希薄な状態が長く続くと、さまざまな領域で深刻な健康被害が発生します。

神経学的にも、その影響は数多くあります。マサチューセッツ工科大学の科学者たちは、10時間ひとりでいると、10時間食事をとらないのと同じように脳が活性化することを発見しました。長期の孤独は、うつ病、アルコール依存症、児童虐待、睡眠障害、人格障害、アルツハイマー病など、さまざまな精神疾患と関連しています。
私たちは社会的な飢餓状態に陥っているのです。

肉体的にも、孤独は心血管疾患、炎症、糖尿病、高血圧のリスクを高めると言われています。実際、社会とのつながりが強い人は、弱い人に比べて、一定期間生存する可能性が50%高くなります。

ニューヨーク・タイムズ紙は、社会的に孤立した人は、社会的に満足できる関係にある人に比べて、今後7年間に死亡するリスクが30%高いという研究を引用して、社会的孤立が私たちを殺している、と書いている

これを数値化すると、その犠牲は莫大なものになる。キアラ・バーリナとアンドレス・ロドリゲス=ポーズは、私たちの「孤独の蔓延」の代償は、経済的に有害な結果をもたらすと書いている

「第一に、孤独を感じる人や一人暮らしの人が増えることで、新しいアイデアやイノベーションの開発の中心である対人関係や対面での交流が減少する可能性があります (Storper and Venables 2004)。

第二に、孤独に悩む多くの人々は、経済活動に従事することをためらうかもしれない。

第三に、異なる形態の孤独は信頼を損ない、地域の経済成長にとって重要な要因とされている橋渡し的ソーシャルキャピタルの形成を妨げるかもしれない(Muringani et al.2021)。」

みんなで一緒に?経済学者によると、孤独のコストはオーストラリアだけで年間27億ドルという途方もない額だそうです。その他の国では、アメリカ人で年間約9600億円と推定しているアナリストがいます。オランダでは、孤独に関連した健康問題の治療ケアにおよそ310億ユーロが費やされていると専門家は述べている。

Community, community, community

ここSTEPNでは、孤独の蔓延は世界で最も差し迫った問題の1つであると信じています。私たちが最初にアプリを立ち上げたとき、私たちはこの大流行の渦中にあり、世界中で孤独の痛みとその影響を目の当たりにしていました。

STEPNは、人々が家から出て、スクリーンから離れ、近所の人々とリアルなつながりを作り、新しい友人を作り、身体的・精神的健康だけでなく、社会的健康にも取り組めるような後押しを作りました。

数え切れないほどの研究によると、良い社会的サークルを持つ人々は、ストレスに強く、病気からの回復力が高く、免疫システムが強く、一般的に終始幸福であることが分かっています。

私たちの使命は、世界をより幸福で健康的な場所にすることです。この目標を念頭に置き、私たちは#STEPNEMBERシリーズのチャレンジの一環として、ソーシャルヘルスに焦点を当てた最新のチャレンジ「Best Running Friends Forever」を開始しました。

しかし、確かに素晴らしい月でした。ユーザーからの感動的な投稿を目の当たりにして、チームの多くが涙を流しました(もちろん、喜びながら)。私たちは、厚い絆で結ばれているコミュニティに心から感謝し、この世界に引き換えたいと思います。

では、また次回。

Team STEPN

The STEPN Guide to Social Health

日本のSTEPNコミュニティでも沢山のMEETUPが開催されています
是非ご参加ください

関連記事

  1. STEPN NFTスニーカーの選び方③【SHOEBOX】
  2. XANA メタバース最新情報
  3. BLOKPAD $BPAD TOKEN を1月28日にローンチ…
  4. STEPN ホワイトペーパー 最新版② [2022年11月1日 …
  5. STEPN ウィークリーAMA【2022/03/26】
  6. Open Letter : STEPN and APE Real…
  7. Arenum 最先端のeスポーツ・プラットフォーム
  8. Genopets FitnessFiを開封。Web3 とフィット…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

【MatometaX LINE公式アカウント】を開設しました✅

友だち追加

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。