STEPN

【STEPN】歩きやすい街をデザインする

良いデザインはシンプルですが、決して簡単なことではありません。

私たちの生活に日々影響を与えながら、普段はあまり意識することのない「生活環境」。どうすれば、より健康に、より幸福に、より長生きできる都市をデザインできるのでしょうか。そのひとつが、「歩きやすくする」ことです。

STEPNの北極星

ここSTEPNでは、ウォーキングの経験を補完し、強化するための製品を設計しています。暗号通貨で運動に報酬を与えることで、屋外でより多く動くことを奨励するエコシステムを作りました。

私たちが行っていることの前提は、簡単です。屋外を移動する。暗号を手に入れる。クリプトのネイティブでない人も、友人や家族に助けられ、散歩に友人を連れてきて一緒にクリプトを稼ぐことに熱中しています。結局のところ、セールスポイントはシンプルなのです。

今、月間アクティブユーザー数は300万人を突破しました。これまで以上に多くの人がSTEPNを使って外を歩くようになりました。私たちは、より多くの人々が屋外で大切な人と一緒に過ごしながら、ステップを踏めるようになることを楽しみにしています。

また、屋外に出る人が増えることで、街の新しい魅力を発見する人も増えています。今まで行ったことのないエリアを発見したり、長年住んでいる家のすぐ近くに見たことのないものがあって驚いたり、そんなユーザーの声をたくさん聞いています。

このような発見はすべて素晴らしいことです。しかし、それと同時に、多くの人が、あまり良くないことも発見しています。

自動車の歴史

アメリカでは、クルマは王様的な存在になりがちです。では、どうして自動車が世界を支配するようになったのか、少し話を戻してみましょう。ヒントは、自動車メーカーにある。

自動車が普及する前は、道路は公共のオープンスペースで、子供もお年寄りも、誰もが好きなように歩き、のんびりと散歩を楽しむことができたのです。それが、20世紀初頭になって、自動車メーカーが商品として十分に安価になり始め、街を歩く人々は自動車と空間を共有しなければならなくなったのです。

そのため、歩行者の死亡率が上昇し、自動車との衝突で毎年何万人もの人が亡くなっている。その結果、反自動車運動家が立ち上がり、自動車に反対する署名を始めた。1923年、シンシナティに住む4万2千人の市民が、自動車に対して時速25マイルの制限を求める速度禁止令に署名した。

自動車メーカーは、このような規制が行われることを恐れて、この措置に反撃した。自動車メーカーは、このような規制が行われれば、売れ行きが悪くなることを知っていた。時速25マイルしか出せない車を誰が買いたいと思うだろうか?そして、次に何が起こるかわからない。時速15マイル?そうなれば、彼らは廃業に追い込まれる。

そこで、自動車メーカーが活動家に反撃し、勝利した。自動車メーカーは、自分たちの力を知って、自動車ではなく、歩行者を制限する法律を制定するためのロビー活動に全力を注いだ。例えば、信号無視のような交通法規を制定し、車が人を避けるのではなく、人が車を避けるように仕向けた。

信号無視は、自動車メーカーが総力を挙げて取り組んだ重要なキャンペーンであった。警察には、信号無視をする人を叱るように働きかけ、口笛を吹いたり、大声を出したり、女性が歩道から出られない場合は、歩道まで連れ戻したりもした。例えば、1924年のニューヨークの安全パレードでは、T型車の前でピエロに信号無視をさせ、何度も何度もピエロにぶつけるといったマーケティング・キャンペーンを行った。

このような自動車メーカーの努力は、やがて連動して成果を上げ始める。歩行者は脇役に追いやられ、やがて自動車が道路を支配するようになった。

現在、私たちはクルマ好きな国民になりました。92%以上の世帯が少なくとも1台の自動車を所有していると回答し、2020年時点の登録台数は2億7,600万台以上となっています。

その結果、私たちの都市設計は明らかになりました。私たちは自動車を優先し、自動車、バス、トラックなどのために特別に用意された大きく広々とした道路を使用しています。8車線の巨大な高速道路が都市を横断し、公園や近隣の地域を切り開いています。その一方で?歩行者は、文字通り、脇に追いやられているのです。私たちが歩かなければならないのは、狭い歩道だけなのです。

私たちの健康への影響

これは、私たちの健康にとって深刻な害となる。私たちの都市は、緑地がほとんどないコンクリートジャングルと化しています。歩道があっても、大気汚染と騒音で汚染された車道のすぐ隣にあります。

調査によると、都市部に住む10人のうち9人近くが大気汚染の影響を受けており、心血管疾患や呼吸器疾患などのリスクを高めていることが分かっています。また、自分では感じていなくても、緑地が少ない環境は精神衛生に深刻な影響を及ぼします。研究者たちは、都市部に緑地が多い都市では、実際に早死を防ぐことができることを発見しました。

さらに悪いことに、都市は車のために設計されているので、歩く道が不快であれば、外に出て歩くことはあまりありません。運が良ければ、公園や森林地帯の近くに住み、日常から離れることができるかもしれませんが、ほとんどの人はそれほど幸運ではありません。

世界人口の58%以上が都市に住んでおり、その数は増える一方です。アナリストは、2050年までに都市居住者が68%に急増し、さらに25億人が都市部に加わると予想している。

これは膨大な数の人々です。そして、STEPNの主な目標の一つである世界人口の健康と幸福を確保したいのであれば、より良い都市を設計する必要があるのです。

歩きやすい都市をデザインする

新しいプロダクトや家具をつくるとき、デザイナーはさまざまな疑問を抱きます。例えば、簡単に直感的に使えるか?美しくて、他の環境の邪魔にならないか?そして、誠実で、長持ちし、環境にやさしいか?

これらは、何世紀にもわたって美しくパワフルなデザインの指針となってきたデザインクエスチョンです。アップルのジョニー・アイブから有名なディーター・ラムスまで、工業デザイナーはアイテムの形と機能の両方において要求を満たすエレガントなソリューションを創造しています。

なぜ、私たちは都市づくりに、より優れたデザイン思考を注ぎ込まないのでしょうか。

私たちは、住環境のデザイン方法を再構築しようとする優れたプロジェクトをいくつか調査しました。

世界各地のこれらのプロジェクトは、私たちの主要な交通手段である自動車を駆逐し、美的で長持ちし、環境に優しい、人間優先の(自動車優先ではない)都市を作るために活動しています。

15-minute City.

15分都市は、住民が日常的に必要とする場所に徒歩や自転車で15分以内に行けるような地域をデザインしようという都市プロジェクトのコンセプトです。

レストラン、カフェ、食料品店、学校、医院などが含まれる。ミラノ、マドリッド、シアトルなど、世界中の多くの都市でこのコンセプトが採用され始めています。毎日のすべての用事をこなすだけでGSTを稼げるなんて、想像してみてください。

Culdesac.

Culdesacのビルダーは、アリゾナ州テンペに車のない居住区をゼロから作り上げています。この居住区は現在建設中で、今年2022年にオープンする予定です。

Copenhagen.

コペンハーゲンは都市であり、プロジェクトではないが、世界で最も歩きやすい都市のひとつである。市民の90%以上が車を使わず、半数以上が毎日自転車で通勤しています。市民が定期的に体を動かしやすいので、世界で最も幸せで健康的な都市の1つにしばしばランクインするのも納得がいきます。

Closing Thoughts

ここSTEPNでは、世界の人々が再びもっと動き出すためのパズルのほんの一部(強力であっても!)であることを理解しています。私たちの心身の健康は低下しており、COVIDは家に閉じこもり、社会的に孤立するような不健康な習慣を定着させただけです。

私たちのミッションに沿ったプロジェクトに光を当てることは非常に重要であり、人間にとってより良い、より歩きやすく、より健康的な都市を設計することは、私たちが心から信じていることです。より多くの都市が、もしかしたらあなたの都市も、車よりも歩行者を優先するデザイン原則を採用することを期待しています。

Designing Walkable Cities.

関連記事

  1. Geminis Networkとポルカドット・パラチェーン・オー…
  2. ゲームエコノミーに関するSTEPNのアクションプラン
  3. GMTで土地を購入し、ギガスペースでSTEPNシティを建設する。…
  4. BitDAO x MISO Airdrop Bonus 請求方法…
  5. STEPN WHITEPAPER②
  6. STEPN、GMT獲得プランをローンチ
  7. STEPN ホワイトペーパー ① [Feb. 4, 2022]…
  8. MOOARのローンチとNFTマーケットプレイスの歩み

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2022年 7月 11日
コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

【MatometaX LINE公式アカウント】を開設しました✅

友だち追加

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。