ByBit Launchpad

Symbiosisとは

Symbiosis 101

Symbiosisは、Metamask等のウォレット上で、チェーン間のトークン・スワップを可能にする、マルチチェーントークンスワップを可能にするシンプルなソリューションを提供しています。

Symbiosisは、分散化されたマルチチェーン流動性プロトコルです。
ユーザーは資金の唯一の所有者でありながら、すべてのチェーン間でトークンを交換することができます。

Symbiosis Finance (SIS) Bybitローンチパッド概要

計算期間: 2021年11月27日午前9時00分 ~ 12月2日午前8時59分(日本時間)

コミット期間: 2021年12月2日午後0時30分 ~ 午後7時59分(日本時間)※7時間半のみ

配布期間: 2021年12月2日午後8時 ~ 午後8時59分(日本時間)

SIS/USDT上場日時: 2021年12月2日午後9時頃予定(日本時間)



Symbiosisプロトコルは、以下の要件を満たしています:

  • UniswapのようなシンプルなUX追加のウォレット:
    長い待ち時間、スワップを進めるための余分なステップはありません。
  • 完全に分散化されている:
    中央機関がSymbiosisプロトコルを停止させたり、ユーザーのアクセスを検閲することはできません。
  • 相互運用性:
    市場で注目されているすべてのチェーンを接続します。私たちの究極の目標は、すべてのネットワークを橋渡しすることです。
  • 非拘束性:
    誰も(シンビオシスチームも含めて)ユーザーの資金にアクセスできません。
  • 無限のクロスチェーン流動性:
    すべてのチェーンで可能な限り多くのトークンペアを対象とし、任意のトークンペア間のスワップに最適な価格を提供します。

What is under the hood/ ボンネット内の様子

Symbiosisプロトコルのハイレベルなスキームがあります。

  1. フロントエンドとは、ウェブインターフェイスやモバイルアプリケーションのことです。シンビオシスが連携するネットワーク上の資産に関する情報を収集し、スワップのための最適なルートを構築し、ユーザーの署名やネットワークへの取引の送信を支援します。
  2. クロスチェーンリクイディティエンジンは、シンビオシスが連携するすべてのチェーンに配備されたスマートコントラクトのセットです。クロスチェーンリクイディティプールとオフチェーンルーティングメカニズムを集中的に運用し、すべてのチェーンでAMMのリクイディティを利用できるようにしています。詳細はこちらをご覧ください。
  3. 中継者ネットワークは、分散型カストディアンのP2Pノードネットワークです。中継者は、各チェーンのクロスチェーン流動性エンジンが発するイベントを聞き取り、各イベントについてコンセンサスを得て、取引に署名し、適切なチェーンに送信します。詳しくはこちらをご覧ください。

SIS Token

SISは、Symbiosisのプロトコルトークンです。イーサリアム上に展開され、以下の目的で使用されます:

  • 中継者ネットワークのノードを動かすためのステーキング。
  • シンバイオシスのDAOおよびDAOトレジャーの管理。

SIS Tokenomics

Swap Lifecycle

以下のスキーム1は、AMMのクロスチェインプールを介したクロスチェインの交換を示しています:

ユーザーがチェーンAのトークンX(BSCのCAKE BEP20)をチェーンZのトークンY(EthereumのUNI ERC-20)に交換したい場合、Symbiosisのプロトコルは以下のように動作します。

  1. このチェーンのネイティブまたは安定したコインへの最適なルートを見つける。
  2. ネイティブ/安定型トークンへのスワップを進めます。
  3. 当社の集中的な流動性プールにあるネイティブ/安定トークンを、宛先チェーンのネイティブトークンのラップバージョンと交換します(BUSD->sUSDT)。
  4. ブリッジスマートコントラクトにトランザクションを送信し、デスティネーションチェーン上でオリジナルトークンをリリースする(Ethereum上でUSDTをアンラッピング)。
  5. Relayerネットワークはブリッジ・スマートコントラクトのイベントを監視し、イベントが発生するとコンセンサスを形成するプロセスを開始します。
  6. コンセンサスが得られると、RelayerネットワークはMPC手順を開始し、このトランザクションのTSS署名を形成します。
  7. リレーヤー・ネットワークはブリッジ・コントラクトのTSSトランザクションを送信し、宛先チェーンのトークンをユーザー(USDT)にアンロックします。

Symbiosys [SIS] FAQ

ビジョン・製品

なぜシンビオシスに関心を持つべきなのか?
私たちのビジョンは、ユーザーが流動性をマルチチェーンに移動させるためのシンプルなソリューションを必要としているということです。ブリッジのような現在のソリューションは流動性の断片化を引き起こし、エンドユーザーにとっては簡単なことではありません。
それでは、Symbiosisとは?
私たちは、マルチチェーンの世界にはUniswapのような使いやすいソリューションが必要だというビジョンを持っています。
このようなソリューションは、すべてのチェーンであらゆるトークンの交換を可能にし、ユーザーは他のAMMやブリッジを探す必要がありません。
おもしろいけど、どうやって使うの?
説明の起点はここ

Swap Lifecycle

 

中継ノードとステーキング

リレイヤーとSymbiosis対応ネットワークについて、さらに詳しい情報を教えてください。
リレーヤーとは、分散型P2Pネットワークにおいて、組織や個人が運営する特定のソフトウェアのことで、誰にも所有されていません。このソフトウェアは、あるブロックチェーン上の取引を聞き取り、他の中継者と合意に達し、別のブロックチェーン上のスマートコントラクトを呼び出します。中継者は、ユーザーの資金を保有することも、ネットワークを介して送金することもありません。
Symbiosis対応ネットワークは、中継者のネットワークであり、誰にも支配されず、P2P方式で運用されているため、すべての中継者ノードは平等です。このネットワークにはリーダーは存在せず、シンビオシスのチームも管理していません。
ブリッジオペレーター(中継者)は、ブロックチェーンをブリッジすることで報酬を受け取るのですか?
ブリッジオペレーターは、ブリッジを行うことで報酬を受け取ることはありません。
しかし、中継者のコンセンサス配分の一部として報酬を受け取っています。
ブリッジングのためのガス料金を誰が支払っているかというと、ユーザーから事前にチャージされたガス料金をリレイアが支払っています。
現在、Symbiosisプロトコルでサポートされている、またはサポートされる予定の互換性のあるブロックチェーンは何ですか?
技術的には、Symbiosisプロトコルは以下のようなチェーンをサポートすることができます。
・L1/L2 EVM互換ブロックチェーン(適切なSolidityバージョンを使用)
・WASMブロックチェーン(Solana、Terra)

実際には、市場で人気が出て、ユーザーに評価されたブロックチェーンをサポートしていきます。
新しいブロックチェーンの統合には法的なリスクがあるため、統合する前に法律顧問に相談します。

サポートしているチェーン:
・イーサリアム(Rinkeby)
・Binance(Testnet)
・Polygon(Mumbai)
・Avalanche(Fuji)

近日公開予定:
・Solana
・Huobi Eco Chain (Testnet)

SIS DAO

Symbiosis DAOとDAO Treasuryを統治

誰がDAOのガバナンス提案を提出できますか?
トークン保有者は誰でも(そしてトークン保有者だけが)ガバナンス提案を提出することができます。トークンをStakingコントラクトに賭けることができます。
トークン保有者は、議案に投票する前に自分のトークンをステークする必要がありますか?
私たちは、法的なリスクを考慮しながら、このテーマを積極的に研究しています。
私たちの目標は、トークン保有者がプロポーザルに投票する前にトークンをロックするDAOを設計することです。
しかし、この設計には法的リスクが伴います。
そのため、市場で評価されている現在のデザイン(ロックなし)で進めていきます。
ガバナンス機能への参加に対して、追加で提供されるSISという形で報酬がありますか?
トークン保有者がガバナンスプロセスに参加することで報酬を得ることはありません。

競合他社

SymbiosisとThorChainの違いは何ですか?

  • まず第一に、Symbiosisでは、すべてのトークンをネイティブトークン(ThorChainの場合はRUNE)にペアリングする必要のない、古典的なAMMプールモデルを使用しています。

    ThorChainは、CLPがXYK+ bep30よりも資本効率が高いと主張していますが、ここのコミュニティで議論されているように、それはまだ証明されていません。
    私たちは、Bancor Network(彼らはEthereumで最初のAMMであり、ネイティブアセットのBNTにも同じペアを行った)がXYKモデルのUniswapに市場を奪われたことを目撃しました。
  • ThorChainはx+y(xはあるチェーンのアセット数、yは別のチェーンのアセット数)であるのに対し、私たちは各ブロックチェーンペアに2つのリクイディティプールしかありません。

これにより、ThorChainよりもいくつかの優れた改善点を持つ、ユニークなデザインの道が開かれました。

SYMBIOSIS
THORCHAIN
THORCHAIN
SYMBIOSIS
ネットワーク間の交換方向が不均一で、その結果、あるネットワークではある資産がバランスよく増加し、他のネットワークでは減少するという問題をどのように解決するのでしょうか?
この問題に対するシンプルな解決策は、この問題を完璧に処理する設計のAMMプールです。
シンバイオシスでは、時間をかけて効率的であることが確認されているUniswapのようなモデルとCurveのようなモデルの実証済みのソリューションに依存しています。2つのネットワーク間の流動性プールは、常にこれらのネットワークの一方(通常は、取引手数料の少ない方)に展開されます。

プール内の資産の数がお互いに占める割合によって、その価格が決まります。一方の交換方向が増加すると、資産の比率が変化し、それぞれの価格は「非市場」の状態になる。

ここで登場するのがアービトラージアーである。裁定人は、AMMプロトコルの重要な要素である。裁定人は、プールからある資産を割引価格で購入する権利を争う。

このプロセスについては、パラダイム社が提供しているドキュメントに素晴らしい記述がある。
Symbiosisプールの実装には1つの違いがあります。プールの資産の1つは、元のトークンをラップした表現です。
したがって、アービトラージアーは、公開市場で資産を購入するという通常のシナリオに加えて、ブリッジング・シナリオ(トークンA <> sトークンA)を実行する必要があります。
オリジナル・トークンをシンバイオシス・プロトコルから(またはシンバイオシス・プロトコルに)転送し、プールで管理するために行われます。
安定したプールには特有の特徴があり、一度に複数のネットワーク間で機能する可能性があります。

安定したコインプールのために、TVLをどのようにインセンティブするのか?
2つの方向性があります。
そのプールを経由するすべてのスワップから徴収する手数料、ファーミングのインセンティブ。
EVM以外のチェーンが交換されますが、それはどうなるのでしょうか?
2つのケースがあります:
・スマートコントラクトを持つEVM非互換のブロックチェーン(例:Solana、Near):
EdDSA/ECDSAの鍵生成が可能であればサポートします。

・スマートコントラクトを持たないブロックチェーン(例:Bitcoin):
AMMのロジックを直接実行することはできません。
しかし、ECDSAやHTLCコントラクト(ハッシュタイムロック)をサポートしていれば、当社のRelayersがサポートしているので、ネイティブアセットをブリッジすることができます。
UXに関しては、ETH→BTCのスワップに似ていて、BTC→ETHの場合は少し異なります。


関連記事

  1. 暗号資産(仮想通貨)取引のはじめかた
  2. PlayPad for Metaverse IGO Platf…
  3. Avalaunch Cooldown Period について
  4. STAR ATLAS ゲーム内通貨の購入方法
  5. XANA NFT メタマスクで表示する方法
  6. Guild of Guardians トークンセール
  7. ParaState、急成長中のブロックチェーンブリッジネットワー…
  8. THE LAUNCH OF BLOKPAD BY BLOKTOP…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

当BLOGの更新情報・IDO/IGO/IEO/エアドロップなどの最新情報をTelegramでお届けしています。
チャンスを逃さない為にも、是非【MatometaX テレグラム】にご参加ください。

【MatometaX LINE公式アカウント】を開設しました✅

友だち追加

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。