WEB 3.0

Link3組織向けハンドブック

プロジェクト管理者、イベント主催者の皆さん、ようこそ。この記事では、Link3を使用するために必要なすべてのもの – プロファイルの設定、イベントの作成と管理、W3STとラッフル、および他のすべての有用なTips.が見つかります。

目次を参考にして、素早くナビゲートしてください。

Link3は、組織が地域社会と有意義な関係を築けるよう支援します。さあ、始めましょう。

Contents

プロフィールの作成と確認

開始する前に、以下を確認してください。

  • Link3 Organizational Invitation Codeをお持ちであることをご確認ください。
    招待コードはもう必要ありません。
  • あなたの組織の公式Twitterにアクセスする

Link3.toのランディングページに移動します。Link3にログインするために、ウォレットを接続します。

ヒント:個人用ウォレットの代わりに、プロジェクト用ウォレットを使用することをお勧めします。しかし、もしあなたが個人ウォレットにアクセスできない場合、またはプロジェクトウォレットが宝物を保管する場所である場合は、任意のウォレットを使用するか、新規にウォレットを作成してください。
また、Link3プロフィールやイベントを共同管理するために、個人用ウォレットでログインするチームメンバーを増やすことができます。

右上のアカウントドロップダウンメニューから、ダッシュボードとその他のすべての設定にアクセスします。ここでは、あなたのアドレス/電子メールにリンクされているすべての組織プロファイルを作成し、アクセスすることができます。

Create a Profile/プロファイルの作成

新しいプロフィールを作成し、新しく作成した組織プロフィールのダッシュボードに移動します。
ここでは、プロフィールページ、イベントプランナー、管理者設定、そしてあなたのページへの主要な洞察にアクセスできます。以下、それぞれについて深く掘り下げていきます。

Verification/検証

まず、あなたのプロフィールを認証することで、あなたのコミュニティが、このプロフィールは本当にあなたであり、すべての情報/イベントが信頼できるものであることを認識できるようにしましょう。

認証には3つの簡単なステップがあります:

  • Link3 Twitter
    Twitterの公式アカウントをリンクして、組織プロフィールの検証を開始します。Twitter認証のためのポップアップウィンドウが表示されます。
    ヒント:この検証のために、同じブラウザで正しいTwitterアカウントにログインし、現在使用していることを確認してください。あなたの組織のプロフィールを個人のTwitterにリンクさせたくないし、それは検証されないでしょう。
  • あなただけのハンドルを選んでください
    Link3、CyberConnect、Binanceのような組織名である必要があります。手動で審査させていただきます。
  • リンク・メールアドレス
    組織の業務用メールをリンクして、検証状況、機能アップデート、分析を受け取ることができます。プロフィールを共同管理するために、電子メールでより多くのチームメンバーを招待することができます。

審査が終了すると、Link3のURLが選択したハンドルネームに変わり、ロゴの横に認証済みアイコンが表示されます。

投稿から24時間以内に認証の更新がない場合は、私たちのチームに連絡してください。

待っている間に、プロフィールの内容を設定しましょう。

プロフィールを編集する

ほとんどの組織が、自分たちのコミュニティに紹介し、伝えたい情報が書かれたテンプレートが提供されます。

ページはセクションで構成され、その種類は6種類あります。

Official Links/公式リンク集

これらは、重要なリソースやコミュニケーション・チャネルへのリンクで、コミュニティには絶対に間違えさせたくないものです。ここに書き込んで、明確な名前をつけてください。

Featured Content/注目のコンテンツ

コンテンツは最も自由度が高く、ビジョン、ミッション、イデオロギー、最近のアップデート、マイルストーンの振り返りなどを紹介することができます。
種類を選び、リンクを貼ります。コンテンツのプレビューカードがプロフィールに表示されます。

People & Organizations/人物・組織

ここでは、他の人や組織との重要な関係を宣言します。

現在、Link3では検証性を高めるために、Twitterをやっている人・組織しか追加できないようにしています。

ハンドルネームを記入し、タイトルテキストボックスにプロジェクトとの役割や関係を記述してください。Twitterのハンドルネームを正確に入力しないと、検索できません。

Snapshot Proposals/スナップショット提案

スナップショットスペースを検索することで、過去や現在進行中のコミュニティ提案を紹介することができます。

NFT Collection/NFTコレクション

現在、OpenSeaのコレクションをサポートしています。ここにリンクを貼り付けるだけです。

Link3 Events

過去と未来のLink3イベントをプロフィールで紹介し、ユーザーがすぐにアクセスできるようにすることができます。Link3イベントについては、コチラをご覧ください。

ヒント:各セクションの名前を変更したり、同じタイプのセクションを複数作成することはいつでも可能です。
例えば、「人と組織」のセクションを「後援者」「チーム」「主要なコミュニティ貢献者」「仲間のパートナー」の4つに分けて作成することができます。
また、「公式リンク」のセクションを「ソーシャル」「採用」「コミュニティスペース」の3つにすることもできます。

上級者向けアドバイス:名前やタイトルに絵文字(またはその群れ!)を追加して、楽しいものにすることができます。

Profile Info and Branding/プロフィール情報・ブランディング

セクション以外にも、ページ上部にプロフィール情報を設定しておくと、一貫したブランディングが可能になります。
これらは、URLのプレビューに表示されるオープングラフ画像の見た目を決定します。だから、そのブランドカラーを正しく設定しましょう。

  • 背景とプロフィール写真。
  • 表示名(ハンドルネームと異なる場合があります。
  • バイオ、チェーン、セクター、トークン

事例紹介

私たちのアーリーパートナーが作成した素晴らしいプロフィールをいくつかご紹介します。

https://link3.to/binancelabs

https://link3.to/bnbchain

https://link3.to/multicoin

https://link3.to/zerion

Orgページが設定され、確認されると。申請した固有のハンドルネームが割り当てられ、https://link3.to/profiles/org で検索できるようになります。多くのユーザーは、プロジェクトからの信頼できる公式リンクを見つけるために、このページを利用しています。Twitterなどではスパムや偽アカウントに囲まれているため、これは重要なことです。
Link3のURLをTwitterのbioにも記載することをお勧めします。

イベントを作成する

Link3イベントプランナーのご紹介

Link3 Event Plannerは、プロジェクトやチームがイベントの組織、分析、報酬やSBT発行を合理化し、Web3ネイティブな方法でコミュニティへの参加を強化できるよう設計された強力なツールキットです。コミュニティメンバーは、Web3のトップイベントに簡単に参加することができ、コミュニティへの参加を通じて、検証可能なアイデンティティを所有し、彫刻することができるようになりました。

主な機能は以下の通りです:

  • 自動生成・カスタマイズ可能なイベントポスター
  • W3STトークンの設計と発行
  • Discord&Twitterモニタリングモジュール
  • トラフィックとエンゲージメントを高めるラッフルモジュール内蔵
  • アナリティクス – コミュニティをより深く理解する
  • アクセスコントロール – シームレスなチームワーク
  • マイグレーションはなく、付加価値のみ

もっと詳しく知りたい方は、こちらのブログをご覧ください。

新規イベントの作成

始めるには、イベントを作成するための認証を取得する必要があります。まだの方は、ガイドこちらをご覧ください。

組織ダッシュボードで、左のパネルから「イベント」に行き、「イベントを作成」をクリックすると、新しいタブが開き、ここにイベントエディタがあります。それでは、主な機能を説明します。

TwitterやDiscordのイベントをモニタリングで設定する

Link3は現在、認証されたTwitterアカウントやDiscordサーバーで行われるイベントをサポートしています。そのため、Link3を利用することで得られる付加価値をすべて享受しながら、オリジナルのイベントをこれまでと同じように運営することができます。

Link3の主な機能の1つは、オーディエンスのエンゲージメントを自動的に監視し、トークンやリワードで参加や貢献を認識するプロジェクトを可能にすることです。

面倒なサインアップ・シートの作成、ホワイトリストの作成、シビレの心配をする必要はありません。

DiscordサーバーやTwitterスペースにボットをセットアップするだけです。

  • Discordの場合、プロジェクトのサーバーにボットを追加する必要があります。
    • Discordのウィンドウがポップアップし、あなたの許可を求めます。下図のように、基本的には2つだけお願いしています。”Create Instant Invite “と “Read Messages/View Channels “です。
    • 次に、イベントが開催されるチャンネルを選択します。
  • Twitterの場合は、Link3イベントを作成する前に、Twitter Spaceをスケジュールする必要があります。

ヒント シンプルなTwitterのリマインダーを直接シェアしないでください。Link3イベントを作成し、コミュニティメンバーがイベントの詳細を見たり、抽選会やSBTに参加したり、分析・追跡ができるように、Link3イベントのURLを代わりにシェアしてください。

予定されているTwitter Spaceを選択するか、TwitterのURLを手動で貼り付けるだけです。

  • ZoomやYouTube Liveなど、その他のプラットフォームについては、特別なデモ機能を有効にするお手伝いをする場合があります。私たちのチームと直接連絡を取ってください。

Event Info/イベント情報 – 名前、講演者、期間

このステップは簡単であるべきです。時間帯を意識して、わかりやすく、かつ魅力的なイベント名をつけてください。

ヒント Twitterから直接情報を取得し、Link3のプロフィールにリンクすることができます。

上級者向けのTipsです:登壇者設定で、プロジェクトの公式Twitterと登壇者の個人Twitterの両方を書いておくとよいでしょう。そうすることで、イベントポスターにプロジェクトのブランディングを存分に生かすことができます。

すべての情報は、あなたのポスターデザインに自動的に更新されます。次のステップで、ポスターのデザインをさらに微調整してください。

Edit Poster/ポスターの編集

  • ポスターのデザインをアップロードすることもできますが、Link3では、数クリックでポスターを作成できるように、この合理的なポスターエディタを作成しました。
  • Link3は、イベント情報の入力と、テンプレートや背景などのいくつかのデザイン選択に基づいて、素早く魅力的なデザインを自動生成することができます。
  • ポスターは様々なフォーマットでダウンロードできるので、あらゆるソーシャルメディアチャンネルに対応できます。

ここから、Link3上のあなたの組織プロフィールが主催するイベントがすでに作成されていることになります。イベントページはすでに作成されており、左のリンクからいつでもアクセスし、プレビューすることができます。

今後の予定と過去のイベントを管理する

Link3のダッシュボードでは、今後予定されているイベントや過去のイベントの概要を常に確認することができます。イベントの削除もここで行うことができます。

ポスターをクリックすると、イベントの公開ページに移動します。

ダッシュボードの編集ボタンをクリックすると、特定のイベントのバックエンドに移動します。

注:W3STや抽選で配備されたイベントは、削除することができません。しかし、あなたは最初のイベント情報編集ページでそれらをプライベートに設定することができます。

W3ST

W3ST(Web3 Status Tokens、発音はウエスト)は、ステータスの意義を伝え、信頼と検証可能なアイデンティティの層をボトムアップで構築するために設計されたサイバーコネクトのトークン標準です。Web3 Status Tokensは、推薦、参加証明、コミュニティの役割と資格証明など、様々な役割を果たすことができます。各W3STは、オンチェーンコンポーザビリティのための個別の非譲渡性、ERC-721トークンであり、不正防止のためにオンチェーンでのその発行者への参照を持っています。

W3STを利用したWeb3キャンペーンで、あなたのTwitterスペースをレベルアップさせませんか?手間をかけずに、検証可能なコミュニティ・エンゲージメント・システムを構築することができます。

イベントに合わせたW3STを作成

イベント作成後、オプションのイベント設定ページでWeb3 Status Token (W3ST)タブを検索してください。

自動生成されるトークンのデザインを調整する

数回のクリックでW3STのデザインを考えることができます。完成したら、トークンのデザインもダウンロードできます。また、ご自身のデザインをアップロードすることもできます。背景のないpngファイルをアップロードすることをお勧めします。

W3STを配備するネットワークを選択します。

現在、BNB ChainとPolygonに対応しています。

claimルールの設定

最低参加条件を設定したり(出席時間、TwitterやDiscord上のLink3イベントボットによる自動監視など)、KYC認証やLink3プロフィールのフォローなど追加基準を追加したりします。これは、本当の参加と貢献がある人を確実に認識するためです。さらに多くの機能が登場する予定です。

注意:W3STトークンコントラクトは一度デプロイされると、変更することができず、対応するイベントはもはや削除することができません。

Raffle

Link3では、ラッフルを設定し、景品を自動化することが非常に簡単です。Link3のラッフルは、より多くのトラフィックを集め、より多くのエンゲージメントにインセンティブを与えるためのアドオン機能です。アイデアは簡単です。あなたが報酬と参加資格のルールを決めると、Link3が残りの部分を処理します – すべての資格のある参加者が自動的にカウントされ、勝者がランダムに選ばれ、賞品が配布されます。

イベント用のラッフルを作成し、報酬を設定する

イベントを作成した後、オプションのイベント設定ページでRaffleタブを見つけるか、ダッシュボードからイベントのバックエンドを見つけます。

Link3 raffleは現在、BNB Chain、Polygon、Ethereumのすべての種類のコードとすべてのERC-20トークンをサポートしており、将来的にはNFTのサポートも予定されています。

くじに参加するための条件を設定し、ソーシャルで共有する

Link3は現在、くじの条件として3種類のツイート・エンゲージメントに対応しています。

  • ツイッターアカウントをフォローする
    ユーザーには、お好きなTwitterアカウントを10個までフォローしてもらうことができます。ゲストスピーカーやプロジェクトをTwitterに含めることで、露出を最大化することを推奨しています。
  • ツイートに「いいね!」&「RT」する
  • ツイートする

イベントを告知したツイートをエンゲージメントターゲットにすることで、イベントを複合的に露出させることができるのでおすすめです。また、ツイートテンプレートを生成しています。今すぐツイート」をクリックして、イベント情報を含む自動生成ツイートを投稿し、「ツイートへのリンク」テキストボックスにそのツイートリンクをコピーペーストしてください。
抽選により、あなたのイベントはより多くのエンゲージメントとインプレッションを獲得し、Link3を通じてイベントに参加した登録者のうち、リツイートした人は自動的にカウントされることになります。

ユーザーは、Link3でのイベント登録時に、すでにTwitterを連携させているはずです。

注:一度作成したくじの設定は、変更できません。

プロファイルとイベント分析

Link3 Analyticsは、トラフィックに関する重要な指標を提供し、参加者へのフォローアップや今後のイベント企画をより良いものにします。指標には以下のものが含まれますが、これらに限定されません。

  • プロフィールやイベントページの訪問回数の経時変化とジオロケーション分布
  • 全イベントのユーザー総動員数、W3ST数、滞在時間などを集計しています。
  • イベント参加者情報(登録者、リスナー(Twitterフォロワー数&滞在時間)、W3STホルダー、ラッフル)。
  • ユーザーLink3プロフィール、Twitterハンドルネーム、Discordでの役割。

ダッシュボードで直接分析にアクセスしたり、イベントリストで過去のイベントの特定の分析結果を見つけることができます。また、データをダウンロードして、より深い分析を行うこともできます。

また、Link3のプロフィールから、視聴者のことをより深く知ることができます。

アクセスコントロールでチームを管理

Link3の組織プロフィールは、組織のウォレットアドレスにリンクされているかもしれませんが、スペースを共同管理するために、より多くのあなたのチームメンバーを招待することができます。

組織ダッシュボードの左パネルにあるメンバーセクションを見つけ、彼らの電子メールと役割を書いてメンバーを招待し始めます。

メンバーは link3.to からメールを受け取り、リンクをたどって簡単に財布を接続できるようになります。彼らのアカウントであなたの組織ページが利用可能になるはずです。

サポート&マーケティング活動

パートナーの皆様がコミュニティとのより良いエンゲージメントを実現し、新しいユーザー層を開拓できるよう、ソーシャルメディアやコンテンツに関する一連の取り組みを開始しました。

Web3 で何が起きているのか – 週刊イベントプレビューシリーズ**」。

この週刊シリーズは、翌週に開催される良質で魅力的なイベントに改めて注目してもらうために使用しています。私たちの成長とともに、より包括的なキュレーションとプレビューコンテンツを提供する予定です。

例えば、最新号では5つのイベントを紹介しましたが、どのイベントも少なくとも約1000人の登録者がありました。

週刊ハイライト – パートナーの深堀り、主要指標、イベントなどをハイライトで紹介します。

この週末シリーズは、エコシステムの進歩を振り返り、パートナー企業の一つを徹底的に深堀りする機会を提供するものです。プロジェクトの紹介、主要なマイルストーン、イベントのハイライト、Link3のメリット、特定の業界に関するインサイトをカバーし、この機会にパートナープロジェクトの進行中または今後のキャンペーンに注意を向け、トラフィックを最大化します。

その一例が、先週のこちらの記事です。

Link3 Partners Telegram Chat (リンクスリーパートナーズ テレグラムチャット

Link3パートナーの皆様には、独占的で活発なグループチャットをご用意しました。

  • 製品の変更履歴や機能アップデートをリリースする – これは非常に多いことです。
  • あなたが遭遇するかもしれないあらゆる問題を、タイムリーにトラブルシューティングする。
  • Link3を使って視聴者を増やす方法について、チュートリアルやヒントを共有する。
  • 交流して、素晴らしいコミュニティイベントやコラボレーションの機会を考えましょう。

まだ招待されていない方は、ご連絡ください。

ここは、私たちがパートナーシップについて話すだけでなく、実際に私たちのリソースでパートナーに力を与えるために、余分なマイル、ツイート、および記事を行くところです。

繁栄するエコシステムには、すべての人がお互いを高め合うことが必要です、ここから始めましょう。

Get in touch/お問い合わせはこちら

Link3をご利用いただき、ありがとうございます。このガイドがお役に立てれば幸いです。

ご質問があれば、いつでもご連絡ください。テレグラムで @ryanli_me と連絡を取ってください。

About

  • Link3 Event Planner:について
    Link3 Event Plannerは、世界最大のWeb3 AMAプラットフォームで、チームがWeb3ネイティブイベントを通じてコミュニティメンバーと有意義な関係を築くことを可能にする強力なツールキットを提供します。 Link3イベントにより、プロジェクトやチームは、これまでと同じTwitter SpacesやDiscord AMAをWeb3ネイティブイベントにアップグレードし、イベントの組織、分析、SBT発行、報酬配布を合理化して、コミュニティ・エンゲージメントを超高速化することができます。
  • W3ST:
    Web3 Status Tokenは、サイバーコネクト社のERC721トークン規格で、オンチェーン発行者参照で設計されており、ボトムアップで信頼と検証可能なIDの層を構築することができます。Web3 Status Tokenは、ステータスの意味を持ち、多くのものの中で、承認、参加証明、コミュニティの役割と資格証明として機能することができます。各W3STは、オンチェーンコンポーザビリティのための独立した譲渡不可能なERC-721トークンであり、不正防止のためにオンチェーンでの発行者への参照を持っています。
    • W3STについて言及する場合は、以下の形式を使用します。#W3ST
  • Link3:
    *Link3.toは、Web3のソーシャルネットワークで、IDを検証できるコミュニティハブで、*チームがコミュニティメンバーと有意義な関係を構築します。Link3はCyberConnectの上に構築されていることを誇りに思っています。
  • CyberConnect:**
    CyberConnectは、分散型ソーシャルネットワークプロトコルで、Web3アプリケーションがネットワーク効果を起動し、有意義な社会体験を構築するのを支援します。

その他の情報

関連記事

  1. GigaSpace GIGI — MOOAR Launchpad…
  2. STEPN Stormproof: 弱気相場を乗り切るための戦…
  3. ParaStateが開発者コミュニティをひとつにまとめ、Web …
  4. SocialFi、Social Tokens、rLoop DAO…
  5. 【STEPN】Part 2:未来をつくる、成長の脚本を書き換える…
  6. Dormint – Litepaper
  7. STEPN、GMT獲得プランの提供を開始
  8. ポイントを楽しむ。ReadONベータ版ボックスがまもなく登場

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Contents

カテゴリー

⚡️STEPN LINE公式アカウント

友だち追加

Shortcodes Ultimate

PAGE TOP