Dfinity

ICNamingの簡単な紹介・ホワイトリスト

ICNAMING ホワイトリスト

https://whitelist.icnaming.com/

Brief Introduction of ICNaming

ICNamingは、Dfinityネットワークに基づく分散型ドメインネームサーバーで、ドメインネームサーバーの基本機能を分散方式で実現し、Dfinity上のIPアドレスやウォレットアドレスに対応するオンチェーンサーバーでもあります。

DNSと同様に、複雑なウォレットアドレスを123.icp、NFT.icpなどのカスタマイズされたショートアドレスに反映させることができます。ユーザーはICNamingのドメインを利用して、ウォレットとのバインドやトークンの転送を行うことができます。将来的には、ICNamingは.com.cn.ioなどの従来のDNSと協力することができます。

DNSと比較して、ICNamingは分散型ガバナンス方式に基づいており、壁汚染のリスクを完全に防止することができます。ドメイン名はユーザーによって管理され、各ドメインはICNamingで取引やオークションが可能なNFTと見なすことができます。これはDfinityのエコシステムにとって大きな意味を持ちます。

Dfinityのエコシステムを完成させるとともに、今後ますます多くのユーザーがICNamingに集まってくると信じています。ICNamingは、現在の分散型ドメインネームシステムと比較して、ガス料金やガバナンス料金が低く、より安全で便利なシステムです。また、ICNamingはDfinityの特徴や技術を生かし、より多くの投資価値があります。

ICNamingは、様々な分散型ドメイン名システムの利点を集め、内部で機能をアップグレードし、Dfinityエコを熱狂的に発展させ、Web 3.0におけるユーザーのデジタルアイデンティティの重要なキャリアになると信じています。

Dfinityエコシステムの完成とともに、今後ますます多くのユーザーがICNamingを利用するようになると信じています。ICNamingは、現在の分散型ドメインネームシステムと比較して、ガス料金やガバナンス料金が低く、より安全で便利なシステムです。また、ICNamingはDfinityの特徴や技術を生かし、より多くの投資価値があります。

ICNamingは、様々な分散型ドメインネームシステムの利点を集め、内部的に機能をアップグレードし、Dfinityエコを熱狂的に発展させ、Web 3.0におけるユーザーのデジタルIDの主要キャリアになると信じています**。

関連記事

  1. XANA Alpha Pass NFTと地域コミュニティ向けプラ…
  2. Genopets FitnessFiを開封。Web3 とフィット…
  3. Synesis Oneの紹介【トークンエアドロップ】
  4. XANA 2022年最高のGameFi、NFTDUELを見逃す手…
  5. XANA ファースト AMA [2022/02/27]
  6. BLOKTOPIA バイナンスNFTを通じたadblok NFT…
  7. XANA メタバース最新情報 【2022/03/01】
  8. NFTとは!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

当BLOGの更新情報・IDO/IGO/IEO/エアドロップなどの最新情報をTelegramでお届けしています。
チャンスを逃さない為にも、是非【MatometaX テレグラム】にご参加ください。

【MatometaX LINE公式アカウント】を開設しました✅

友だち追加

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。