Find Satoshi Lab (FSL)

HypeSaints: MOOARシーズン1を勝ち抜くためのインサイト

MOOARのLaunchpadの最初の勝者として、HypeSaintsは現在のフロアプライスが0.3から0.4ETHの範囲でその可能性を証明しています。

先日行われたMOOARのブートキャンプで、HypeSaintsの創設メンバーの一人であるLil Bay氏がクリエイター志望者向けのシェアリングを行った際に、その話を聞く機会を得ました。本日は、彼らの話を掘り下げていきます。

背景

ポータルスタジオのプロジェクトであるHypeSaintsは、ゲームやアートを中心としたエンターテインメント業界で10年以上の経験を持つチームを擁しています。リーグ・オブ・レジェンド』や『テンプルラン』などのトリプルA級ゲームに携わったロイをはじめとする創業者たちは、開発、運営、コンテンツ制作などの分野をカバーし、それぞれのスキルを補完しあいながら、プロジェクトを進めています。

HypeSaintsのデザインを担当したFuturebotは、Disney、Alibaba、Cartoon NetworkなどのアニメーションIPの制作で豊富な経験を持つ多国籍のクリエイティブチーム出身です。フランスと英国に長年住み、仕事をしてきたフューチャーボットは、革新的な思考、ファッションセンス、ウィットをチームにもたらしました。

スタート地点

HypeSaintsは、所有権を企業ではなくユーザーの手に委ねることを使命とし、競争の激しいNFTの分野で際立つ存在になることを目指しています。

彼らは、Web3のビデオゲームカートリッジに相当するNFS(Non-Fungible Stories)を通じて、保有者に価値を提供し、保有者が異なるNFSの中から特定のデータやストーリーにアクセスできるようにすることを想定しています。

彼らは、自分たちの旅を4つの主要な部分に分けています。

コンセプチュアル

80年代をはじめとする自分たちのインスピレーションを確認し、それらを融合させたコンセプトが「HypeSaints」です。反抗的で個性的なヒップスター同盟と、財閥を代表するバブルギャングという2つの派閥が登場します。

市場の把握

HypeSaintsは、既存のNFTプロジェクトについて、テーマ、ビジュアル、物語などの市場調査を行いました。例えば、CryptoPunksのようなピクセルアートや、BAYCのような抽象的なスタイルなどです。

差別化

このチームは、プロジェクトの物語的な側面を強調し、ストーリーテリングのスキルを活用することで差別化を図ることにしたのです。

発売時期

数量、プラットフォーム、価格、ロードマップなど、発売までの計画を立てたのです。特に、ロジスティックスだけでなく、マーケティング活動も含めて、実際の発売までに準備を整えることが重要だった。

The Launch

HypeSaintsは、MOOARの投票フェーズを勝ち抜くために、あらゆるマーケティング活動を展開しました。最初に発表される参加者を目指し、AMAを開催して明確な情報を提供し、アーリーアダプターに報酬を与える活動を行ったのです。また、KOLやインフルエンサーを通じたプロモーションを行い、印象に残るブランディングに注力した。

注目のフォーカスをいくつか紹介する。

興味の持続性

  • 発売までの活動を主催(例:ハイペコイン – HypeSaints PFPを強化するために使用。これは初期のユーザーに報いる良い方法だった)
  • 投票手順やローンチまでの展開について、ユーザーとの積極的なコミュニケーション。

プロモーション情報

  • プロモーションの目的を明確に定義
  • プロジェクトを推進する意思のあるKOLのみ調達した
  • MINTへの期待を明確にし、MINTへのインセンティブを高めることに重点を置いたプロモーション(プロジェクト構築への誠意が感じられる)

ブランディング

  • HypeSaintsは、ポータルスタジオの最初の製品であり、一般の人々の認識を固めるために最も重要である。
  • ビジュアル、ストーリー、プロダクトを統一し、印象に残るものを作るべき

発売後の状況

ローンチが終了しても、まだまだやらなければならないことがたくさんある。

レビュー

ターゲットとするユーザーと実際のユーザーとの違いを評価し、コミュニティと協力してロードマップの優先順位を決定しました。
これは、多くのプロセスの最適化を伴うものでした(つまり、失敗を恐れず、そこから学ぶということです)。

コミュニティ作り

ホルダーを大切に扱い、限定イベントを開催し、ユーザーと交流して信頼を築くことで、ホルダーに価値を示したのです。

影響力の拡大

ブランドスタイルの深化、重要なリリースへのリソース配分、他のプロジェクトとのコラボレーションによるリーチの拡大などに取り組みました。

その他のヒント

  1. 特に弱気相場では、センチメントや床値が改善するのに時間がかかることがあるので、忍耐強くなること。
  2. 常に最悪の事態を想定しておくこと。挑戦し続けることで、より良くなっていく
  3. 集中力を維持し、マーケティングを管理する(Less is more)
  4. 目標を達成するためのペースを守り、製品設計を明確にする。
  5. ユーザーとつながる努力をする
  6. コレクションサイズを慎重に検討する – コレクションが大きすぎても、小さすぎてもデメリットがある。

結論

HypeSaintsは、青息吐息ではありますが、非常に有望な存在です。2ヶ月前にローンチしたばかりですが、彼らはトップになるために必要な仕事をすることができ、それを証明しています。

これらのヒントに従うことで、意欲的なクリエイターはNFTスペースで成功する確率を高めることができます。しかし、その道のりは決して平坦ではなく、忍耐力、計画性、集中力、そして明確なビジョンが必要であることを忘れてはなりません。

自分のNFTコレクションを作りたい方は、MOOARのウェブサイトをご覧ください。シーズン2のローンチパッドの応募はまもなく締め切られます。

関連記事

  1. MOOARを選ぶ理由 : ロイヤリティを通じてクリエイターを支援…
  2. rloop🚀エアドロップ・スペースXのハイパーループを開発したチ…
  3. 「Oasys」は、ゲームコミュニティがブロックチェーンの世界に参…
  4. Anastasia Twitter Space【GAS HERO…
  5. ベアマーケットとFSLの取り組み 2022/11/16-Twee…
  6. GigaSpace:Soulbound Tokens (SBT)…
  7. Aglet お近くのステーションを検索する
  8. STEPNは、より環境にやさしいWeb3の構築を約束します

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

⚡️STEPN LINE公式アカウント

友だち追加

Shortcodes Ultimate

PAGE TOP