Find Satoshi Lab (FSL)

クリエイターはNFTの生命線

NFTの歴史は長く、色とりどりです。そしてここ数年、NFTは爆発的な人気を博し、多くの人に理解されないニッチな存在から、数十億ドル規模の産業として主流になりつつあります。

本日は、NFTの原動力となる技術についてご紹介します。ブロックチェーン技術は確かに重要な要素ですが、NFTを際立たせているのは、何十万人もの素晴らしいクリエイターの力であり、今もなお、その力を発揮し続けていることなのです。

NFTの歴史

NFT市場がどのようにクリエイターによって支えられているかを理解するためには、まずこの現象の発端を把握することが有効でしょう。

NFTの隆盛は、ビットコインのブロックチェーン上で最初の「カラーコイン」が発行された2012年までさかのぼることができます。これは、さまざまな種類の現実世界の資産を表すためのトークンであり、自動車、不動産、債券などの所有権を証明し、管理するために使用することができました。このアイデアの背景には、ビットコインのブロックチェーンを使用できるものにさらなる実用性を持たせるという前提がありました。しかし、結局は広く採用・利用されることはなかった。

そして、史上初めて実際に鋳造されたNFTは、2014年にデジタルアーティストのケビン・マッコイと技術者のアニル・ダッシュによって鋳造された。ダッシュはThe Atlanticの記事で、当時は “アート作品の出所、所有権、流通、管理について執拗に考えていた “と述べている。

Quantum, the first-ever NFT

2人はマッコイとペアを組み、ブロックチェーンに支えられたオリジナルのデジタル作品に対する所有権を主張する方法であるNFTの最初のプロトタイプをハックしました。ケビン・マッコイの妻が以前作ったビデオクリップを登録し、ダッシュはそれを自分のウォレットで4ドルで購入したのです。

しかし、このアイデアを普及させるための2人の努力は、限られた成功にとどまりました。その他、同じく2014年には、NFTのライフサイクルを進化させるための新たな一歩が踏み出された。開発者のRobert Dermody氏、Adam Krellenstein氏、Evan Wagner氏は、ユーザーが分散型台帳ネットワーク上で資産を開発し取引できるように、ビットコインの機能を拡張するために設計されたオープンソースプロトコル、Counterpartyを作成しました。

間もなく、Counterparty は暗号信者がデジタルで作品を作り、取引するための場所となり、クリエイターたちはこのプラットフォームに集まり、自分の足跡を残すようになった。その後、Spell of Genesis(ゲーム内アセット)、Force of Will(トレーディングカード)、Rare Pepes(ミーム)などのプロジェクトが勢いを増し、現在では、Counterpartyを利用して、ゲーム内アセット、トレーディングカード、レアペップス(ミーム)などを制作しています。

The “Most Valuable” Rare Pepe Ever

そして2017年、イーサリアムが脚光を浴び始めた。3月にはPeperium(Rare Pepes on Ethereum)と名付けられたプロジェクトが立ち上げられた。その成功に触発された「創造的技術者」マット・ホールとジョン・ワトキンソンは、ジェネレーティブアートの原則に従えば、少しひねりを加えた独自のNFTプロジェクトができることに気付いたのだ。ジェネレイティブ・アートは1960年代にさかのぼり、アーティストが自律的なシステムと共作し、ランダム性をコード化したアルゴリズムを書き、自らの創造性の限界に挑むというものです。

Cryptopunks

こうして、史上初の10,000コレクションNFT、有名なCryptopunksが誕生したのです。その後すぐに、Ethereum Token Standard ERC721を使用したCryptoPunksのスマートコントラクトの要素を活用したCryptoKittiesが登場しました。

2018年になると、暗号の世界ではアンダーグラウンド・アーティスト・ムーブメントが始まり、多くの人が実験や創造に群がりました。2018年から2021年までのこの時期を、NFTルネッサンスと名付ける人もいます。この期間には、Trevor Jones、Mrfiretruckman、Yosnier、Dustn、YAGAMIIIといった信じられないような1/1 NFT(ユニークで一点物のデジタルコレクティブル)アーティストが活躍しました。

Yosnier

もちろん、「Azuki」「Doodles」「Bored Ape Yacht Club」など、最大1万ピースを誇るNFTのジェネレーティブコレクションも有名です。

Doodles

クリエイターの活躍

これらはすべて、クリエイターエコノミーと連動して上昇したものです。クリエイターエコノミーとは、YouTube、Instagram、Snapchatなどのプラットフォームを通じて生計を立てているオンラインコンテンツクリエイターの新しい波を表す言葉である。これらのクリエイターは、多くのフォロワーを獲得し、スポンサーシップやプロダクト・プレースメントを通じて大きな収入を得ることができます。

しかし、そのようなプラットフォームを牽引しているにもかかわらず、クリエイターが賞金のパイの公正な取り分を得ていない場合が多いことが、統計により明らかにされています。YouTuberの98%近くは、米国の貧困ラインに達するほどの収入を得ていません。一方、Patreonのクリエイターの大半は、月収100ドル未満です。

NFTの現在と未来

NFT市場の登場です。この新しいパラダイムは新しい道を開き、コンテンツクリエーターの独占権を奪うことなく、芸術形態やユニークなコンテンツを収益化する従来の方法に革命を起こす可能性を秘めたものでした。

そして、その歴史を見ればわかるように、最初からクリエイターの創造性と創意工夫によって支えられてきたのです。先駆的なアーティストたちは、素晴らしい挑発的な作品を作り、その影響力を使って新しいコミュニティを作り上げ、次世代のクリエイターエコノミーを活性化させています。

FSLは当初から、NFT経済の発展にはクリエイターが不可欠であることを理解していました。現状は悪質な業者が多く、望まれることも多いのですが、これは多くの新興産業で予想されることです。私たちは、これが大量導入という最終目標に到達するために越えなければならないハードルであると固く信じています。より多くのユーザーがNFTに足を踏み入れることで、より多くの人がNFTを利用できるようになります。

Conclusion

クリエイターとNFTは密接な関係にあり、彼らはその創設以来、市場を動かしてきました。私たちが次世代のインターネットを構築するとき、彼らがその貢献に対して公正な報酬を受け続け、そのあらゆる進化に織り込まれていくことは、理にかなっていると言えるでしょう。

このような理由から、私たちは、複数の競合他社が存在する飽和状態の市場にもかかわらず、MOOARを開発しました。クリエイターの利益を考えない既存のマーケットプレイスに対抗する手段を提供する、侮れない存在になりたいのです。

今後ともよろしくお願いします。

Creators are the Lifeblood of NFTs

関連記事

  1. ULTRAMAN Genesis NFTホワイトリスト Roun…
  2. EVERDOME(エバードーム) $DOMEの購入方法
  3. Genopets FitnessFiを開封。Web3 とフィット…
  4. MOOAR:世界初の会員制マルチチェーンNFTマーケットプレイス…
  5. 暗号資産(仮想通貨)投資・運用の種類とおすすめの運用方法
  6. STEPN 私たちはデジタル・キャンプファイヤーを作っているので…
  7. Aglet お近くのステーションを検索する
  8. STEPN フィットネス3.0 ムーブ・トゥ・アーンがフィットネ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

【MatometaX LINE公式アカウント】を開設しました✅

友だち追加

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。