STEPN

BNB Chain Project Spotlight: StepN

今回のBNB Chain Project Spotlightでは、最近300K Daily Active Users達成のマイルストーンを発表し、Binance NFTマーケットプレイスでスポーツブランドASICSと提携したユニークなNFTスニーカーコレクションを発表したmove to earn health and fitnessアプリケーション、StepNをご紹介します。

StepNチームをBNBコミュニティに迎えましょう。

Contents

Spotlight on StepN

重要:以下の内容は、プロジェクト、組織、個人の製品またはサービスを保証または承認するものではありませんので、ご注意ください。

1. StepNにおける「Move to Earn」という概念に馴染みのないユーザーもいるかもしれません。それについて詳しく教えてください。歩いたり走ったりしながらトークンやNFTを獲得するにはどうすればよいのでしょうか?

StepNは、ゲーム要素を取り入れた「動いて稼ぐ」健康・フィットネスアプリケーションです。スニーカー型NFTを装着したユーザーは、屋外を移動してトークンやNFTの報酬を獲得することができます。StepNには、ウォレット、スワップ、マーケットプレイス、レンタルシステムが組み込まれており、暗号化されていないユーザーもStepNに乗り込むことができます。

There are four types of NFT sneakers in StepN. Source: ​​https://stepn.com/ 

人々はStepNでトークンやNFTを獲得します。これは、ビットコインの採掘の仕組みに似ています。ユーザーは、物理的に鍛錬したことを証明しなければなりませんが、これにはコスト(時間とエネルギー)がかかります。トークンやNFTは、ゲーム開発会社からではなく、人々から鋳造されます。このようにして、人々は自分のトークンとNFTを100%ピアツーピアで、時間をかけて取引することができます。私たちはエコシステムを構築し、トークンやNFTの価値は需要と供給に基づいています。

Users can check the ability of each NFT sneaker in the app. Source: ​​https://stepn.com/ 

2. BNB ChainにStepNが登場し、コミュニティは大盛り上がり! なぜStepNはBNB Chainに構築することにしたのですか?

私たちは、複数の理由からBNB Chainに構築することを決定しました。
1つ目の理由は、BNB ChainにはWeb3ゲームのための活発なエコシステムがあり、私たちとゲーマーの両方にとって有益であるということです。
2つ目の理由は、BNB Chainは全体的なユーザーエクスペリエンスを向上させることができるということです。Solanaチェーンが混雑している時、BNB Chain StepN Sneakerを持っていれば、ユーザーはBNB ChainにジャンプしてBNB Chain版のGMTやGSTを獲得でき、またその逆も可能になります。
3つ目の理由は、BNB Chainの統合により、Binanceと密接に連携してNFT販売を行うことができるためで、Binance IGOプラットフォームで販売されているASICS x StepN限定スニーカーは最近の一例となります。

3. StepNでは、アシックスデザインの限定スニーカーが発売されたばかり。StepNがスポーツブランドとクロスオーバーするのはすごいですね。今後もクロスオーバーはあるのでしょうか?

そうです、これはほんの始まりに過ぎません。ブランドを構築する最も早い方法の一つは、このような共同ブランディングの機会を活用することです。私たちは、Web3上のスニーカーブランドのリーディングカンパニーを目指し、将来的にはスニーカーブランドだけでなく、ラグジュアリーブランドや優良なNFTプロジェクトとの連携の可能性も探っていきたいと考えています。

The IGO of StepN in BNB Chain was held between 13 Apr to 20 Apr 2022. Source: https://www.binance.com/en/nft/event/stepn 

4. プレイヤー自身が作成したゲーミングアイテムの所有権を持つことは、GameFiにおけるNFTの価値の1つです。今後、StepNにプレイヤーが自分でNFTの靴を作れるようなクリエイターツールは登場するのでしょうか?

実はもっといいアイデアがあるんです。私たちは、ソーシャルプラットフォームを利用して、コンテンツクリエイターに作品を提出してもらい、その過程で、その作品を使ってStepNでNFTを作成することができるようにしたいと考えています。NFTのマーケットプレイスで得たロイヤリティをアーティストに分配することで、Win-Winの関係を築きたいのです。

5. StepNでデュオ・トークノミック・モデル(GMTとGST)について話せますか?このモデルはどのようにして持続可能な経済を維持することができるのでしょうか?

There are two types of tokens in StepN: GST and GMT. Source: ​​https://stepn.com/ 

アクシーインフィニティから学んだことは、ガバナンストークンの稼ぎを少人数に限定してはいけないということです。私たちは(GSTとGMTで)トークノミクスを計画し、私たちのトークンを広く利用できるようにし、この2つのトークンのマイニングのバランスを確保することにしたのです。

無制限に供給されるGSTがデススパイラルに陥るのでは、と多くの人が思っています。デュアル・トークノミクス・モデルは、より高いレベルでGSTの稼ぎを無意味にすることでこれに対処しています。人々は、より高いレベルに近づくと、どのトークンを獲得するかという選択肢を提示され、自然に供給量の限られたGMTを獲得したいと思うようになるのです。これは、より多くのGMTが燃やされ、より多くのGMTユースケースがリリースされるにつれて、時間とともに増幅されていくことでしょう。そうなれば、GSTトークンの供給量は大幅に減り、それゆえトークンの価値のバランスは保たれます。GMTを採掘する人が多すぎると、GSTでできることよりも稼ぎが少なくなるため、GSTを稼ぐことに切り替え、GMTを稼ぐ競争が減り、その結果、GMT採掘が再び有益になり、人が戻ってくるということです。これは、典型的な囚人のジレンマをより大きなスケールで拡大したものです。

Token Distribution of StepN. Source: ​​https://stepn.com/ ‌ ‌

6. ユーザー、資金、データを確保するためのStepN社の戦略は何ですか?

私たちは、すでにいくつかの段階を経てチェックを行っています。アップルやグーグルのプライバシーに関するガイドラインに厳密に従っています。また、暗号化されたユーザーデータは、来年あたり分散型ストレージプロトコルに移行する予定です。

資金のセキュリティについては、分散型ウォレットを使用し、ユーザーが自分の資金を管理できるようにしています。また、近い将来、2FAを実装し、アプリにさらなるセキュリティ測定を追加する予定です。

7. 今後、StepNで開催されるイベントはありますか?

まずはアプリ内のアクティビティを定期的に開催していきます。毎月1回、アプリ内でイベントを開催し、ユーザーの皆様に楽しんでいただけるようにする予定です。マラソンモードについては、現在のソロモードに加え、全く新しいプレイスタイルになります。この機能は今年の年末に向けてリリースすることを目指しており、バックグラウンドモードは、暗号化されていないユーザーにアプローチする必要性を感じた時です。

8. StepNで明らかになるSocialFiの要素について教えてください。

Social-Fiについては、現在は模索の段階です。将来的には、Social-Fiの引き金となる何らかのイベントが発生するかもしれません。それは、インフラの改善かもしれませんし、ユーザーを引き込む革新的な方法かもしれません。しかし、今のところは、アプリ内のさまざまな活動や機能を通じて、暗号と非暗号の両方のユーザーをつなぎ、エンゲージするさまざまな方法を探っていこうと思います。将来的にSocial-Fiの要素を拡張する機会があれば、その契約を締結するために迅速に対応します。

9. 今のGameFiはスポーツの要素を併せ持ったものがほとんどありません。これはStepN社の強みだと思いますか?スポーツ系GameFiの将来性をどのようにお考えですか?

多くのクリプトネイティブビルダーはゲーム構築の経験がなく、GPSや機械学習によるアンチチートメカニックを見つけたり構築するためのコネクションや知識もないため、これは間違いなく我々の強みの一つであり、ある程度は競争への堀となると見ています。

将来的には、より多くの伝統的な企業がこの新しい産業に参入し、新しいアイデアや機能を提供するようになり、スポーツGame-Fiは独立した産業となるでしょう。この新しい産業では、ゲーム要素のバランスが最も重要な課題であり、ゲーム要素が豊かで複雑すぎると、非ゲーマーの参入を阻むことになります。同様に、スポーツの要素も難しすぎて、運動神経がない人が入ってこなくなるようではいけません。トークノミクスは、ユーザーとプラットフォームの双方にとって価値を創造するものでなければなりません。

BINANCE

BNB Chain Project Spotlight: StepN

関連記事

  1. Islander Mainnet:アイランダーでのアカウント作成…
  2. STEPN NFTプレゼント応募規約
  3. BINANCE Launchpadサブスクリプションの配分計算と…
  4. 【STEPN】Part 3: NFTs —A Non-Fungi…
  5. XANA メタバース最新情報 【2022/03/06】
  6. Part 1: $GSTと$GMTを理解する
  7. STEPN 私たちはデジタル・キャンプファイヤーを作っているので…
  8. Binance Liquid SwapにSTEPN(GMT)が加…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Contents

カテゴリー

【MatometaX LINE公式アカウント】を開設しました✅

友だち追加

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。