【WEB3.0】

STEPNの使命は、Web3への架け橋となることです。

私たちは、Web3が多様な消費者を受け入れる場所となるよう、今後も尽力していきます。

新しいインターネット

ここ数年、Web3ムーブメントがインターネットを席巻しています。ブロックチェーンの愛好家たちは、従来のゲートキーパーからユーザーの手に権力を移す、新しい民主化されたインターネットの到来を喧伝しています。
実際、ブロックチェーン技術は、私たちが知っているデジタル世界に革命を起こす可能性があります。分散型経済を構築することで、プロジェクトは信頼を築き、インセンティブを調整することができるようになり、第三者による仲介の必要性が減りました。このことは、クリエイター、コミュニティ、そしてその間にいるすべての人にとって強力です。今や、世界中の見知らぬ人たちが、世界を変えるプロジェクトを構築するために、これまで以上に速くコラボレーションや共同作業を行うことができるようになったのです。
web3のパワーはすでにインターネットのあちこちに現れており、その範囲は目もくらむばかりの速さで拡大しています。その代表的な例がBored Ape Yacht Club(BAYC)で、これはNFTの中でも最大級のプロジェクトです。2021年4月にローンチされ、1年足らずでなんと10億円の売上を突破した。ちなみに、スイスの時計販売全体の25%を占め、100年以上にわたって高級品ビジネスを展開してきたロレックスの2020年の年間売上高は約85億ドル(約8,000億円)。
その他、DAOもこの1年で爆発的に増え、分散型トレジャリーはイーサリアムで82億ドル、ソラナで13億ドルを突破した。Soocial.comによると、2022年1月時点のDAOの時価総額は210億ドルと巨大で、上位5つのDAOトークンは約130億ドルの価値を保持しています。
これは、まだ火がつき始めたばかりの業界では信じられないような数字です。今後、市場が成熟し、より多くの人がWeb3を利用するようになれば、暗号が私たちの日常生活に溶け込むことは必然のように思われます。しかし、暗号が主流になるにつれて、多くの人が増大する問題に注意を促し始めています。

多様性の問題

現状では、web3は大きな多様性の問題を抱えている。Quartzがベンチャー企業の暗号通貨スタートアップ378社を調査したところ、女性の共同創業者や創業者がチームにいると報告したのはわずか8.5%だった。また、CNBCとAcornsによる調査では、暗号通貨に投資する男性の数は女性よりも2倍多いことが判明しています。
実際、Web3は多かれ少なかれ、多くの点で既存の金融業界を反映しているようだ–コミュニティの大半は白人で男性である。2021年の時点でも、マッキンゼーのレポートによると、北米の女性は “金融サービスの労働力として劇的に存在感が薄い “とされている。
有色人種の女性にとって、この物語はさらに悪い方向に進んでいます。アジア系、黒人、ヒスパニック系の女性は、新入社員から管理職に昇進する確率が著しく低く、この傾向は商業銀行、資産運用、保険など、金融サービス業界全体で続いています。
さらに、創業者やリーダーに関しても、同じようなことが言えます。Deloitteの調査によると、フィンテックの創業者コミュニティは、世界中で男性が圧倒的に多いことが分かっています。女性が占める割合はわずか7%です。また、2019年には、アメリカの107の大手金融機関のうち、男性のCEOはわずか6人であることが判明しました。
これはもちろん、数世紀にわたる戦いである。ジェンダーや民族の不平等は、世界中で何十年も続いており、特にアメリカの企業では顕著です。

より良いWeb3を作るために

web3の主要な要素は、インターネットに革命を起こし、既存の金融システムを変革することを約束することです。では、なぜコミュニティや創設者たちが同じように見えるのでしょうか?
残念ながら、多くの人々にとって、web3の世界は威圧的で、混乱し、ナビゲートするのが難しく見えるかもしれません。金融知識の基礎がない人は、知識の壁を乗り越え、暗号コミュニティが好んで使う謎めいた専門用語を読み解くことに困難を感じるかもしれません。
また、ブロックチェーン・ベースのゲームを楽しみたい人は、ウォレットの設定やNFTの理解にさえ戸惑うかもしれません。インフラをセットアップしたり、ガス代を払うためにコインを買ったりと、何度も立ち止まることがあります。特に、行き詰まったときに助けてくれるような社会的サークルがない初心者は、興味を示しても、結局は完全に諦めてしまうのです。
現在、私たちは「新しいインターネット」がどのように展開されるのか、重要な岐路に立っているのです。ブロックチェーンが文化的な時代精神に浸透していることは否定できませんが、暗号通貨に投資している人は10人に1人に過ぎないと専門家は推定しています。このことは、より多くの消費者がWeb3を利用するようになるにつれ、大きなチャンスとなります。
メダ・コタリ氏は、メンターシップ、教育、コミュニティの提供を通じてブロックチェーン分野の多様性を高めることを目的とした非営利団体she256の共同設立者です。Kothari氏は、会社を設立した理由を雄弁に語っています。
「ブロックチェーン技術は、金融システムや社会のあり方を根本的に変えると確信しています。だから、これらのシステムを構築する人々が、世界の人々の多様性を代表することが絶対に重要だと考えたのです」。
今後は、一部の特権階級の利益になりがちなPFPプロジェクトだけでなく、より多様なプロジェクトがブロックチェーン上に構築される時期に来ていると言えるのではないでしょうか。

Web3世界における金融包摂

幸いなことに、暗号の基本的な性質は、すでにインクルージョンを構築し、伝統的に経済的特権から排除されてきたコミュニティを引き上げ始めています。例えば、アルゼンチン、ベネズエラ、ブラジルなどの国々では、暗号資産がラテンアメリカのインフレヘッジにすでに役立ち始めています。
その他、東南アジアでは、Axie Infinityのようなゲームの人気を受けて、暗号通貨が大規模な普及率を記録しています。暗号ウォレットプロバイダーのMetamaskは、月間アクティブユーザー1000万人のうち20%がフィリピン出身であると報告し、Headline Asia and Infinity Ventures CryptoのパートナーであるBrain Luは、大胆な予測を立てました。
「今後数年間の暗号の最大の推進力は、DeFiでもなく、中央集権的な取引所の開設でもないでしょう。それはGameFiになるだろう”。
実際、ブロックチェーンベースのゲームは、インクルージョンを支持し、非暗号化ネイティブのオンボーディングプロセスを容易にすることで、他のプロジェクトよりもはるかに大きなTAMを獲得できることに気付き始めている。同時に、より多様な人々をWeb3の世界に取り込むことができるのです。
現在、プレイ・トゥ・アーンのゲーム市場が急成長しており、暗号の世界により多様な視点とオペレーターを取り込むことが期待されています。しかし、さらに一歩進んで、あるスタートアップはさらに大きくなることを計画している。

STEPN、インクルージョンの支持者

STEPNは、屋外で体を動かすと報酬が得られる移動・獲得型アプリです。トークンを獲得するために、ユーザーはNFTマーケットプレイスからデジタルスニーカーを購入し、屋外でウォーキング、ランニング、ジョギングをします。STEPNは、現実世界での活動をデジタルゲームやアチーブメントと結びつけることで、毎日の使用を動機付け、健康的な習慣の構築を促す強力なアプリを設計しています。
これにより、STEPN は、フィットネス志向のユニークなユーザーを Web3 の世界に引き付けました。ランニング愛好家だけでなく、外で話をしながら歩くのが好きな人なら誰でも、健康的な習慣を身につけるために報酬を得るというアイデアに惹かれるでしょう。このように、Web3は以前よりずっと多くの人にアピールできるようになったのです。暗号を稼ぎながら健康を増進することは、強い動機付けとなる。
クリプトネイティブでない人たちのために、STEPNは近々レンタルプラットフォームを展開する計画を持っています。新規ユーザーは、ウォレットや暗号空間に関する知識がなくても、既存のユーザーからNFTスニーカーをレンタルできるようになります。これによって、複数のことが可能になります。

1)まだスニーカーを買うだけの資金がない人にとって、購入のハードルを下げることができます。そして、徐々に資金を増やしていき、最終的には自分のスニーカーを手に入れることができます。

2) 新規ユーザーは、プレッシャーを感じることなくプラットフォームに慣れ、STEPNフレームワークを利用してWeb3トランザクションの仕組みを理解することができます。例えば、ウォレットを設定することで、将来的にNFTのスニーカーを購入することができることを理解することができるのです。

3) おそらく最も素晴らしいことに、これは新規ユーザーに「擬似メンター」のようなものを与えるものです。『Axie Infinity』のギルドが新規プレイヤーの教育、資金提供、指導を行うのと同様に、スニーカーをレンタルするユーザーは、レンタルした人を支援する「ミニギルド」となり、同様にレンタルによる利益で時間に対する報酬を得ることができます。これにより、ユーザー同士が交流し、利益を共有し、価値とコミュニティを創造する、強力で社会的なエコシステムが構築されます。

StepNは、暗号市場と非暗号市場の橋渡し役として、世界中の何百万人もの人々の健康を改善しながら、膨大な数のランナーやウォーカーをWeb3の世界に導く可能性を持っています。

Closing thoughts

web3は、より公平な金融システムというビジョンのもとに設立されました。このシステムを構築し、投資し、利益を得ている人々は、すべての人を代表し、包括的であるべきです。TechCrunchのライターが言うように、”なぜこの新しい時代に排除の階層を再構築するのか?”です。
Web3は、私たちが知っている金融システムを、技術や構造だけでなく、ユーザーやコミュニティの構成においても、徹底的に民主化することを目的としています。多様性が高まれば、より強力な成果とより良い問題解決につながることは、数え切れないほどの研究で明らかにされています。STEPNは、このビジョンを実現するための支援を行っています。

STEPN’s mission is to be a bridge to Web3

関連記事

  1. Fantom Maker Meet the Team
  2. STEPN サプライズAMA [2022/03/01]
  3. STEPNのGMTトークンがAlchemy Payに対応し、実生…
  4. ITHEUM とは
  5. Floyx roadmap 2022
  6. Republic KYCの方法
  7. 日本株IPO スパイダープラス【4192】
  8. STEPN Exclusive Clubへようこそ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

当BLOGの更新情報・IDO/IGO/IEO/エアドロップなどの最新情報をTelegramでお届けしています。
チャンスを逃さない為にも、是非【MatometaX テレグラム】にご参加ください。

【MatometaX LINE公式アカウント】を開設しました✅

友だち追加

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。