【Move-to-Earn】

STEPN フィットネス3.0 ムーブ・トゥ・アーンがフィットネスの次の進化をもたらす理由

どうしたら人を鍛えさせることができるのか?フィットネスが発明されて以来、人類が取り組んできたジレンマです。

数え切れないほどの企業がこの問題を解決しようと試みてきました。実際、今や1兆ドル規模の巨大産業となった現代のフィットネス産業は、この前提のもとに成り立っているのです。人間は定期的に運動する必要がありますが、即効性のあるデジタル時代には、それが日に日に難しくなっています。

高度なテクノロジーと分析技術を駆使しても、私たちは十分な運動をしていないのです。専門家は、成人の3人に1人しか毎週推奨される量の運動をしていないと見積もっています。

より良いフィットネス企業の必要性はかつてないほど明確になっており、ムーブ・トゥ・アーンの動きは、私たちがもっと運動できるようにするための最も有望な次のイテレーションになりつつあります。

なぜ「move-to-earn」がフィットネスの次の進化なのかを真に理解するためには、まず始めに「move-to-earn」から始めるのがよいでしょう。

Move-to-survive

数百年前、紀元前1万年頃の太古の時代には、現代のようなジムや高級なマシンは確かに存在しなかった。しかし、人類は現代の私たちよりもはるかに優れた体型をしていたのです。

それは、生き残るために動いたからです。

私たちが生きていくためには、登ったり、ジャンプしたり、走ったりと、自然環境をナビゲートする能力が不可欠だったのです。

動物を狩るには体力が、木に登り食料を集めるには敏捷性が、生存の鍵となるシェルターや道具を作るには強靭さが必要だったのだ。

私たちの祖先を研究してきた考古学者や人類学者は、激しい運動が私たちの日常生活に深く織り込まれていたことに同意しています。体を動かすことは非常に本能的であり、必要性に駆られ、私たちの生活の中心であり、日常生活の自然な一部であった。

Move-to-fight

次に、農業革命の幕開けで、社会はより構造化されたものになった。農耕文化では、肉体労働が生存のための中心的な要素であることに変わりはないが、移動はより反復的で制限されるようになった。

走る、跳ぶ、這う、登るなどの多様な運動ではなく、動物の世話や土地の播種、雑用、作物の収穫などを行うことであった。

分業化され、食料も確保されたことで、突然の余暇が生まれ、好きなことができるようになったのです。確かに体系的な運動習慣はなかったが、村人が戦闘に適した体型を維持するために、初期のフィットネス習慣が芽生えたのかもしれない。

Move-to-thrive

技術や農業の進歩によって生活の質がますます向上するにつれ、人間はますます多くの時間を自由に使えるようになり、肉体的に力を発揮する必要性が少なくなった。体力は生き残るための必需品ではなく、名声や市民としての義務の証として切望されるようになったのです。人々は繁栄するために動いたのだ。

これは古代ギリシャで最も顕著に現れ、市民は体力と精神の明瞭さが両立すると信じていた。

Mens sana in corpore sano – 健康な体に健康な心。

古代ギリシャの社会では、トレーニング施設とコーチが不可欠であり、スポーツの優秀性を追求するためのものだった。紀元前776年に始まったとされる古代オリンピックでは、ランニング、ジャンプ、円盤投げ、戦車レースなどが行われました。

Move-to-flex

これが今日のフィットネスに対する考え方の下地となったのです。現代のインスタグラム時代には、フィットネスは、その視覚的な装い、つまり達成不可能な狭い範囲の身体的理想と混同されるようになりました。

1000ドルもする回転マシンから高価なEquinoxジムの会員権まで、フィットネスは美しく、引き締まった、筋肉質の人の代名詞となっています。

フィットネスブランドは、一般市民を代表しないような「フィットネス」像を誇示するモデルを使って広告を出すことがよくあります。

運動不足になるのも無理はありません。多くの人にとって、「大きな体」や「引き締まった腹筋」を手に入れることは、単に非現実的なフィットネス目標であり、現代人の狭いビジュアル上の理想に合う幸運な数人にだけ許されることなのです。

これは深刻な問題です。マーケティング担当者がどう考えているかは別として、今日の「フィットネス」の美学に合う世界の人口はかなり少なく、このフィットネスに対する姿勢は、運動を完全にあきらめることになる人々の大部分を排除しているのです。

しかし、実際のところ、優れたフィットネスにはもっと広い範囲があります。ハーバード大学の2つの研究によると、ウォーキングなどの軽い運動を1日20分行うだけで、心臓病のリスクを最大30%減らせることが分かっています。さらに10分追加して30分歩くと、心血管系の健康、筋力と持久力の向上、高血圧と高コレステロールのリスク軽減、精神と感情の健康など、大きな効果が得られます。

しかし、残念なことに、体を鍛えることとフィットネスをイコール、引き締まった腹筋、キラートレーニング、厳しい食事制限と考えているほとんどの人は、このことに気づいていません。現代のフィットネスに対する考え方は、健康な人に有利なように進化し、「健康でない人」に対する負のフィードバックループを生み出し、私たち全体の健康とフィットネスに大打撃を与えているのです。

フィットネスの次の進化:move-to-earn

現代のフィットネス産業は、人々の運動を促すのに十分な力を発揮していないことは明らかです。新しい機器を開発したり、大きなジムを建設したりする新興企業に何十億という資金が投入されているにもかかわらず、一貫した運動習慣を維持できている人は驚くほど少ないのです。

だからこそ、move-to-earnのムーブメントが重要なのです。この新世代のフィットネス新興企業は、運動することにインセンティブを与え、運動した人にお金を払うことで、世界中の人々に健康を手に入れるための明確なインセンティブを即座に与えることができるのです。

体重を減らしたり、体を引き締めたりすることは、数週間から数年かけて行われることが多いのですが、お金をもらうことは、ほとんどの人が賛成できる即効性のある特典です。

Move-to-earn と web3 の出会い

しかし、運動する人にお金を払う既存のWeb2スタートアップのほとんどは、あまり人気を集めることができていない。

なぜか?つまり、多くのモデルは、逆向きのインセンティブで設定されているのです。

例えば、HealthyWageは、減量目標を達成したユーザーに報酬を支払う会社です。残念ながら、この会社は、ユーザーが目標を達成できなかったときに利益を得るように収益構造を設定しました…これが明らかな利益相反を引き起こした理由は理解できなくもありません。

しかし、ブロックチェーンは、ムーブ・トゥ・アーンに新たな命を吹き込んでいる。クリス・ディクソンが説明するように、Web3のブートストラップ・ネットワークにおけるトークン・インセンティブは、前例のないスピードとボリュームで需要と供給を促進します。

ユーザーのフィットネス目標から利益を得る代わりに、企業は取引からわずかな手数料を得ることができ、より多くの人が健康的なライフスタイルを送るためのポジティブなインセンティブを加えることができます。さらに、ブロックチェーンの金融構造により、ユーザーはプロジェクトに投資し、所有者意識を持つことができ、自身のフィットネスジャーニーへの投資を後押しすることができます。

これを成功させている企業の強力な例の一つがSTEPNです。STEPNは、屋外で体を動かすと報酬が得られる移動・獲得型アプリです。トークンを獲得するために、ユーザーは同社のNFTマーケットプレイスからデジタルスニーカーを購入し、屋外で歩いたり、走ったり、ジョギングをしたりします。

コインを発行して以来、STEPNは爆発的な人気を博し、数週間で時価総額10億円を突破、ユーザー数も1,000%以上の爆発的な伸びを記録しています。毎日何十万人ものアクティブユーザーがいるこのアプリは、すでに世界中の人々がより健康的な習慣を身につけ、毎日の運動習慣を身につける手助けをしています。

次は何をする?

STEPNにとって、これはまだ始まりに過ぎません。放物線のような成長を遂げている同社は、さらに大きく成長する可能性を秘めています。レンタル・プラットフォームを立ち上げれば、Web2フィットネス市場に参入し、この分野に革命を起こすことができるだろう。

STEPNは、アクセシビリティ、インクルーシビティ、そして多くの人々の健康的なライフスタイルを支援するというミッションにより、フィットネスの次の進化を先導する大きな計画を持っているのです。

関連記事

  1. スロープの情報漏えいに関する公式声明
  2. STEPNは、NFTでフィットネスの最先端を行く
  3. XANA Metaverse AppRound1 のアルファパス…
  4. STEPN 私たちはデジタル・キャンプファイヤーを作っているので…
  5. STEPN、Sequoia Capital、Folius Ven…
  6. Genopets $GENE:デュアル・アーニング・エコノミー
  7. STEPN アプリでスニーカーNFTを購入する方法②
  8. XANA メタバース最新情報 【2022/03/10】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

当BLOGの更新情報・IDO/IGO/IEO/エアドロップなどの最新情報をTelegramでお届けしています。
チャンスを逃さない為にも、是非【MatometaX テレグラム】にご参加ください。

【MatometaX LINE公式アカウント】を開設しました✅

友だち追加

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。