【Move-to-Earn】

STEPNガイド:精神的・心理的・社会的健康のために

今回のSTEPNEMBERでは、まずSTEPNコミュニティのBefore/Afterサクセスストーリーに焦点を当てます。健康は、良い人生を送るために不可欠です。NFLの元ヘッドコーチでアメフト選手のチャック・パガーノは、このことをうまく表現しています。

“健康がなければ何もできない”

パンデミックでは、私たちの健康状態が世界的に注目されるようになりました。健康の大切さは誰もが直感的に理解できるものです。しかし、時には、当たり前のことを本当に理解するために、ちょっとした後押しが必要なこともあります。

しかし、時には、当たり前のことを本当に理解するために、ちょっとした後押しが必要なこともあるのです。ハイキング、サイクリング、その他のスポーツなどのアクティビティは、COVIDの最盛期を通じて、関心が高まりました。特に、ウォーキングとランニングはルネッサンス的な盛り上がりを見せました。特にジムが閉鎖され、他の運動が一時的に停止されたため、多くの国でウォーキングブームが巻き起こったと言われています。

現在、多くの人がウォーキングやランニングを続けていますが、一人でその習慣を維持するのは大変なことです。STEPNは、外で、みんなでウォーキングやランニングを続けることを後押しし、これらのことが身体的、精神的、社会的な健康のために3つのメリットがあることを知っています。

今回は、これら3つの領域すべてにおけるポジティブな影響について検証していきます。

I. Physical/フィジカル

外をより多く歩くことの最も明白な利点は、身体の健康への直接的な影響です。

WHOの研究者の調査によると、成人の4分の1以上が十分な運動をしていないことが分かっています。これは緊急の課題です。世界の人口がもっと活動的になれば、毎年500万人もの早死を防ぐことができます。

一方、定期的な運動は、心肺機能を高めながら、心臓病、脳卒中、高血圧、がん、さらには2型糖尿病のリスクを大幅に減少させることができます。激しい運動でなくても、毎日30分歩くだけで、心臓の健康を高め、スタミナをつけ、エネルギーレベルを上げることができるのです。

さて、身体の健康を維持するのは、運動だけではありません。食事と栄養は健康な身体と切っても切れない関係にあり、運動をすることでより健康的な食事を選択できることが証明されています。ある研究では、運動プログラムの実施により、体力が食の好みに大きな影響を与えることがわかりました。つまり、体を動かすことは、悪い習慣を断ち切り、より健康的な食品への食欲をそそるという2つの効果をもたらすのです。

他には?質の高い睡眠もまた、体力を維持するための重要な柱です。たとえ定期的に運動をし、バランスの良い食事を摂っていたとしても、睡眠不足は免疫系の反応低下やストレスによるコルチゾールの増加など、身体に大きな負担をかけます。

今日、睡眠不足は、特に24時間のニュースやスクリーンの普及により、21世紀における広範な問題となりつつあります。米国では、成人の25%が30日のうち15日以上眠りが浅いと回答しており、7000万人以上の米国人が睡眠障害を抱えていると言われています。

良い睡眠を得るために何が役立つと思いますか?そう、定期的に体を動かすことです。ウォーキングは睡眠の改善と密接な関係があり、歩数を増やすことで睡眠の持続時間、質、潜伏時間(眠りに落ちるまでの時間)が改善されることが研究で分かっています。

II. Mental

幸福のもう一つの基盤である心の健康は、身体の健康と密接に関係しています。身体の健康と同じように、心の健康も行動的、感情的、認知的な様々な要素で構成されています。

ここでも、ウォーキングやランニングなどの適度で定期的な運動は、不安やうつなど、多くの行動的健康状態に数え切れないほどの効果をもたらします。ハーバード大学の研究者たちは、毎日1時間ウォーキングするだけで、うつ的な感情のリスクを26%削減できると報告しています。

メンタルヘルスの他の側面についてはどうでしょうか。行動の健康とは異なり、心の健康とは、ポジティブな感情にもネガティブな感情にも対処し、人生の浮き沈みに対処し、回復力を養い、全体的にポジティブで満足感のある状態を指します。心の健康が良好でないと、心は慢性的なマイナス思考のスパイラルに陥り、免疫力の低下、消化器系の健康、心臓の健康など、身体的な病気と同じように影響を及ぼす可能性があります。

定期的な運動は、感情的なスタミナをつけ、自信と自尊心を高め、ストレスレベルを下げる強力なツールであることが何度も明らかにされています。体力と感情の関連性を調べたある研究では、有酸素運動のジョギングやマインドフルネスベースのヨガなどの運動を2ヶ月続けるだけで、暗黙の感情調節能力が向上することがわかりました。

最後に、認知的健康、つまり明確に考え、学習し、記憶を保持する能力です。目標設定、計画、判断、意思決定などの実行機能、高次機能も含まれます。平たく言えば、鋭い洞察力と注意力、優れた記憶力、明晰な精神力、そして思考力です。ここでも、身体の健康が基礎となります。有酸素運動と、言語記憶や学習に関連する脳領域のサイズアップとの間に関連性があるという研究結果が出ています。また、『British Journal of Sports Medicine』によると、高齢者は朝の30分のウォーキングで思考力、記憶力、明晰さを向上させることができるという研究結果が発表されています。

III. Social

最後に、社会的健康は、他者とやりがいのある健全な関係を形成するための鍵です。

孤独が蔓延している今日、社会的健康はかつてないほど重要です。ギャラップ社の「2022 Global Emotions」レポートによると、なんと3億3千万人の成人が、一人の友人や家族と何週間も話をしないことがあるそうです。また、孤独は健康面でも大きなリスクがあります。社会的孤立や交流の少なさは生理的変化をもたらし、全死因死亡のリスク上昇につながることさえあるのです。

運動には身体的、精神的、社会的なメリットがたくさんありますが、新しい人と出会い、一緒に新しいスキルを学ぶといった社会的な側面については、あまり耳にすることがありません。

他の人と一緒に運動することで、やる気や責任感を持つことができます。高齢者を対象としたある研究では、グループで運動することで、自己効力感(ある行動を実行する能力があるという信念)と結果の期待値が大幅に向上することがわかりました。さらに、ソーシャルエクササイズは健全な競争を促し、グループ内の全員のレベルを上げ、お互いに刺激し合って、熱心にワークアウトの習慣を維持することができます。

これが、バーチャルランニングレースやコンペティションのような競争形式や、Stravaのような10億ドル企業の基礎になっています。誰かと一緒に散歩をするといった簡単なことで、より強い絆と人間関係を築き、経験を共有し、活動することでエンドルフィンを得ることができるのです。

Conclusion

COVIDは、私たちの健康状態を最前線に押し上げるものでした。しかし、私たちが体を動かし、活動的になるのに、大流行など必要ないのです。定期的な運動は私たちの健康にとって不可欠であり、肉体的、精神的、社会的な生活のあらゆる面に驚くべき影響を及ぼします。

Team STEPN

A STEPN Guide to Phsyical, Mental and Social Health

関連記事

  1. TOWNSTAR Gala Powerについて
  2. レルムとコラボレーション
  3. STEPNが1周年、It’s A Movement
  4. 日本株IPO Photosynth【4379】
  5. PlanetQuest FAQ
  6. Binance Labs、STEPNに戦略的投資を実施
  7. The ABCs of Genopets NFTs
  8. STEPN 先駆者たちへ贈るオープンレター

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

当BLOGの更新情報・IDO/IGO/IEO/エアドロップなどの最新情報をTelegramでお届けしています。
チャンスを逃さない為にも、是非【MatometaX テレグラム】にご参加ください。

【MatometaX LINE公式アカウント】を開設しました✅

友だち追加

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。