【Move-to-Earn】

STEPN: Web2とWeb3のギャップを埋める:メインストリームからの革新的な提案

この1年は、前例のないチャレンジと混乱がweb3の世界のあらゆる側面に影響を及ぼし、激動の1年となりました。

しかし、このような困難にもかかわらず、分散型でオープンなインターネットの構築に尽力する開発者、ユーザー、企業のコミュニティの拡大により、web3列車は前進を続けているのです。

新しいプロトコルやアプリケーションの開発から、主要な組織によるブロックチェーン技術の採用まで、この1年間にweb3領域で行われた進歩は、印象的なものに他なりません。そして、もしあなたが本当に注目しているのであれば、ドラマチックな見出しにとらわれず、実はあらゆるところでイノベーションが起きているのです。

この記事では、Web2とWeb3の間のギャップを埋めるために、採用率を向上させ、インターネットの未来を形作る手助けをする最新の企業をいくつか紹介します。

Going mainstream

Web3のニュースサイクルは、その空間を支配する絶え間ない猛攻撃に巻き込まれがちです。メディアは、FTXの崩壊に関する最新情報や、クリック数を稼ぐための悲観的な見出しに焦点を当てるかもしれませんが、目に見えるものはもっとたくさんあります。

舞台裏では、数え切れないほどの開発者、研究者、起業家のチームが、Web3導入の次の波を後押しするインフラやツールの構築に懸命に取り組んでいます(私自身もその一人です!)。

より高速で安価な取引を可能にするレイヤー2ソリューションから、分散型アプリケーションの構築と展開を容易にする新しいプロトコルまで、web3のエコシステムは常に進化と改善を続けています。

今日、私たちは、主流企業が飛び込んできたほんの数例を集めました。

Stripe(ストライプ)

12月初旬、決済大手のStripeは、暗号通貨取引所にサインアップすることなく暗号通貨を購入できるfiat-to-crypto onrampウィジェットをデビューさせました。このウィジェットは、あらゆる暗号製品に埋め込むことができ、ユーザーはカード情報を入力して暗号を取得し、別のWeb3製品で使用することができるようになります。

現在は、テストに招待された米国の顧客のみが利用可能です。Stripeは、このウィジェットが、分散型取引所、非ファンジブルトークンプラットフォーム、ウォレット、分散型アプリケーションに取り組む開発者に使用されることを期待している。ウィジェットは、ユーザーが不換紙幣で使いたい金額に上乗せして手数料を請求し、カード決済、銀行振込、Apple Payなどさまざまな支払い方法をサポートします。

テレグラム(Telegram)

同じ週に、TelegramのCEOであるPavel Durovは、中央集権的な仲介業者に対する懐疑的な見方の高まりを利用して、分散型暗号通貨取引所や非保護ウォレットを含む一連の分散型ツールを、クラウド型インスタントメッセージングアプリが作成すると発表しました。デュロフは、中央集権化の危険性を示す証拠として、FTXの破綻とその後の破産を挙げ、「何十万人もの暗号通貨ユーザーを失望させた過度の中央集権化が引き起こした過ちを、我々は修正できる」と述べています。

注目すべきは、Telegramのネイティブ暗号資産The Open Network(TON)が市場の弱気トレンドに逆らい、11月10日以降約50%上昇したことです。そして最近、ブロックチェーンのインフラを構築するために、Cypher Capitalから新たに1000万ドルの資金を確保しました。

JPMorgan (ジェイピー・モルガン)

一方、機関投資家金融でさえも、まだまだである。JPMorgan Chase & Coは、11月下旬に公開された公式文書で、暗号通貨ウォレットの商標を正式に登録した。詳細を見ると、JPMはブロックチェーン上の暗号転送、交換サービス、支払い処理サービスなどに関連するサービスを提供することが示されている。

まとめ

Web3業界はこの1年でいくつかの大きな課題に直面しましたが、こうした障害にもかかわらず、主流採用に向けて前進を続けています。

Stripe、Telegram、JPMorganなどの企業は、Web3導入の次の波を起こすために必要なインフラやツールの構築に取り組み、その先頭に立っている。

情報を得ることは重要ですが、メディアの報道に振り回されないようにしましょう。分散型、公正でオープンな未来のインターネットを構築するために懸命に働いている人たちが、まだ数え切れないほどいるのですから。全力疾走だ!

Bridging the Web2 and Web3 Gap: Innovations from the Mainstream

関連記事

  1. クリプト用語: STEPNとその先
  2. MOOAR WHITEPAPER/ホワイトペーパー【2023/0…
  3. GAS HERO: ArmandiとMishaのデジタル・イラス…
  4. Coinbaseにおける新規資産上場の透明性を高める。
  5. MOOARのローンチとNFTマーケットプレイスの歩み
  6. MOOAR: GNT NFTをMINTして販売する方法
  7. STEPN Around The World: スニーカーエンハ…
  8. 【STEPN】ブルーオーシャン・マーケットをいかにつくるか

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

⚡️STEPN LINE公式アカウント

友だち追加

Shortcodes Ultimate

PAGE TOP