STEPN

STEPNを支える製品哲学/Moonshot Mafia #01(Jerry氏インタビュー)

STEPN の創業者 Jerry Huang 氏を招いた Moonshot Mafia の Fireside Chat を振り返る。

「STEPNは、楽しいソーシャル要素とゲーミフィケーションデザインを備えたWeb3ライフスタイルアプリです。NFTスニーカーを装着したユーザーは、屋外でウォーキングやジョギング、ランニングをすることでGSTを獲得し、そのGSTを使ってレベルアップしたり、新しいスニーカーを鋳造したりすることができます。プレイヤーは、アプリ内のマーケットプレイスでNFTスニーカーをリースまたは販売することができ、ユーザーのGST収益はアプリ内のウォレットに保存され、スワップ機能が組み込まれています。」(詳しくはGameFiをご覧ください)

Moonshot Web3 Mafia 1では、STEPNの共同創業者であるJerry Huang氏をお迎えし、STEPNのイノベーションを牽引する製品哲学についてお話を伺いました。

主要なポイント

1) トークンの消費はブロックチェーンゲーム開発における大きな課題であり、ゲームを成功させるために熟慮が必要である。

2) 経済モデルは、価値システムの強力な循環を確保し、インフレを回避するために慎重に設計する必要がある。

3) ユーザーの成長を確実にするために、製品は魅力的で、個人的で、拡散可能であるべきである。

4) コールドスタートは、既存のリソースを活用し、ユーザーとのエンゲージメントに重点を置くべきである。

5) 資金調達は、ユーザーのエンゲージメントとコンバージョンを最大化するために、戦略的なタイミングで行う。

6) チーム作りは、規模よりも才能を優先し、パンデミックによって可能になったリモートワーク機能を活用する。


CHAPTER 1:STEPN誕生秘話

Moonshot Commons:

STEPNプロジェクトに取り組み始めたきっかけは?

Jerry:

当時、Axie Infinityの成功は私を大きく刺激しました。ゲームとブロックチェーンを組み合わせるなんて考えたこともなかったし、この組み合わせが経済や日常生活にどのような影響を与えるかも考えもしなかった。いまやフィリピンでは、ゲームをするだけで生計を立てられる家庭がたくさんあります。

Axie Infinity is a “play-to-earn” blockchain game that could earn players $8-$40 a day, Source: Niko Partners

その後、ある日、近所を歩いていると、「CRYPTO」と書かれたナンバープレートが目に入りました。この地域にもブロックチェーン技術に興味を持っている人がいるのだと興味を持ちました。
翌日、赤ワインを持参し、隣人のドアをノックした–現在、STEPNの共同創業者であるYawnである。

Jerry Huang and Yawn Rong, Source: Fortune

Yawnは2017年にブロックチェーンへの投資を始め、様々なブロックチェーンプロジェクトに注目してきました。私たちはよくチャットでブロックチェーン業界の発展について話し合い、それがアクシーインフィニティについての議論につながった。

私は彼に言った。

“私は長年のゲーム開発の経験があり、ブロックチェーン技術の動向も把握しています。
そして、あなたは多くのブロックチェーンプロジェクトに投資しており、市場についてより深く理解している。一緒に何かやりましょうよ!』と。

そして、そこに製品であるSTEPNが登場します。

私たちは、この製品を作るにあたって、明確な目標を掲げていました。
アクシーインフィニティは、前例のないほど多くの人々の生活に革命をもたらした一方で、多くの問題を未解決のまま残したと考えます。
10年間ゲーム開発に携わってきた私は、改善の余地が大きいと考えました。

1)トークンの消費が限定的すぎる。
ほとんどのメカニズムは、リソースの消費よりも、リソースの出力に重点を置いています。
SLP(アクシーインフィニティのトークン)はすぐに膨張し、システム全体に影響を与える。
ゲーム開発において、ゲームモデルと経済システムを設計することは、常に大きく複雑なタスクです。

2) そのゲームモードは完全に戦略ベースのカードゲームである。
これは比較的小さなゲームカテゴリーであり、クリプトスペースにいる2000万人のうち、わずか200~300万人のマーケットにつながるものである。
もちろん、その輪の外にも、クリプトを理解せず、金儲けのためだけにゲームをプレイしている人たちがいる。

私たちの製品は、Axie Infinityのそれとは異なる位置づけにあります。
クリプト空間にいる2,000万人のうち200万人だけを対象にするのではなく、クリプト空間以外の2億人にリーチしたいと考えました。
ですから、まず、私たちの製品は、簡単に理解でき、簡単に使えるものでなければなりません。

Source: Finder

ゲーム産業が広大であるにもかかわらず、ゲームコミュニティに積極的に参加している人の数は、社会全体の人口と比較すると極小である。
しかし、スポーツはほとんどすべての人が語り、共感できるテーマです。そこで、『Axie Infinity』では、経済システムの中で最も本質的な部分を残し、スポーツシーンに合わせました。

ユーザーが初めて本Appを利用する際、「ブロックチェーンゲームである」ということは伝えません。多くのユーザーは「ブロックチェーンゲーム」という概念がなく、何ができるのか、どう参加すればいいのか、どのようなスキルが必要なのかがわからないのです。
しかし、単純に「走るアプリです」と伝えると、99%のユーザーがすぐに「App」の使い方を知ってくれます。私たちは、ユーザーが私たちの製品を始めるのに、Cryptoについてあまり理解する必要がないように、AppのCrypto要素を最小限に抑えました。

そして、ユーザーにまずMetaMaskをダウンロードし、その後OpenSeaでNFTを購入して我々の製品を使うように求めることはできません。
インターネット製品を扱ったことのある人なら誰でも知っていることですが、利用難易度が上がるごとに教育コストが大幅に増え、利用普及や後発のユーザー増加に悪影響を及ぼします。

このアイデアを思いついた後、ほぼ一晩中チャットをして、いろいろなディテールを固め、さらに一晩かけて製品スケッチをデザインしました。
最近、そのスケッチを掘り出して、今日のSTEPNと比較したところ、80%の類似性を持っていました。

それが、STEPNの登場です。

STEPN expands the gaming concept into the broader context of sports, Source: BeinCrypto

CHAPTER 2:STEPNの経済システム

Moonshot Commons:

製品の経済モデルはどのように設計するのでしょうか?
経済モデルを設計する際の一般的な原則はあると思いますか?

Jerry:

ブロックチェーンゲームであれ、従来のゲームであれ、普遍的な原則があり、それは価値システム全体の循環が強固であることです。
現実世界の経済システムと同じように、経済システム全体をデフレにすることもインフレにすることもできないのです。

これは、従来のゲームでは実現しやすい。USDをトップアップすると、ゲーム通貨に変換されます。これは一方通行の処理です。
そのため、インフレが起きたら、消費のための新しいシナリオをいくつか追加するだけで、問題を解決することができます。
ところが、暗号の世界では、お金の流れは双方向です。
ユーザーの資産引き出しを防ぐことはできないので、初期段階から細心の注意を払ってシステムを扱う必要があります。

多くのブロックチェーンゲームが正しく作られていないと思うのもこのためです。
多くのブロックチェーンゲームは、スタート時にキャラクターアセットとして5,000以上のNFTを鋳造しています。これによって第一波は注目されるものの、ゲームのローンチとともに5,000人以上のユーザーが参入すると、正しく設定されていなければ、あっという間にクラッシュしてしまいます。

それを避けるために、早い段階からユーザー層の拡大に力を入れなかったのです。製品発売当初は、数百人のユーザーしか加入していませんでした。
そして、その数百人のユーザー行動と経済システムへの影響をもとに、NFTのエアドロップの量と速度を徐々に上げていきます。

ブロックチェーンゲームでは、その経済システムの中核は、トークンの生産と消費をコントロールすることで、いわゆるインフレとデフレになります。
みんながお金を稼ぐために集まっているので、デフレを実現するのは非常に難しい。
結局お金を使わないといけないのに、儲からないとなると、ユーザーは絶対に受け入れられない。

しかし、今は事実上、デフレ状態を実現しています。
ユーザーの一般的な経済行動のデータを見ると、だいたいわかります。
初期の頃は、コインを採掘するために来る人は少なく、実際に遊ぶために来る人の方が多かった。
当時は、アウトプットの約2倍の消費量でした。
例えば、今日私が採掘したのは2トークンですが、平均消費額は4トークンでした。
その後、持続可能なトークノミクスを維持するために、報酬を2倍にするなどの活動を通じて、マクロコントロールを実施しました。

STEPN Tokenomics , Source: InsideBitcoins

Moonshot Commons:

STEPNは、さまざまなシューズの価格や返品サイクルをどのように調整しているのか。
旧来のプレーヤーに新しいニーズを継続的に生み出すには?

Jerry:

第一に、価格は私たちが決めるのではなく、市場が決めるものです。

第二に、さまざまな種類のユーザーニーズに対応するため、多くの消費メカニズムを用意しています。

私のこれまでのゲーム経験からすると、リターンを期待せずにお金を使うプレイヤーは3%程度です。
多くのユーザーは、アカウントを作るとすぐに1万円から10万円を積みます。
数日遊んでみて、思ったほど面白くないと感じると、そのままお金を置いていってしまうのです。

そのため、経済的な負担を軽減するために、さまざまなお金の使い方を用意しています。
例えば、ジェムシステムは必ずしも経済的な見返りがあるわけではなく、実際、レベルが高くなればなるほど費用対効果が低くなるように設計されています。
しかし、それでもプレイヤーは日常的にジェムを合成し、消費しています。

ユーザーニーズにはさまざまなものがあり、リターンのために合理的にお金を使うこともそのひとつに過ぎません。人は、自分の豊かさを示すため、他人と競争するためなど、さまざまな理由でお金を使うことがあります。

Axieにはこうした機会がないため、富裕層は消費欲求を満たすことができません。
しかし、STEPNでは、靴を買ったり、宝石を合成したりと、さまざまな追求が可能です。
ユーザーの消費機会が多いのです。

STEPN’s sneaker purchasing page from a user’s perspective, Source: CPA.RIP

CHAPTER 3:User Growth

Moonshot Commons:

メタバースの核は没入感ではなく、アイデンティティ・システムと経済システムの構築だと思う。STEPNの経済システムは良い仕事をしていますが、アイデンティティシステムはまだ不足しています。STEPNでは今後、このようなものを用意する予定はあるのでしょうか?

Jerry:

必ずあるはずです。しかし、ゲームプレイのために多くの機能を追加することは、製品が過負荷になってしまうので、しません。

Identityにはもうひとつ、ソーシャルネットワーキングという重要な用途があります。
将来的には、ソーシャルな方向に拡張し、Web3のソーシャルプラットフォームを作る予定です。
これは、私たちのユーザーを増やす上で非常に重要な要素になるはずです。

また、Identityはソーシャルネットワーキングとしても大きな可能性を持っています。
私たちは将来、Web3のソーシャルプラットフォームを作ることで、ソーシャルな視点を広げたいと考えています。
これは、ユーザー層を拡大する上で重要な機能になります。
関連する機能は半年程度で立ち上げることが可能です。

現在も “move to earn “というコンセプトでユーザー獲得に取り組んでいます。
ユーザー数が1~2倍に増え、ユーザーのアクティビティが一定のレベルに達した時点で、ソーシャルモジュールを立ち上げ、ユーザーのプロダクト・アイデンティティに対する認知度を高めていく予定です。

Source: Metaverse Explorer

Moonshot Commons:

ユーザーの成長に関して、何か経験やアドバイスがあれば教えてください。

Jerry:

ここでは、ゲーム製品におけるユーザー成長のための必須ポイントを紹介します。

1)何よりもまず、製品の魅力を高めることです
ユーザーは、「あなたの商品は良い」と感じれば、頻繁に利用してくれる可能性が高くなります。STEPNはこの点で、NFTでお金を生み出せるということでユーザーに支持され、成功を収めました。

2) ユーザーの体験を個人的なものにし、製品を使用することで人生を向上させる結果を目に見える形にすることができるようにする。
STEPNの多くのユーザーは、アプリをきっかけに実際に運動をするようになり、運動することで強いポジティブな報酬を得ることができました。

3)商品自体に話題性・拡散性があること。
コストのかかる広告に頼らず、ユーザーの共有欲求を刺激することが、ユーザー拡大のコアロジックです。

STEPNの利用は、ユーザーが尊厳を失うことなく、利益を生み出す共有プロセスです。
ユーザーは基本的に、儲けの額ではなく、自分のランニング活動を共有することになります。
これは、他の多くの製品が見せる「見せびらかし」のアプローチよりも、はるかにポジティブなものです。
実際、ユーザーはそうした見せびらかしの行為に反対しているのが一般的です。

STEPN’s user growth after launching the public beta, Source: STEPN Official

Moonshot Commons:

ビジネスの初期段階におけるコールドスタートはどのように行ったのでしょうか?

コールドスタート問題とは、利用可能な過去のデータがないために、新しいユーザーやアイテムについて正確な予測をすることが困難なことを指します。

Jerry:

コールドスタートの核心は、既存のリソースを活用することです。なぜなら、最初のうちは、リソースも権限もないのですから。

ハッカソンに参加し、ゲーム部門で4位を獲得したことで、知名度が上がり、Discordに最初のユーザーが集まりました。

その後、NFTを配布し、さらに多くのユーザーを私たちのコミュニティに引き込みました。私たちは、すべてのユーザーをクローズドベータに招待し、製品の反復に深く参加してもらい、報酬としてNFTを贈呈しました。
そのため、ユーザーコミュニティ全体が、共に成長し、何かを作り上げるという意識を持ち、ユーザー同士の強い結束を生み出すことができました。

また、私たちのコミュニティは、私たちが失敗しても、驚くほど包容力があり、寛容でした。
NFTのエアドロップを行ったところ、90%以上のユーザーがトークンを保有することを選択したのですが、これは本当に驚くべき結果でした。

STEPN Winter 2021 Shoebox Airdrop Event, Source: STEPN Official

Moonshot Commons:

資金調達や広報はどうされたのですか?

Jerry:

シードラウンドで投資家に製品やビジネスモデルを説明しても、多くの人は理解せず、私たちの製品が市場で受け入れられるとは思っていなかった。
私たちは、戸別訪問で売り込むしかなかったのです。100社以上のVCと話をしましたが、最終的に数社しかパートナーになれませんでした。

資金調達は、実はMVPや性能データを手に入れる前に完了したのですが、資金調達情報の発表を急ぐことはしませんでした。
スタートアップに注目が集まり、多くのサークルの人たちが公式サイトやTwitterをチェックしてくれることは、はっきりとわかっていました。
しかし、この初期のトラフィックは、ほとんどユーザーに変換されないだろう。
ブロックチェーンの世界は、毎日新しいコンテンツが登場し、常に進化しています。資金調達の記事を読んでも、人々はすぐにあなたのことを忘れてしまいます。

そのため、パブリックベータが完成するまで待ってから発表し、実際に製品をダウンロードしてもらえるようにしました。このトラフィックはコンバージョン率が高く、多くのユーザーを獲得することができました。

このように、起業家は、せっかくのチャンスを無駄にしないために、十分な事前計画を立てる必要があります。

STEPN Roadmap, Source: STEPN Official

CHAPTER 4:Z世代の創業者へのアドバイス

Moonshot Commons:

チームビルディングについて、何かアドバイスはありますか?

Jerry:

私たちのチームは小さいけれど、力強い 研究開発チームは数十名、総勢50名ほどで、ロンドン、香港、フィリピン、シンガポール、アメリカ、オーストラリアなど、世界各地に散らばっています。

チームを拡大することよりも、優秀な人材を発掘することが重要だと思います。パンデミックは私たちに多くのトラブルをもたらしましたが、リモートワークが普及したことで、地理的な境界線に関係なく優秀な人材を見つけることができるようになりました。
リモートワークの場合、身体的な連携がとれないことが難点ですが、優秀な人材がいれば、大きなメリットになるはずです。

才能のある人は、あまりマネジメントを必要とせず、革新的な解決策で私たちを驚かせてくれることが多いのです。
つまり、複雑なヒエラルキーを持つ伝統的な会社組織に頼る必要はないのです。

STEPN’s Core Team Overview, Source: STEPN Official

Moonshot Commons:

私たちは、ゲーム業界で起業を目指す大学生のチームです。
しかし、ゲームは比較的厳しい業界であり、学生には難易度が高すぎるのではないかということがわかりました。
これについてはどう思われますか?

Jerry:

成功するビデオゲームには、大学生には不向きかもしれない高予算の3A傑作と、もう一つ、強力なコアゲームプレイシステムに依存して成功するタイプのゲームの2種類があります。

初期のPlants vs. ZombiesやWink Murderなど、多くの成功例は2番目のカテゴリーに属し、コアゲームプレイシステムを革新するゲームが、これからのゲームの潮流を作る可能性があることを証明しています。

このようなゲームが多く成功する場合、製品のインターフェイスが洗練されている必要はないのです。例えば、「Wink殺人事件」。このゲームの本質は、プレイヤー同士の競争にあり、インターフェースの美しさにはない。このようなゲーム会社は、10人以下の小さな開発チームであっても、世界中に響く製品を生み出す可能性を秘めています。

もし、あなたが本当に革新的なゲームシステムのアイデアを持っているならば、それを追求することをお勧めします。

GenZ founders should run with their truly innovative idea, Source: STEPN Official

Moonshot Mafia #01 | Product Philosophy behind STEPN

About Moonshot Commons

Moonshot Commonsは、2021年に技術者たちが地下室に集まり、構築することを決めたことから始まりました。3日間でブレイン・コンピュータ・インターフェイスからロケットエンジンまで、「ムーンショット」プロジェクトが作られ、エンジニアの活気あるコミュニティが形成されました。

現在、Moonshot Commonsは、Gen-Zエンジニアのためのグローバルなビルダーコミュニティとなっています。6,000人以上のメンバーが参加し、30人以上の創業者が、自分たちのアイデアを0からベンチャー支援につなげ、さらに多くの創業者が間もなく起業します。

私たちの信念は変わりません。なぜなら、次のSpaceXやAppleは、Z世代に属し、エンジニア主導で、最初は誤解され、デフォルトでグローバルになると信じているからです。

@ Moonshot Commons

関連記事

  1. STEPN全国MEETUP クイズ全問チャレンジ
  2. STEPN ホワイトペーパー ② [Feb. 4, 2022]…
  3. ファントムウォレット(Phantom Wallet)でSPAM …
  4. Recap: STEPN Town Hall 11th Janu…
  5. Gas Hero White-paper :ホワイトペーパー/P…
  6. STEPN ウィークリーAMA【2022年3月19日】
  7. STEPN ウィークリーAMA 【2022/04/02】
  8. MOOAR AI NFT生成ツール GNTのはじめかた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

⚡️STEPN LINE公式アカウント

友だち追加

Shortcodes Ultimate

PAGE TOP