【Move-to-Earn】

STEPN and Wellbeing Impact!

STEPNを構築し、成長させながら、私たちは時々、自分たちのルーツを振り返りたいと考えています。
このプロジェクトを始めた当初、私たちの最大のモチベーションのひとつは、世界にもっと良いものを提供したいということでした。友人や家族、隣人のためになるものを作り、それを世界中に広げていくにはどうしたらいいかを考えるとき、私たちは北極星を心に刻み込みました。Web2とWeb3のギャップを埋めながら、世界をより健康的な場所にしたい。

この北極星から、私たちは「移動して稼ぐ」アプリを作りました。これまで以上に、世界中の何百万人もの人々が自分の健康を守るために奮闘しています。私たちは、それが必ずしも簡単なことではないことを理解しています。

屋外に出る

現代人は、料理や食事、仕事、家族と過ごす時間など、90%以上の時間を室内で過ごしています。検疫や政府による閉鎖的な環境は、この現象をより強固なものにしています。
このことは、私たちの健康に大きな影響を及ぼしています。意識を広めるためのキャンペーンとして、ベルックスは私たちを「インドア世代」と名付け、41カ国のNGO、政治家、業界関係者、消費者とともに、室内にいることが私たちの健康や幸福にどのような影響を与えるかを調査しています。
科学者たちは、湿気やカビの多い家に住むと、喘息のリスクが40%増加することを発見しました。劣化した建材や家具、古いまたは欠陥のある空調システム、さらには芳香剤などの製品といったものが、継続的に汚染物質を放出する可能性があります。短期的には目、鼻、喉の炎症の原因となり、長期的には呼吸器疾患、心臓疾患、あるいは癌につながる可能性があります。
さらに、研究者たちは、昼間の光は贅沢品ではなく、必要なものであることを発見しました。ビタミンDの欠乏は、精神的な問題はもちろん、疲れやすさや倦怠感、病気にかかりやすくなることにつながります。また、人工的な光は体内時計を乱し、集中力の欠如、睡眠障害、高血圧などを引き起こす可能性があります。
最後に、都市部に住んでいて、自然から離れた室内にいることは大きな問題です。私たちは進化上、自然に囲まれるようにできています。多くの研究が、緑地(公園など木や草のある場所)とポジティブなメンタルヘルスを結びつけています。また、週に2時間以上自然の中で過ごす人は、より高いレベルの健康や幸福を報告する傾向がありました。
確かに、家の中にいることは、私たちの健康に膨大な悪影響を及ぼします。だからこそ、私たちはSTEPNを、運動だけでなく、屋外での運動のために設計しました。GPSを利用して屋外の動きを追跡することで、家から出て、外で歩いたり、走ったり、ジョギングしたりと、体を動かすように促しているのです。
さらに、よりきれいな空気を吸い、ビタミンDと日光を浴び、自然に囲まれて精神的な健康を増進するなど、さまざまな精神的・身体的なメリットを享受できるよう、人々に外出を奨励したいと考えています。

社会性を支援する

また、孤独は世界中で影の伝染病となりつつあり、あらゆる年代の人々に影響を及ぼしています。

  • ピューリサーチ社の調査によると、60歳以上の4分の1以上の人が一人暮らしをしており、43%以上の人がCOVID-19のパンデミック以前から孤独を感じていると回答しています。
  • 同時に、パンデミック時に最も大きな打撃を受けたのは若年層で、18歳から25歳の人の61%が高いレベルの孤独を感じていると回答しています。

COVID-19のパンデミックは、またしても私たちの孤立を深刻化させた。社会的距離を置き、厳しい検疫を受けることで、誰もが世間から孤立した感覚を味わいました。特に、社会的孤立は健康や幸福に広範囲かつ大きな影響を与えるため、これは深刻な問題です。
精神面では、孤独は認知機能の低下、認知症、うつ病のリスクを高めます。また、身体的には、孤独は心血管疾患や全死因死亡の可能性を高めることが科学者によって明らかにされています。実際、孤独が死亡率に及ぼす影響は非常に大きく、死亡に関連する危険因子である肥満や、1日15本という驚異的な喫煙に匹敵するものなのです。
衝撃的な結果かもしれませんが、これらの発見はすべて私たちの生物学的なルーツに帰結します。つまり、私たちはもともと、社会的な相互作用を必要とするようにできているのです。先史時代から、私たちの生存は他者と協力することに依存していました。また、他のどの動物よりも、私たちの体は一人でいるときによりよく働く傾向があります。実際、孤独を感じると、ストレスホルモンであるコルチゾールの分泌が多くなります。
そこでSTEPNは、ウォーカー、ジョガー、ランナーのコミュニティを作り、蔓延する孤独と闘うことに力を注いでいます。実際、Web3コミュニティは、Discord、Twitter、Mediumなど、同じ関心を持つ人々が集まり、自分たちの興味やアイデアを議論することができるデジタルな水飲み場の新しい波を生み出し、全体として孤独に対する驚くべき解毒剤となってきました。
これを基盤として、STEPNは爆発的な成長を遂げ、フィットネスの変化を共有し、互いに応援し合い、勝利を祝う人々の強力なネットワークを育んできました。おそらく最も強力なのは、STEPNが、本来は一人で行う活動であるランニング、ウォーキング、ジョギングをグループ活動に変えていることです。ユーザーは、ある時点で、何万人ものSTEPNユーザーが一緒に走っていることを知ることができる。

(誰がタブレットを持って走っているのか、まだわかりません!)

メンタルヘルス

最後に、精神的な健康や病気も危機的状況になりつつあります。米国の成人の5人に1人近く、つまり約5,300万人が精神疾患を抱えて生活しています。不安からうつ病まで、精神疾患は世界経済に毎年1兆ドルという驚異的な損失を与えています。
最悪なのは、その割合が上昇していることです。2005年から2017年の間に、12歳から17歳の青少年のうつ病の割合はなんと52%も増加しています。そしてまた、COVID-19は私たちの心の健康にも大きな影響を与えており、WHOは不安やうつ病が25%急増したと報告しています。
精神的な健康が私たちの幸福に及ぼす直接的な影響、それは間違いなく大きなものですが、それ以上に、薬物乱用や依存症、身体的な健康不良の割合が高まるなど、二次的な影響も生じているのです。うつ病にかかると、社会性や認知機能に影響を与え、エネルギーレベルが低下し、糖尿病、喘息、がん、心血管疾患などの慢性疾患のリスクが高くなることがよくあります。
多くの人にとって、専門家の助けが必要です。STEPNは、精神疾患を解決する答えになるとは言いません。しかし、散歩や外出などの日々の運動は、うつ病と闘う上で強力で有用なツールであることが証明されています。米国疾病予防管理センターは、週に2.5時間、つまり1日に30分程度、中程度の有酸素運動(早歩き)をするだけで、うつ病のリスクを大幅に下げる可能性があることを明らかにしました。
また、ベンさんのように、精神疾患のために1カ月前にどん底に落ち、その結果、仕事ができなくなり、暗い気分に悩まされたという方の体験談も紹介されています。しかし、STEPNのおかげで、このサイクルを断ち切ることができたと言います。

Closing Thoughts

COVIDが私たちの健康への意識を高めてくれたように、全人的な健康の重要性を強調する人が増えています。体力だけでなく、精神的な健康、環境、人間関係も含まれます。
私たちは、すべてを解決することはできませんが、人々が自分自身を育み、大切にするきっかけとなるような、特別な後押しをするために最善を尽くしています。私たちは、より多くの人々が屋外で体を動かし、他の人々と交流し、心の健康を増進することを奨励することに専心しています。

STEPN and Wellbeing Impact!

関連記事

  1. STEPN NFTスニーカーの選び方①【Type/Quality…
  2. SOUNI ベータテスト版ホワイトリストキャンペーン開始
  3. STEPN ウィークリーAMA【2022/04/09】
  4. STEPN アプリでスニーカーNFTを購入する方法①
  5. STEPN ウィークリーAMA 【2022/04/02】
  6. STEPN NFTスニーカーの選び方③【SHOEBOX】
  7. STEPN ホワイトペーパー 最新版① [2022年6月8日 …
  8. STEPN サプライズAMA [2022/03/01]

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

当BLOGの更新情報・IDO/IGO/IEO/エアドロップなどの最新情報をTelegramでお届けしています。
チャンスを逃さない為にも、是非【MatometaX テレグラム】にご参加ください。

【MatometaX LINE公式アカウント】を開設しました✅

友だち追加

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。