WEB 3.0

【rloop】SpaceXのHyperloopコンペティションでRedditorsがイノベーション賞を受賞

この1年半、SpaceX社のHyperloop Pod Competitionに向けて、国際的なredditorのグループが準備を進めてきました。彼らの名前はrLoop(「Reddit Loop」の略)。
先月、カリフォルニア州ホーソンのSpaceX本社で行われたコンペティションの決勝戦で、彼らはPod Innovation Awardを獲得しました。

その前に…rLoopのオリジンストーリー

rLoopの起源は、RedditのSpaceXコミュニティの1つのコメントまで遡ることができます。
2015年6月15日、r/SpaceXのredditorたちは、イーロン・マスクのコンペティション発表に関する記事について議論していましたが、あるユーザーのアイデアが、コメントで他のユーザーの心を打ちました。

その結果、「Reddit Loop」という新しいコミュニティが生まれ、54人のユーザーが、真空のハイパーループチューブで人間を安全に輸送できるポッドのプロトタイプの設計に参加することになったのです。

しかし、すでに設計を始めていた大学中心のチームとは異なり、rLoopは、スポンサーがいない、組織がない、メンバーが国、時間帯、仕事のスケジュール、職業的背景が全く異なる、インターネット上の見知らぬ人であるという大きなハンディを抱えてスタートしました。

もちろん、最初の試みは混沌としていた。しかし、彼らはすぐに組織化され、Redditのコミュニティ(r/rLoop)を使って、どうすればチームをより効率的にできるかを話し合いました。

r/SpaceX、r/engineering、その他のRedditコミュニティからボランティアを集め、候補者のアップボーティングとダウンボーティングによって、チームリーダーを選びました。すぐに、彼らはSlack、Trello、Autodesk、Google Hangoutsをワークフローに追加しました。インド、カナダ、ポーランド、その他十数カ国のメンバーの作業をポッドデザインに反映させ、常に改良を加えながら、数週間のうちにrLoopは順調に稼動するようになったのです。

カナダ出身のブレント・レッサード(プロジェクトマネージャー,スマートルーフ技術のバックグラウンドを持つ機械エンジニア)とベルギー出身のトム・ランボット(リードエンジニア,NASAエイムズでのロケット推進のバックグラウンドを持つ)が率いるrLoopは,役割を細分化してチームメンバーが自由に出入りできるようにしてデザインを進化させました.

ランボット氏は、その斬新な組織哲学を、優れたトレッキーなら誰でも理解できる言葉で説明する。

昨年、Redditのサンフランシスコオフィスを訪れた際、「私はいつもスタートレックのボーグについて話しています」と彼は話してくれました。

「誰もが小さな役割を担っている。ボーグはとても悪いやつらで、たくさんの人を殺すから、念のため言っておく。でも、これはとてもいい例えだと思うんです。彼らの目標は全宇宙を同化させることでしたが、私たちの目標はハイパーループを作ることです。そして、私たちの死者の数ははるかに少ないのです」。

Design Weekend

2016年1月、数カ月にわたるメールやチャット、ビデオ会議を経て、刻々と変化する多国籍のボーグ的チームは、SpaceXのデザインコンペティションのためにオースティン空港に集結しました。

多くの大学チームが、企業のスポンサーがつき、チームメイトに簡単にアクセスできるキャンパス環境で一緒に活動していたのに対し、rLoopには当時スポンサーがおらず、チームのほとんどの人にとって、デザインウィークエンドは直接顔を合わせる最初の機会でした。

小文字の「r」はRedditに由来し、「p」はポッドが通るチューブのような形をしています。

この名前は、このコンペティションに参加するチームの存在を要約するのにふさわしいと思われた。「ハイパーループ “から “ハイプ “を取り除いたものです。

しかし、彼らのブースは地味に見えるが、そのデザインは審査員に好印象を与え、彼らが単なるネット上の劣等生でないことを証明したのである。クラウドソーシングでアイデアを募り、作業をマイクロタスクに分割して民主的に意思決定する彼らのシステムは、大学チームに匹敵するポッドを完成させたのである。

rLoopは、ベスト・ノンステューデント・デザイン賞を受賞し、コンペティションのファイナルに出場する機会を得ました。

ファイナルへの準備

デザイン・ウィークエンドを終えたrLoopのメンバーは、カナダ、インド、シリコンバレーなど、それぞれの故郷に帰り、コンペティションに残ったわずか30チームのひとつになったことに手ごたえを感じました。

しかし、デザインは高く評価されたものの、コンペティションの最終ステージでは物理的なプロトタイプが必要となり、14カ国に散らばるチームの地理的条件は再び不利なものとなってしまったのです。

そこで、シリコンバレーのメンバーはメンローパークにワークスペースを確保し、仕事を休めるメンバーはそこに移動してポッドを製作した。

ポッドの設計の第2段階でも、rLoopは技術に精通したアプローチで、チームの他のメンバーを巻き込みました。私たちは6月に建設現場を訪れましたが、壁にはSlackルームが映し出され、カメラが遠隔地のチームメンバーに建設エリアのライブビデオを配信していました。

rLoopのエンジニアは、圧力容器内の加速度、ジャーク、振動、温度をどのように監視しているか、浮遊システムにどのように冗長性を持たせているか、数値シミュレーションにどのようにオープンソースのソフトウェアを使っているかを親切に説明してくれました。

(また、科学的なことはほとんどわからないということで、ご容赦いただきました。しかし、もっと知りたい方は、rLoopの製作過程を紹介したビデオシリーズをご覧ください)。

ポッドの製作には約半年を要し、SpaceX社によるハイパーループのテストコースの更新に応じて、頻繁に修正が行われました。そして1月21日の夜、チームは完成したポッドをホーソーンに運び、コンテストの最終ラウンドに参加するために、建設現場に集合しました。

rLoop, Meet Elon. Elon, rLoop.

メンロパークからホーソーンまで車で移動しながら、イーロン・マスクが提案したハイパーループの本来の目的である都市間輸送のスピードアップを、さりげなく実感することができた。

「13時間かかりました」とレザードは振り返る。”ちなみに、ハイパーループを使った同じ旅は25分ほどで、天候を気にすることもありません。”

一晩かけてロサンゼルスに到着すると、ポッドを運んだ人たちは、それまでリモートで作業していたチームメンバー全員と合流した。その多くはビデオチャット以外では顔を合わせたことがなく、大会のために飛行機で来日したメンバーのほとんどは、ポッドを実際に見たことがなかったという。

「17カ国から60人以上のメンバーがLAに到着し、19カ月の歴史の中で初めて顔を合わせ、初めてハードウェアを見たのです」とレサードは説明します。

その週の金曜日、rLoopは審査員にポッドを提示し、審査員はそのデザインを検査し評価しました。SpaceXの部分真空トラックでは、3つのチームしかポッドをチューブに通すことができませんでしたが、それでもチームはポッドを披露する十分な機会を得ました。

日曜日には一般公開されたので、Redditで結成された唯一のチームであるrLoopは、Redditにふさわしい方法で自分たちのデザインを紹介する必要があったのです。

私たちは、”Never Gonna Give You Up “を演奏しながらrPodを通りに転がしました」とLessard氏は言い、イベントの後、SpaceX社のソーシャルメディアチームが、rLoopの音楽デビューのビデオをSpaceX社の公式ウェブサイトに掲載し、このジョークに参加したと述べました。

rLoopはテストコースでポッドをテストする機会を逃しましたが、その日の午後、2人の特別ゲストが彼らのポッドを見に立ち寄ったとき、本当の真実の瞬間が訪れました。SpaceX社のHyperloopディレクターであるSteve Davis氏と、創業者兼CEOであるElon Musk氏です。

デイビスはマスクに、”This is the team from Reddit “と言って、rLoopを紹介した。

レッサードは、「ポッドとチームの成り立ちを説明するのに数分という短い時間でしたが、rLoopのユニークなデザインとストーリーが彼の興味を引きました」と説明します。

“イーロンはポッドとチームの編成方法の両方に感銘を受け、夏のコンペティション2に私たちを招待してくれました…確かに私たちはその週末、チューブ内の部分真空でポッドが全速力で走るのを見たかったのですが、私たちの仕事を続けてコンペティション2でrPodが飛ぶのを見るために今まで以上に努力しています”

マスクに会った後、チームは審査員から自分たちのデザインに対する更なる賞賛を受け、ポッドイノベーション賞を受賞しました。

「この賞は少し非現実的でした」とレサードは言います。「このチームは本当に受賞にふさわしい。19カ月間、既存の組織もインフラもない状態でのスタートでした。私たちは、真のインパクトを与えるチャンスを求めて、不眠不休で働く雑魚寝のチームだったのです。このような形で評価されたことは素晴らしいことです。また、SpaceX社からの出場機会に非常に感謝していますし、私たちをサポートしてくれたコミュニティにも非常に感謝しています。

表彰式の後、チームはこの瞬間を記念して集合写真を撮りました。これは、競技会までの間にほとんど時間がなかったことです。今後の展開について、rLoopを率いるお二人に伺いました。

http://rloop.org/

https://www.spacex.com/

「朝起きて、未来は素晴らしいものになると思いたい–それが、宇宙文明というものです。宇宙文明とは、未来を信じ、未来は過去より良くなると思うことです。そして、宇宙へ出て、星々の間にいること以上にエキサイティングなことはないと思います。

-イーロン・マスク

Redditors Take Home Innovation Award at SpaceX’s Hyperloop Competition

関連記事

  1. クリプト用語: STEPNとその先
  2. XANAメタバースが200億円規模のオンライン教育業界を革新する…
  3. rloop🚀エアドロップ・スペースXのハイパーループを開発したチ…
  4. STEPN Realm 3 : OG APE スニーカー ドロッ…
  5. STEPN NFTスニーカーの選び方③【SHOEBOX】
  6. STEPN アプリでスニーカーNFTを購入する方法②
  7. STEPN、Sequoia Capital、Folius Ven…
  8. STEPN アプリでスニーカーNFTを購入する方法①

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

当BLOGの更新情報・IDO/IGO/IEO/エアドロップなどの最新情報をTelegramでお届けしています。
チャンスを逃さない為にも、是非【MatometaX テレグラム】にご参加ください。

【MatometaX LINE公式アカウント】を開設しました✅

友だち追加

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。