Find Satoshi Lab (FSL)

GigaSpace:Soulbound Tokens (SBT) & Metaverse

SBTはメタバースとWeb3のエコシステムをどう改善するか

Souldbound Token(SBT)は、2022年1月にイーサリアムの共同創設者であるVitalik Buterinによって初めて提案されました。しかし、Vitalikと他の2人の著者、E.Glen WeylとPuja Ohlhaverがそのアイデアをさらに発展させ、ホワイトペーパーに正式に落とし込むのは2022年5月のことです。

ソウルバウンドトークン(SBT)とは何ですか?

その名の通り、SBTはウォレットの魂と結びついたトークンです。譲渡不可能なNFT(non-fungible token)である。

NFTはすでにデジタルアートの分野で広く使われており、またブロックチェーンゲームのアセットとしても利用されていますが、譲渡可能という性質上、ウォレットの所有者のアイデンティティを完全に反映させることはできません。

ここでいうアイデンティティとは、必ずしもウォレット所有者の氏名、年齢、住所、その他すべての個人情報をリアルにドックスすることを意味しないことに注意してください。アイデンティティという点では、今のところNFTはウォレット所有者の富の状況を一時的に反映するだけで、所有者の行動や実績を表現できるSBTとは異なります。

“このようなトークンは、これらの社会的関係を証明する他のウォレットによって発行される拡張履歴書のようなものである “とホワイトペーパーでは説明されています。SBTは、大学や機関が発行するデジタル証明書、世界的な展示会の出席記録、クラブハウスの会員証など、さまざまなユースケースになりえます。

譲渡不可能というユニークな特徴を持つSBTは、売買することができません*。だからこそ、保有者の社会的アイデンティティを表すのに最適なのです。

*もちろん、技術的には、所有者は発行者に賄賂を贈ってSBTを取得することもできるし、自分のウォレットにログインしてタスクに参加する人を雇うこともできると主張することもできる

Soulbound Token(SBT)はメタバースとどう関係するのか?

ソウルバウンドという言葉は、実は人気の多人数参加型オンライン・ロールプレイング・ゲーム、World of Warcraftで作られたものです。

ソウルバウンド・アイテムを導入することで、ゲームのやりがいと面白さが保証されます。ソウルバウンド・アイテムを売買することができないため、プレイヤーは神聖なアイテムを手に入れるために難しいミッションをクリアするしかなくなります。

メタバースにおけるSBTも同様の役割を担っています。

1.Soulbound Items

公式プロジェクト開発者が発行する通行証などのトレード不可のアイテム。このようなアイテムの売買を許可すると、メタバースのバランスが崩れ、ユーザーが悪意を持って大量の供給量を買い占め、公共交通機関が買えなくなる可能性があります。私たちは、一部のアイテムが、資源を持つ人の特権になることを望んでいません。その代わり、ユーザーがメタバースで努力してアイテムを獲得することを望みます。

また、”pay-to-win “のシナリオを大幅に減らす、あるいは排除することもできます。メタバースは社会の縮図ですから、資源に恵まれた人が有利になるのは確かです。しかし、魂縛りアイテムがあれば、少なくともメタバースをよりバランスの取れたものにすることができるだろう。

2. Achievements

クリプトパンクのNFTを所有していても、NFT O.G.にはなれません、誰かから買ったかもしれないのです。たとえ、あなたが初日にNFTを鋳造したことを証明するために、すべてのオンチェーン記録を追跡できたとしても、あなたがこのNFTコレクションのコミュニティへの重要な貢献者であることを意味するものではありません。

しかし、プロジェクトによって発行され、特にO.G.たちの貢献に捧げられた公式の達成証SBTを持っているとしたら、そのSBTはあなたのアイデンティティを語ってくれるでしょう。

他にも多くの実績がSBTによって示されることがあります。匿名性を保ちつつ、ウォレットの持ち主のストーリーを語る手助けをしてくれるのです。

3. Others

NFTミンティングのホワイトリスト化、制限区域への入場など、まだまだ多くの可能性があります。SBTの技術は、特定のユースケースに限定されるものではありません。譲渡不可能な特性は、必要に応じて、設計自体から自然に生まれることがあります。

GigaSpace MetaverseにおけるSoulbound Token(SBT)について

ソウルバウンドトークン(SBT)は、ギガスペースのメタバースで膨大に使用されることになる。この技術は、すでに多くの異なるモジュールの設計図に含まれています。実際、私たちは使用例の1つをすぐに明らかにするつもりです。この発表は、私たちのソーシャル・チャンネルで行いますので、お楽しみに。


About GigaSpace

Web2とWeb3の世界を融合し、ビジネス活動やコミュニティを促進する独自のエコシステムを持つ、世界初のWeb5メタバースを構築しています。

Linktree

関連記事

  1. Vault 【SUPERGUCCI】GUCCIがNFTをリリース…
  2. 【Aglet】Win FREE IRL Sneakers!
  3. Aglet リペアステーションへのチェックイン方法
  4. XANA メタバース最新情報【2022/3/19】
  5. MOOAR:世界初の会員制マルチチェーンNFTマーケットプレイス…
  6. XANA メタバース最新情報 【2022/03/01】
  7. XANA最新情報[2022年2月21日]
  8. Fractalをご紹介します +NFTエアドロップ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

【MatometaX LINE公式アカウント】を開設しました✅

友だち追加

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。