AIRDROP

AXL INUのCEOにインタビュー

$AXL エアドロップ

2022年2月末締切

Axlは、ETHチェーン(ETH)とBinanceスマートチェーン(BSC)上でスマートルーティングを行う分散型取引所で、流動性供給、イールドファーミング、ステーキング、IDO、NFT、レンディング&ボローをサポートする予定です。

✅プレセールは3分で完売

✅大型VC CERTIKとFAIRPROOFが監修

✅CoinMarketCapにリスト済み

🔥ランダム抽選で4000名に約145ドル分の $AXLをエアドロップ

✅エアドロップに参加

https://t.me/AxlInuAirdropBot

起業の動機は何ですか?

私たちは、すべてのサービスを提供するシームレスで簡単なエクスペリエンスと、コミュニティのためのより多くの機会を提供するエコシステムを作り、コミュニティを一緒に強くしていきたいと考えていました。

今、一番大切にしていること、そしてそれを実現するための方法を教えてください。

私たちは、LaunchPad、ステーキングプログラム、アクティビティ、キックスターター機能の構築に重点を置いています。

そのあたりの背景や経験がない私に、プロジェクトの内容を説明していただけますか?

AXL INUでは、完全に分散化された取引所を構築しました。つまり、基本的に私たちの取引所は自動化されたスマートコントラクトで構築されており、ユーザーの皆様には、より安全でアカウントに対するコントロールとともに、アクセス性を提供することができたのです。

そのプロジェクトは、実際に現実の問題を解決しているか?

私たちの分散型取引所は、悪用やハッキングに対する脆弱性が非常に低く、ユーザーの資産をよりコントロールしやすく、手数料も少なく、安全で簡単な体験を提供し、カスタマージャーニーに関する人々の懸念や問題を解決することができます。
AXL INUでは、優れたプロジェクトはユーザーにとって現実的な方法で問題を解決することで成り立つと信じており、このような取り組みを行っています。
AXL LaunchPadはただのLaunchPadではなく、あらゆる種類のコインをTier Tokenとして運用することが可能です。例えば、Shivaが独自のLaunchPadを持ちたい場合、普通に持つことができ、必要なことはスマートコントラクトを展開することで、すべてのティアシステムがShibaになります。
AXL INUでは、2つのトークンでローンチする予定です。AXL INUでは、ティアトークンとしてAXLとNFTbの2つのトークンと、4つのステーキングプールでローンチします。
というように。

  • 2 固定式 > AXLとNFTb
  • 2 フレキシブル > AXLとNFTb

それに加えて、Kickstarter( https://www.kickstarter.com )もあります。
デューデリジェンスを通過した新規スタートアップは、プライベートラウンドで最大3万円の資金を調達することができます。参加者は1人あたり最大50ドル、合計600人のユーザーを購入することができます。
新しいプロジェクトや素晴らしいアイデアの多くは、流動性がないため、立ち上げるチャンスさえないのが現状です。
私たちは、すべての支払いを私たちを通して行うため、セキュリティを提供します。
また、活動も提供します。
プロジェクトオーナーの多くは、トークンの清算や開発のための売却を支援するMMチームを持っていないため、私たちはこの問題を解決するためにアクティビティ機能を開発しました。
この機能は、プロジェクトが最大30万ドル相当のトークンを割引価格で販売し、抽選で賞品「トークン」を獲得できるようにするものです。
参加者は、1人あたり最大150ドルを獲得することができます。
AXL INUでは、プロジェクトをさらに発展させ、初期投資以外の資金を集め、プロジェクトに露出させます。NFTプロジェクトでは、NFTbと提携し、成功を収めています。
最近のコラボレーションをいくつかご紹介します。
トークン上場 “After IDO “のためのchainadoption.io
https://purefi.io/ コンプライアンス
とのクロスマーケティング
https://unstoppabledomains.com/
AXL INUとそのコミュニティにとって、成功したパートナーシップとコラボレーションはまだ始まりに過ぎません。

これまでで一番難しい決断は何ですか?

AXL INUの構築にあたっては、小手先の簡単な決断ではなく、プロジェクトの性質上、すべての決断は我々のコミュニティにどのような利益をもたらすかを十分に考慮した上で行われました。

https://axltoken.medium.com/interview-with-axl-ceo-5552bb6b51cf

関連記事

  1. BitDAO BITトークン受取方法
  2. CELOLAUNCH IDO ホワイトリスト登録方法
  3. WEN SUNDAE? Thursday!
  4. Fractalをご紹介します +NFTエアドロップ
  5. holoride-$RIDE パブリックセール概要・KYC登録方…
  6. API3 ホワイトペーパー
  7. RAYDIUMでステーキングする方法
  8. Star Atlas Intergalactic Economy…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

【MatometaX LINE公式アカウント】を開設しました✅

友だち追加

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。