APTOS

Aptos vs. Sui:詳細な比較

Aptos vs. Sui: a detailed comparison :Pontem Network August 24, 2022

AptosとSuiは、非常に高速で(10万tps以上)スケーラブルなスマートコントラクトプラットフォームです。どちらもMove言語を使用しており、元々はMetaのDiemプロジェクトのために開発され、Diemの幹部が創設者に名を連ねています。技術、パフォーマンス、利用可能なDAppsなどの観点から、両者の比較を見てみましょう。

Aptos、Suiとは?

AptosとSuiは、どちらも新しいL1ブロックチェーン、つまりスマートコントラクトのプラットフォームです。つまり、イーサリアム、ソラナ、アバランチ、ファントムなどと同様に、その上にさまざまなdApps(DEX、ウォレット、ゲームなど)を構築することができる。

SuiもAptosも、もともとはDiem用に開発されたプログラミング言語「Move」の類似モデルを使用しています。アプトスがオリジナルのMove言語を使い続けているのに対し、Suiは独自バージョンの「Sui Move」に乖離している。DiemはMeta(Facebook)が支援するブロックチェーンプロジェクトで、最初はLibraと呼ばれ、後にDiemに改名されました。MetaはNoviというウォレットを試験的に導入していましたが、最終的に2022年1月にSilvergate crypto bankにプロジェクトを売却しました。

どう考えてもDiemは死んでいますが、そのために作られた最も価値のある資産、Moveと仮想マシンMove VMはオープンソースなので、他のプロジェクトが使うことができます。

Moveは非常に安全で効率的な言語であり、開発者はエクスプロイトの原因となる多くのコーディングミスを回避することができます。また、Move VMは、スマートコントラクトを実行するための安全な環境であるEthereum Virtual Machineの代替となるものです。

Diemが許可制のネットワークであるのに対し、SuiとAptosは分散型で許可制ではありません。また、両社は、最初の10億人のブロックチェーンユーザーを乗せるという同じビジョンを持っています。

Founders and backers/創業者・支援者

Aptos

Aptosブロックチェーンは、ディエムの元幹部2人が率いるAptos Labsが発表しています。

モー・シャイフ – 創業者のベテランで、事業を拡大するエキスパート。ノヴィ(メタ)の戦略的パートナーシップ部門を率い、ダボス会議の世界経済フォーラムで講演も行った。

Avery Ching, CTO – 元Noviのプリンシパル・ソフトウェア・エンジニアで、それ以前はFacebookやYahooに在籍していました。

2022年7月、AptosはFTX Ventures、a16z(Andreessen Horowitz)、Jump Crypto、Multicoin Capitalといった投資家から1億5,000万ドルを調達しました。これは3月に行われた2億ドルの資金調達ラウンドに続くもので、a16zとMulticoinもTiger Capital、Katie Haunなどと共に参加しています。

興味深い事実L=:「アプトス」という名前は、オーローン・インディアンの言語に由来し、「人々」を意味します。オローン族はアプトスの本拠地であるカリフォルニアに住んでいる。

Sui

Suiは、同じくカリフォルニアにあるMysten Labsが制作しています。チームの中心人物には、元Meta/Noviチームのメンバー4人が含まれている。

Evan Cheng(CEO):元Novi社R&Dディレクター、その前はFacebook社Engineering Director。

アデニイ・アビオドゥン(CPO:最高製品責任者) – Noviのプロダクトリード、Vmwareのプロダクトヘッドを経て現職。

Sam Blackshear(CTO):Noviのプリンシパルエンジニアを経て現職。

George Danezis(チーフサイエンティスト) – University College Londonのセキュリティおよびプライバシーエンジニアリングの教授で、Facebook/Noviの元リサーチサイエンティスト。

Credit: Mysten Labs

Mysten Labsは、Andreessen Horowitz(a16z)、Redpoint、Coinbase Ventures、Electric Capitalなどから支援を受けている。2021年12月、シリーズA資金調達ラウンドで3600万ドルを集めた。2022年8月時点では、シリーズBラウンドでさらに2億ドルを調達しようとしている。

アプトス vs. スイの比較一覧

アーキテクチャとコンセンサス

AptosBFT:HotStuffに基づくコンセンサスモデル

コンセンサスとは、ブロックチェーンのノード(検証者)が取引やブロックの有効性について合意に至るための仕組みのことである。AptosとSuiの中核には、BFT(Byzantine Fault Tolerance)と呼ばれるコンセンサスの考え方がある。その主な考え方は、検証者の一部(最大3分の1)がオフラインになったり悪意を持ったりしても、ネットワークは正常に動作する、というものだ。

Aptosは、HotStuffと呼ばれるBFTコンセンサスの高度なバージョンに依存しています。これはDiemがDiemBFTを作るために改良したもので、AptosはAptosBFTという名前でこれをさらに改良しています。詳しくは先日のAptosコンセンサスに関する記事で紹介しましたが、ここではその要点を紹介します。

  • HotStuff では、リーダーが新しいブロックを提案し、他の検証者がそれに投票する。
  • すべての検証者がリーダーと通信するため、各ラウンドで送信されるメッセージの総数は、検証者同士も通信する場合よりもはるかに少なくなります。
  • BNB Chainでは30秒、Solanaでは6秒かかるが、Aptosではこの速さが大きな特徴だ。
  • リーダーは投票ラウンドごとに変わり、検証可能なランダムな方法で新しいリーダーが選択されます。
  • リーダーは複数のブロックを同時に処理することができる(1つはPre-Commitステージ、もう1つはCommitステージ、など)。

Block-STM:Aptosの並列実行エンジン

Block-STMは、STMが「Software Transactional Memory」の略で、Aptos社が作ったシステムで、1秒間に最大16万件のトランザクションを処理することができます。平たく言えば、トランザクションはまずノードによって並列に実行され、その後に初めて検証される。この段階で問題があれば、トランザクションは中断され、再実行されるか、破棄される。

Block-STMはトランザクション間の依存関係も判断するため、ある操作が検証できない場合、それに依存するものも再実行されることになります。最後に、すべての競合が解決されると、ブロック内のすべてのトランザクションが一緒にブロックチェーンにコミットされます(いわゆるレイジーコミット)。

すべてのトランザクションを順次実行したり、事前に依存関係を定義したりする必要がないため、多くの時間とリソースを節約することができます。また、スケーラビリティにも優れており、そのためAptosは最もスケーラブルなL1チェーンであると考えられています。

AptosのMediumブログに掲載されているこのグラフは、最大TPSがどのように

Sui:単純な取引のためのコンセンサスを取り除くこと

Suiは、多くの取引におけるコンセンサスを完全に排除するという、根本的なステップを踏んでいます。トークンの所有者が別のアドレスにトークンを転送するだけで、それに依存する他の取引がなければ、事実上即座に確認されます。送信者は取引をブロードキャストし、検証者の投票(ハンドシェイク)を集め、いわゆる有効性の証明書を受け取ります。

しかし、Suiは、いわゆる共有オブジェクト、つまり複数の所有者が変更できる資産(ウォレット内のトークンとは異なる)を含むより複雑な取引には、より伝統的なBFTコンセンサスを使用しています。これは、スマートコントラクトとの多くのやりとりに適用されます。

このアプローチにより、Suiは、dAppが膨大な数の単純なトランザクションを生成し、それらを低レイテンシーで確認する必要があり、分散化にあまり関心がない特定のユースケース向けのL1になっています。良い例としては、ゲームやエアドロップなどが挙げられます。

Aptosと同様に、Suiも依存関係のない単純なトランザクションには並列実行を使用し、複雑な処理は正確な順序で順次実行されます。

NarwhalとTusk

Suiが使用しているコンセンサスエンジンには、Narwhal and Tuskという名前がついています。Mysten LabsとAptos Labsの複数の研究者によって開発され、その後オープンソース化されたので、今ではどんなブロックチェーンでも統合できる(実際、Celoはすでに取り組んでいる)。

Narwhalはmempoolモジュールで、取引データが利用可能であることを確認するものです。また、HotStuffやCosmosのIgniteなど、他のコンセンサスエンジンと共に(Tuskなしで)単体で使用することもできる。NarwhalのアーキテクチャはDAG(Directed Acyclic Graph)であり、多くの要素が(ブロックチェーンで起こるような)チェーンではなく、ネットワークとしてリンクされている。

Tuskはコンセンサスモジュールで、コンセンサスのために提出されたトランザクションを(複雑なトランザクションのために)順序付けます。

あまり技術的な詳細には触れませんが、NarwhalとTuskについてはこちらかこちらで詳しく説明しています。重要なのは、NarwhalとTuskによって、各バリデーターが単位時間内に多くの取引を処理できるようになることです。また、この名前が気になった方は、イッカクとは15フィートの長さのクジラで、長い牙があるためユニコーンに似ている。

Performance

アプトス 130,000TPSでサブセカンドファイナリティを実現

SuiとAptosのブロックチェーンは、どちらも信じられないほど強力で、高速でスケーラブルです。Aptosは130,000tps(1秒あたりのトランザクション数)を処理することができます。この結果はスピードテストで達成されたものです。これにはBlock-STMが大きな役割を果たしており、これを16万tpsまで高めることができることはすでに説明しましたが、ここでは、このような速度を可能にするイノベーションについてまとめます。

  • 並列トランザクション実行 – バリデーションに問題がある場合、オペレーションはそれに依存するものと一緒に再実行されます。
  • state sync – バリデータ以外のピアにブロックチェーン上のデータを検証・同期させるためのプロトコル。
  • 遅延コミット:ブロック内のすべての操作が一括してコミットされる。
  • 協調スケジューリング:トランザクションの実行は、リソースを効率的に使用するようにスケジューリングされる。

チームの最新レポートによると、DevNetは現在、トランザクション実行で最大4.5kTPSを達成し、最新の状態同期技術を有効にすると10kTPSさえも達成します。次のベンチマークは100kTPSですが、もちろん、本当の性能テストはAptosがメインネットをローンチしたときに行われます。

理論上の最大容量は1秒間に16万トランザクションですが、それ以上に重要なのは、秒以下の最終処理能力です。エンドユーザーにとって重要なのは、TPSではなく、いかに早く取引を確定させるかです。Aptosではこれが1秒以下で行われますが、例えばSolanaでは6秒です。

Sui: “無制限 “のTPSと “ほぼ即効 “のファイナリティ

Suiの性能目標も興味深い。チームはTPSが潜在的に “無限 “であると主張している。ネットワーク負荷が大きくなると、Suiノード(当局と呼ばれる)はワーカー(セカンダリノードの一種)を追加し続け、ミニネットワークを構築してより多くのトランザクションを実行できるようになります。

最近のテストでは、8コアのMacbook Pro上で動作する1つのノードが、1秒間に120.000トランザクションを処理しました。このテストでは、ユーザーが1つの署名を使って100の異なるアドレス(アカウント)にトークンを送信しました。一方、同じノードで毎回1人ずつ送金する場合は、20,000TPSにとどまる。Suiの水平スケーリングは、(上で説明したように)単純な取引にはグローバルコンセンサスを必要としないコンセンサスモデルのおかげです。

また、ほとんどの場合コンセンサスが不要なため、最終的な処理は秒単位で行われます。この点では、SuiとAptosはファイナリティまでの時間が似ています。しかし、メインネットが1秒間に数千のトランザクションを発生させるほどのユーザー数に達するにはかなりの時間がかかるため、長い間、これはおそらく重要ではないでしょう。Solanaはその良い例で、1秒間に2000件以上の取引を処理していますが、そのうちの90%はバリデータ投票なので、ユーザーから送られる実際の取引は200~300件程度に過ぎません。

AptosとSuiのブロックチェーンメインネットはいつ稼動するのでしょうか?

Aptosのメインネットは2022年秋に立ち上げられ、その後、インセンティブ付きのテストネットが追加される予定です。

しかし、DevNet上でもAptosはすでに巨大であり、ピーク時には2万を超えるノードが存在します。このため、ノードの参加者数では、Proof-of-Stakeチェーンの中でも最大級となる。ちなみに、EthereumのBeacon Chainは415,000ノードだが、Solanaは2,000未満である。

Suiはまだメインネットの立ち上げ日を発表していない。インセンティブ付きのテストネット(後述)が第3四半期(または第4四半期の可能性)に開始されるはずなので、メインネットは理論的には2022年末までに稼働する可能性があるが、おそらくインセンティブ付きステージの結果次第だろう。

今、アプトスやスイに関われることは?

インセンティブ付きテストネット

インセンティブ付きテストネットは、バリデータ(ノードを実行するユーザー)を参加させ、コンセンサスのストレステスト、ステーキングの練習、バグの特定、アップグレードの動作テストなどを行う、ゲーム化されたキャンペーンである。彼らはトークンで報われ、しばしばリーダーボードでトップの座を競い合います。もしあなたが開発者であったり、ブロックチェーンバリデーターの経験があるならば、インセンティブ付きのテストネットに参加することは、エキサイティングなMoveテクノロジーについてもっと知るための素晴らしい方法となり得るのです。

Aptosは、Aptos Incentivized Testnet(AIT)の4つの予定ステージのうち、すでに2つのステージを終了しています。第3ステージは8月30日から9月9日に予定されており、その後メインネットの立ち上げ、そして冬にはAIT4(第4ステージ)が予定されています。

From Aptos’ meme channel. Credit: @AndriiIzotov

Suiは6月に独自のインセンティブ付きテストネットを発表し、8月2日にバリデータの応募を開始した。 バリデータに成功すると、全員に2,000SUIが与えられる。さらに、メインネットでバリデーターとなった優秀な参加者には、SUI排出量全体の10%が賭けられる予定だ。

Weekly AMAs

これらのエキサイティングな新しいL1チェーンに関する最新情報を得るには、定期的に開催されるAMA(Ask Me Anything)セッションに参加するのが一番です。

Mysten Labsはテーマ別のAMAを開催する傾向があります。例えば、最新のストリームはSUIトークノミクス、Move言語、テクニカルライティングに特化したものでした。 次回のAMAの日時は、SuiのDiscordで確認することができます。

アプトスチームは、毎週TwitchでMove Mondayを開催しています。主に開発のアップデートですが、Q&Aにも開放しており、こちらも非常に見応えがあります。詳しくはAptos Discordをご覧ください。

Aptosブロックチェーンの周りで何が起こっているかをさらに知るには、キー・プロトコル・コントリビューターのAlejo Pintoと毎週行われるPontem Network AMAにチャンネルを合わせることができます。通常、議論の中心はAptos dAppエコシステム、セキュリティ、新しいDeFiインフラの構築などです。次のAMAへのリンクは、私たちのテレグラムチャットをチェックしてください。

SuiおよびAptosブロックチェーン用のウォレットおよびその他のdApps

2022年8月現在、AptosやSuiはまだDevNetの段階とはいえ、すでにいくつかのdAppを試すことができる。

Aptos ecosystem

Wallets

Aptos用の機能的なウォレットはすでにあり、私たちPontem Networkブロックチェーンスタジオによって作成されました。これはChrome Web Storeに追加されたばかりですが、他のブラウザのユーザーはGitHubから.zip形式のウォレット拡張機能をダウンロードすることができます。

Pontem Walletが本当に特別なのは、様々なDeFiの機能を直接統合できることです。例えば、ウォレットをDEXにリンクさせる代わりに、ウォレット内で直接トークンを交換することができるようになります。近い将来、リキッドステーキングやリキッドステーキングデリバティブのためのDeFi統合などの機能を追加することも検討しています(AnchorのstETHによる流動性プールを、Aptos上で考えてみてください)。

MetaMaskをお使いの方は、Pontem Walletが非常に扱いやすいことがお分かりいただけると思います。今のところテストネットで動作していますが(メインネットがないため)、無料のAPTOSトークンをリクエストしたり、別のPontemウォレットのアドレスにトランザクションを送信することができます(実際のお金を使うことなく)。

Pontemウォレットとは別に、もう2つのウォレットについて触れておこう。MartianとFewchaです。どちらもChrome拡張機能として利用可能で、蛇口からテストトークンを受け取り、他のDevNetアドレスに送信することができる。さらに、Martianには素晴らしいNFTミンティングデモがあり、Fewchaはモバイルアプリに積極的に取り組んでいます。

Credit: Fewcha on Chrome Webstore

DEX/AMM交換

Aptosブロックチェーン用の最初のAMMもPontem Networkによって作られました。これはLiquidswapと呼ばれ、すでにDevNetで動作しています。Pontem Walletを使ってDEXに接続し、APTOS、BTC、USDTでリスクなくいくつかのスワップを行うことができます。

開発ツール

Pontem Networkは、さらに2つのツールをリリースしました。

  • Move Code Playground:プログラマーがMoveと互換性のあるすべてのブロックチェーンのコーディングを練習できるブラウザベースのコードエディターです。今のところAptosとSuiだけですが、将来的にはMoveに基づくチェーンがさらに登場する可能性があり、当社のCode Playgroundはそれらのどれにも対応する予定です。
  • Move Intellj IDEプラグイン:JetBrains社のIntellij IDE(統合開発環境ソフトウェア)を使用するコーダー向けのツールです。このプラグインを使うと、開発者が使い慣れたグラフィックインターフェースで、Moveの実験やAptos用のdApp全体のビルドが可能になります。オンザフライのエラーチェック、シンタックスハイライト、コードの自動フォーマットなどの便利な機能を備えています。

アプトスでNFT。トパーズマーケットプレイス、アプトスネームサービス&その他

Aptosのテストネットには、すでに20以上のNFTコレクションがあることに驚かれることでしょう。それらは、今のところAptos初のNFTマーケットプレイスであるTopazに掲載されています。TopazはMartianウォレットと統合されており、さらに近々ローンチパッドをリリースする予定です。

最も著名なNFTコレクションはAptos Namesで、基本的にメタバース用のドメインアドレスである。

長い暗号アドレスやその他のブロックチェーンアセットを、justsayhello.aptosやreadyplayer1.aptosといった人間が読めるアドレスにリンクし、メタバースのための単一の識別子を作成するというものです。最も有名な例はENS(Ethereum Name Service)ですが、他のチェーンも独自のネームサービスを取得しつつあります。

Aptosブロックチェーンのdevnet上の他のNFTコレクションには、Topaz PunksとAptos Punks、Pokemon2、Azukiのバージョン、そしてAptos NFTマーケットプレイス2つ目の公式コレクションであるSouffl3が含まれます。

Lending and borrowing on Aptos

VialはAptosで初めてのレンディングプロトコルです。金利は、プール内の需要と供給の比率に基づいて、アルゴリズム的に決定されます。APTOS、ラップBTC、USDCの貸し借りが可能で、もちろんすべてテストネット上で行われます。現在の貸出APYは8%で、借りるには10%(年率)かかる。Vialには、無料のテストネットBTCとUSDCを入手するための蛇口もあります。

dApps for Sui:最初のSuiウォレット

7月、SuiはChrome用の独自のウォレット拡張機能を発表しました。ここではSuiアドレスを作成し、testnetトークンやNFTを送信したり、NFTミンティングデモのdAppに接続したりすることができます。このウォレットは、他の開発者にSuiで何ができるかを示すためのもので、チームはこれがエコシステムの「公式」ウォレットになるとは考えていない。

本稿執筆時点では、公開されているAMM、NFTマーケットプレイス、レンディングプロトコル、その他のSui用dAppはありません。

AptosとSuiトークン:詐欺にご注意ください。

2022年8月現在、AptosとSuiはまだトークンを発表しておらず、どこでもそのトークンを購入したり入手したりすることはできない。2つのチェーンのメインネットが稼働すれば、それぞれのトークンが発表されるはずだが、今のところ、トークンセールや割り当て、交換などの情報は出てきていない。すでに報酬を獲得しているAptos Incentivized Testnetの参加者でさえ、報酬を受け取るにはメインネットの立ち上げを待たなければならない。

ただし、dAppsを試したい人は、テストネットで無料のテストトークンを入手することができます。例えば、Aptosの新しいPontem Walletには、アドレスメニューにRequest Tokensという機能があります。なお、このようなテストトークンには市場価値がないため、売却したりテストネットの外に移したりすることはできない。

もし誰かがAptosやSuiトークンの「IDO」を宣伝したり、DEXで購入することを勧めているのを見たら、これは詐欺であることを忘れないでください。このような偽のオファーは特にDiscordで多発しています。AptosやSuiサーバーのメンバーであれば、おそらくチームの誰かになりすまして、ある時点で詐欺師からDMを受け取っている可能性が高いでしょう。

ところで、私たちPontemも、Pontem WalletやLiquidswap DEX、その他私たちがAptos向けに構築しているdAppsと連動する独自のトークンをいつリリースするのかよく聞かれます。最近のAMAで説明したように、私たちはQ3-4のAptosメインネットがライブになったときに検討しますので、2022年末に近いアップデートにご期待ください。Pontemをフォローする – TwitterとTelegramで最新情報をお届けします。

関連記事

  1. EVERDOME(エバードーム) $DOMEの購入方法
  2. ParaStateが開発者コミュニティをひとつにまとめ、Web …
  3. Part 1: $GSTと$GMTを理解する
  4. BLOKTOPIA CMOパディ・キャロルからのメッセージ
  5. スロープの情報漏えいに関する公式声明
  6. STEPNは、より環境にやさしいWeb3の構築を約束します
  7. こんな時だから、注目しておきたい🚀仮想通貨プロジェクト
  8. Binance Labs、STEPNに戦略的投資を実施

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

当BLOGの更新情報・IDO/IGO/IEO/エアドロップなどの最新情報をTelegramでお届けしています。
チャンスを逃さない為にも、是非【MatometaX テレグラム】にご参加ください。

【MatometaX LINE公式アカウント】を開設しました✅

友だち追加

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。