ByBit Launchpad

BybitローンチプールにDtravel [TRVL]が登場

Dtravelとは

The world’s first home sharing economy for the people, by the people
世界初、人々のための、人々による、ホームシェアリングエコノミー

Dtravelは、ブロックチェーンを利用した暗号資産界のAIRBNBです。
ローンチ後、一流のVCから700万ドルの資金を調達し、すでに顧客の70%が予約時の支払いに暗号資産を利用しています。
この企業の興味深い点は、これまでの運営スタイルでは解決する事の出来なかった問題を、ブロックチェーン・DAO・暗号通貨を導入して、解決しようとしている所です。

ブロックチェーンを活用したコントラクト、DAOを活用した問題解決、暗号通貨を利用したインセンティブ等、ブロックチェーンの技術を活用した、Dtravelの取り組みが成功すれば、そのビジネスモデルは「ホームシェアリングエコノミー」だけでなく、カーシェアや他のシェアリングエコノミーへ、そして企業のあり方を変える可能性のあるプロジェクトと感じます。

ホームシェアリングサービスも既にスタートしており、ヨーロッパや東南アジアで素敵なホームシェアを愉しむ事が可能です。
マイルの様に獲得することが出来る、Dtravelの特典はNFTとしてマーケットプレイスで売買する事も可能、これも今までになかった魅力ですね。

旅行好きの方は、特に注目してほしいプロジェクトです。

HIGHLIGHTS

  • Dtravelは、分散化されたコミュニティ所有のホームシェアリング・マーケットプレイスです。
  • Dtravelは、ブロックチェーン技術を活用して、他の予約プラットフォームよりも大幅に低い手数料を提供し、暗号通貨による支払いにも対応しています。
  • Dtravelは、Airbnb、Expedia、Cardanoなどの元役員がアドバイザーとなり、一流のVCから700万ドル以上を調達しています。

PRODUCT

ホームシェアリング・エコノミーのための分散型プラットフォーム

Dtravelは、ホームシェアリングエコノミーのメンバーのための分散型プラットフォームで、短期宿泊施設の発見、予約、支払いを容易にし、競合プラットフォームよりも最大50%低い手数料を実現しています。
宿泊者は、Dtravelを支えるユーティリティー・トークンを含む、フィアット通貨や人気のある暗号通貨で支払いを行うことができます。TRVLです。

Dtravel は分散型自律組織 (DAO) であり、ホスト、ゲスト、コントリビューター、TRVL トークン保有者からなるコミュニティメンバーの利益のために運営される、コミュニティが所有し統治するエコシステムです。

Dtravelのプロテクションプールを利用することで、ホストは最低でも100万ドルの財産を守ることができ、安心して過ごすことができます。Dtravel のロードマップには、NFT (Non-Fungible Tokens) による宿泊数のトークン化、ホスト向けのカスタムロイヤリティプログラム、コミュニティから提案されたさらなるプラットフォームの提案などが含まれています。

PROBLEM

旧態依然とした企業モデルでは、もはやユーザーに貢献できない

Web2.0は、新しいタイプのネットワークの繁栄を可能にし、これまでになかった両面性のある市場を結びつけ、参加させることを可能にしました。
しかし、Web2.0の中央集権的なネットワークは、企業構造や株主利益の最大化という目的によって制限されています。これにより、プラットフォームと、プラットフォームの成長と価値を最終的に推進するユーザーとの間で、価値観、目的、権力の不一致が生じています。

一元化されたプラットフォームとユーザーとの関係がより取引的でコモディティ化するにつれ、参加者と利用するプラットフォームとの間のギャップが拡大し、参加者がほとんどの価値を生み出しているにもかかわらず、ホストやゲストには何の価値も還元されていません。

SOLUTION

参加者に平等な機会を与える、新しいタイプのホームシェアリングのエコシステム

Web 3.0によって新しいタイプのネットワークが構築できるようになったことで、プラットフォームのメンバーとプラットフォームの間の力関係が変化し、より公平で利害が一致するようになりました。Dtravelは、真のシェアリングエコノミーとコミュニティの約束を可能にし、それを実現するこの新しい組織構造を構築しています。

Dtravelは、コミュニティで管理され、貢献者が主導し、クリプトネイティブであり、より低い手数料によってすべての参加者にとって経済的に公平なものです。施設のホストとゲストの間で予約を促進するプラットフォームは、すべてのユーザーが自分の好みを伝え、決定事項に投票し、エコシステム全体の成長と成功に向けて直接貢献する機会を提供するべきです。結局のところ、このような決定を下すのは、そのプラットフォームを利用している人たち以外にいないのです。

Dtravelの分散型ホームシェアリングモデルは、特に以下のような従来のプラットフォームの問題点を解決します。

  • ディスインターメディエーション。Dtravelのプラットフォームは、ホストとゲストの間に真のマーケットプレイスを築くことを目的としています。そこでは、コミュニケーションは自由であり、ホームシェアリング本来のピア・ツー・ピアの体験が促進されます。
  • 低料金:Dtravelの料金体系は、名目上の合計料金が10%、実質的な合計料金が5%と、手頃な価格であり、コミュニティが管理することができます。
  • 相乗効果による価値の公正な分配:実効的な料金総額はすべてコミュニティトレジャリーに寄付され、価値を生み出したコミュニティに分配されます。
  • 分権的な紛争解決。Dtravelは、Support-to-Earnアプローチにより、紛争解決を分散化します。
  • 明確な報酬:プレミアムメンバーシップを持つコミュニティメンバーやスターホスト、スターゲストはTRVLで具体的な報酬を受け取り、メンバーのロイヤリティはキャッシュバックで報われます。
  • 透明性:Web3テクノロジーと、ブロックチェーン、暗号通貨、DAOの倫理と実践を採用することで、Dtravelは高い透明性を自然に継承します。

Dtravelは、上記の柱を通して、ホストとゲストの間の信頼を自らのプラットフォームで回復させます。
Dtravelは、ホストとゲストがピア・ツー・ピアで取引できるようにし、その利益を両者に直接分配することで、ホストとゲストに比類のない価値を提供するコミュニティ統治の旅行エコシステムの有機的な成長を促進します。

BUSINESS MODEL

トランザクションフィーがDtravelの開発を後押し

Dtravelのビジネスモデルは比較的シンプルで、主な収入源は予約料です。
予約料金の1%は、ホストが物的損害から保護されるための「保護プール」に充てられます。
残りの料金は、コミュニティの運営やその他のプラットフォームに必要な資金として、コミュニティの金庫に入れられます。

MARKET

飛躍的な成長を遂げている2つの巨大産業の交差点にあるDtravel

シェアリングエコノミーとは、個人が所有する資源を共有することで成り立つ社会経済システムのことです。宿泊施設では、通常、空き部屋や家全体が十分に利用されていないなどの余剰能力の形で利用されます。
近年、ホームシェアリングエコノミーは急速に成長し、現在ではバケーションレンタル市場全体のかなりの部分を占めており、自宅での宿泊タイプが市場の約47%を占めています。

2019年、世界のバケーションレンタル売上は870億米ドルと推定され、オンライン予約による売上は全体(オフライン+オンライン)の28.8%に過ぎませんが、2020年から2027年にかけて年平均成長率(CAGR)4.3%で拡大すると予測されています。

COVIDパンデミックによって加速したリモートワークやデジタルノマディズムのトレンドは、ホームシェアリング分野の成長をさらに加速させる可能性があります。
米国だけでも、デジタルノマドの数は2018年の480万人から2020年には1,090万人と2倍以上に増えており、2035年には世界で10億人のデジタルノマドが誕生するという予測もあります。

また、ホームシェアリングエコノミーの急成長の大きな原動力となったミレニアル世代をはじめとする若い世代の台頭も重要なトレンドです。
さらに、ミレニアル世代や若い世代が予約の主流となる頃には、決済手段として暗号通貨が好まれるようになり、トークン化の要素が一般的になると考えられます。
このような傾向は、現在、ブロックチェーンベースの旅行プラットフォームですでに起こっています。例えば、Travala.comでは、全予約の70%が暗号通貨で支払われており、何千人ものユーザーがトークンベースのロイヤリティプログラムに加入しています。

このことは、Dtravelがこれらの2つのトレンドの収束を活用し、この2つの巨大な産業の交差点に位置して、そのコミュニティのすべてのメンバーに利益をもたらす真の分散型ホームシェアリングエコシステムのビジョンを構築するというユニークな機会を開くものです。

INVESTORS

一流のVCから700万ドルを調達

Dtravelは、Kenetic Capital、Future Perfect Ventures、DHVC、Plutus VC、GBV Capital、AU21 Capital、Shima Capital、LD Capital、NGC Venturesに加え、Airbnb、Expedia、Uber、Googleの元幹部を含む複数のエンジェル投資家から700万ドルのシードラウンドを調達しました。

TEAM

Dtravelの開発をリードするGenesys Partners社

Genesys Partnersは、ブロックチェーンのベテランや、Airbnb、Booking.com、Expedia、Travala.com、Cardano(IOHK)、Yearn Financeの元幹部で構成されています。
著名な貢献者やアドバイザーには、Cardanoの元エンジニアリングディレクターであるBruno Paleo氏、DeFiアーキテクトでYearn Financeの創業者であるAndre Cronje氏、Booking.comの共同創業者であるSicco Behrens氏などがいます。貢献しているチームは、1年以内に100人になると予測されています。

TOKEN UTILITY

TRVLトークンがDtravelのエコシステムを牽引する

TRVL トークンは、Dtravel のネイティブトークンであり、自動運転の経済を支えています。TRVL トークンの有用性は、4 つの目的から生まれます。旅行、忠誠心、保護、ガバナンスの4つの目的から有用性を得ています。
TRVL の最大供給数は 10 億枚に固定されています。

トークンの配布は、TRVL の流通量を段階的に増やし、コミュニティ、投資家、コア・コントリビューター、アドバイザーの利益を調整し、長期的な持続可能性を確保するように設計されています。
Dtravel は 90M の TRVL を割り当て、Dtravel で予約を完了した初期のホストとゲストへの報酬として配布します。


関連記事

  1. SOLICEの紹介
  2. 無料で新規IDOトークンが貰える!VLAUNCHとは【APY50…
  3. Project SEEDホワイトリスト登録方法
  4. STAR ATLAS仮想宇宙でゲームプレイして稼ぐ方法
  5. Coinbase NFTが間もなく登場:早期アクセスのために今す…
  6. 5ire Distributed Computing(分散コンピ…
  7. SUSHI TOKEN 購入方法
  8. $SIDUS $ SENATE SIDIUS-NFT エアドロッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

【MatometaX LINE公式アカウント】を開設しました✅

友だち追加

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。