日本株 IPO

日本株IPO Sharing Innovations [4178]

上場日:2021年3月24日
抽選申込期間:2021年3月9日~15日

企業のDX(デジタルトランスフォーメンション)化の支援事業を行う、Sharing InnovationsのIPO情報のご紹介

【 Sharing Innovations IPO概要 】

【 事業内容 】

[1] デジタルトランスフォーメンション事業

システム開発・アプリ開発を行うシステムソリューション、クラウドサービスの導入支援を行うクラウドインテグレーション等を行う、売上高の約9割を占める基幹事業

● システムソリューション

オープン系技術を用いたシステム開発によるDX支援
創業当初から行ってる事業で、大規模システム開発・先端技術を駆使したアジャイル開発等を行っている。
金融、流通、ウェブサービス、人材などの幅広い業種・業態の企業をクライアントとして、主にjavaやRubyなどオープン系の技術を用いた社内情報管理システムやリスク管理システム、様々な用途のネイティブアプリ等の設計・開発・導入・維持管理業務を実施しています。

AIやビッグデータ解析などの技術を用いたデータのマネジメント
データの利活用を支援する事業

● クラウドインテグレーション
salesforce.com社、が提供しているクラウドベースのCRM(顧客管理)の導入支援
200以上のSalesforce認定資格を保有し、AI(人工知能)関連のEinsteinシリーズの資格については、国内で最も多く保有している。

AWS、GCP、AZURE等のクラウドサービス導入支援

[2] プラットフォーム事業

「App Store」「Google play」等で自社開発アプリ、「チャットで話せる占いアプリ-ウラーラ」を提供。

「ウラーラ」は文字数に応じた鑑定料金で、ユーザーと占い師がリアルタイムで占い鑑定が出来る、オンラインチャットアプリです。
の2021年1月末における在籍占い師数は900名、2020年12月期の平均月間利用者数は8,400名、2014年7月のサービス開始時からの鑑定実績は2021年1月
に114万件を超えています。

【 企業実績 】

第13期、第3四半期での業績
売上高:約27億5000万円(前年比約101%)
経常利益:約1億6900万円(前年比約112%)
で推移しており順調な決算が期待できそうです。

【 IPO評価と戦略 】

「Sharing Innovations」は、今や企業のDXに欠かすことの出来ない、顧客データベース、各種ソリューション運用のクラウド化を幅広くサポートしており、国が推進するデジタル・トランスーフォーメンションやクラウドワーク需要の高まりが後押しとなり今後もユーザーのニーズは高まりそうな事業を展開しています。
DX事業の受注高は前年同期比で264%を超えており、企業のDXニーズが加速していることが伺えます。
事業拡大に当たっては、専門知識を有するエンジニアの採用と育成がカギとなりそうです。
中長期的にも人材確保が最大の課題と言えそうです。

● 戦略

IPOの当選本数は普通の当たりやすさです。
主幹事が「SBI証券」なので、チャレンジポイントを活用すれば当選確率を上げる事が可能かもしれません。
また、SBIネオモバイル証券でも取扱いされる可能性もあるので、そちらにも期待したい。

セカンダリについては、現在検討中です。

関連記事

  1. STEPNは、より環境にやさしいWeb3の構築を約束します
  2. Republic.coでのポータル提供
  3. 無料で新規IDOトークンが貰える!VLAUNCHとは【APY50…
  4. STEPN 私たちはデジタル・キャンプファイヤーを作っているので…
  5. Fantom Maker Meet the Team
  6. Announcement: STEPN 第1四半期GMT買取&バ…
  7. BLOKPAD $BPAD TOKEN を1月28日にローンチ…
  8. 暗号資産(仮想通貨)取引のはじめかた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

当BLOGの更新情報・IDO/IGO/IEO/エアドロップなどの最新情報をTelegramでお届けしています。
チャンスを逃さない為にも、是非【MatometaX テレグラム】にご参加ください。

【MatometaX LINE公式アカウント】を開設しました✅

友だち追加

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。